softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    eco検定を受けてきた

     まぁいろんなしがらみもあり、5,250円也の受験料を納めてeco検定に行ってきたゆげ1号です。
    さて、結果はどうなることやら・・・


     しょーじき、個人的にはエコへの興味などちっとも持ち合わせていない(温暖化対策とか、環境への手当てが不要だとは思ってませんよ念のため)のですが、どーせ受験するのだからと一応試験勉強も多少やったのですが、やっぱりいまいちしっくりこないないんだよなぁ・・・


     例えば、カーボンニュートラル。
    植物由来の燃料、例えばバイオエタノールとかを燃やしても、その原料になった植物は元々光合成でCO2を吸収してるから、CO2収支はプラマイゼロって考え方。
     いや、それは屁理屈だろ。
    じゃあ石炭もカーボンニュートラルか?石炭だって、何万年も前かにCO2を吸収した植物のナレノハテなんだから、そいつらを燃やしてCO2でてもニュートラルだよね?


     例えば、「京都議定書は日本にとって不利」って議論。
    1990年を基準にそこからのCO2削減量(%)を目標にするって言っても、そもそもその頃から省エネが進んでいた日本は削減ののりしろが少ない・・・って話。
     いや、それは屁理屈だろ。
    現状、日本が世界のCO2総排出量の5%くらいを出しているって事実(これもどうやって測ったのかは議論の余地あるけど)は変わらないわけで、これが他国よりかなり多いのも事実なんだから、削減せぇって言われても仕方ないよなぁ。



     あとどーでもいいんだけど、eco検定の文脈の中にはほとんど「自転車」が出てきません。
    やっぱり商工会議所主催の試験だから、産業・経済への寄与が少ない自転車なんて分野は放置プレイなんだろうか。


     それでいいんだろうか。
    個人的にはエコなんか関係なく自転車が好きで乗っているのだからどーでもいいんだけど。
    まぁこういうコトを考える機会になったんだから、まぁよしとしようか。


     

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/330-447eeb8d
    該当の記事は見つかりませんでした。