softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ゆげーず 秋のパン祭り

     番組中の「誤り」については「お詫び&訂正」するんだから、「番組中不適切な表現があった」ときは「適切な表現へ訂正」していただきたい!是非!それもテレ東ならO橋アナじゃなくてO江アナに!でおなじみのゆげ1号です。
    そーいえば田中圭一著「ドクター秩父山」という漫画で、下品な言葉遣いをする人間を喰ってしまう閻魔様が登場して、そいつに村人が喰われないために主人公が


    みんなー、今後は今から言う言葉をつかっちゃだめだぞー!
    その1! □□□!
    その2! ●●●●!
    その3! ・・・・


    とやらかして、自分が喰われてしまったというネタがあったな。


    ■さて今回は久しぶりに1号&2号&3号そろって

     そんな前フリとはまったく無関係に、3号の誕生後はなかなかみんなそろって自転車でお出かけなんてわけには行かなかったのですが、アイバートの導入やら3号がそこそこ丈夫に育ってきたやらで、まぁそこそこの距離であれば家族でのポタリングもできるようになってきました。
    と同時に、3号を連れてどれくらいの距離までなら走れるのかという見極めも少しずつしていきたい。
    そんなわけで、最近は少しずつ3人で走る距離を増やしてきました。
    で、今回の目標距離は往復20キロくらい(もちろんところどころ休憩を入れてますが)。

    ■今回のコースは食欲重視

     これくらいの距離をポタリングするとなると、やっぱりちょっとは「見所」や「うまいもの」もネタとして取り入れなきゃなぁ・・・特に後者。

    と、ゆげーず本来の食い意地を存分に発揮しながら久しぶりに買って良かったと思った自転車本(そのうち書きますけど最近買った自転車本はことごとくがっかり・・・)「自転車爽快ツーリングMAP 東京・神奈川編」に載っていたコースを参考に「世田谷のパン屋巡り」に挑戦しました。
     写真は楽天アフィリエイトを使用してます。アフィリエイトポリシーはいつもの通り。

    基本的に「自転車生活」で紹介されるようなコーステイストですが、なかなか今回は面白かったです。


    ■お勧めコースを自転車で辿るには?

     で、話はちょっとずれるのですが、こういう本に紹介されたコース、普通の人はどうやって扱うんだろう。
    地図代わりに本を持ち歩く?いや乗りながらチェックできないだろう。
    事前に全部覚えてから地図なんか持たずにスタートする?いやゴルゴ13や別府勇午じゃないんだからそれもきつい。

     我々はAlpsLabでルートを作成して、そのルートをGPXファイルの形でダウンロードし、そのデータをnuviなりEdge705にインストールして使用するのですが、このgpxファイル作りが面倒くせぇ。
    コース案内本を出す出版社は是非Alpsrouteとタイアップしてコース紹介をするとか、自社サイトからGPXファイルをダウンロードできるようにして欲しいもんです。
    GPS付きケータイにもダウンロードできると一般の人々にもアピールするんでしょうけどね・・・


     そんなわけで、使う人がいるかどうかは別として、今回走ったルートのGPXデータはこちら(2009/10/22追記:リンク切れ修正済み)
    で、轍で作成した軌跡データはこちら

     
    ■そんなこんなで出発

     今回は何軒もパン屋を巡ることになるので、各店での予算を500円以内としました。
    でもって選定基準は「ゆげ2号がその店で食いたいと思ったやつ」という、極めてブレのない評価軸を採用しました。
    あぁ、独断とも言いますな。


    ■1軒目 TIGRE

    ティグレ ティグレのパン
    『2号の評価』
    注:パンの名前は忘れてしまったので、呼び名を勝手につけています。
    左がサツマイモごろごろゴマぎっしりパン、右がいちじく・くるみパン
    のっけから激うまです!もともとこういった固めの香ばしいパンが好きではあるのですが、一口食べて「うまっ!」とうなったほどレベルの高い味でした。左のパンは中の柔らかいところをゆげ3号にも少しあげてみたのですが、目を輝かせ、体をゆすって「うまうまダンス」をしていたのでかなりおいしかったようです。右のパンもいちじくの食感とくるみの香ばしさが絶妙で、しょっちゅうくるみパンを食べている2号にも格の違いがわかるほどのうまさでした。

    ■2軒目 アルティザン・テラ

    テラ 
    テラのパン
    『2号の評価』
    左がディル入りチーズはみ出しパン、右がなんちゃら牧場の牛乳パン
    どちらももちもちでおいしかったです。右側はゆげ3号も食べられました。
    左のパンは赤ワインと合わせるといいかもしれません。今回自転車だったのでやむなく断念しましたが、公園で赤ワインとパンでランチなんつーのもいいですねぇ。

     2軒まわった後、世田谷公園でちょっと休憩&試食。
    世田谷公園 
    上の2軒については、こちらで試食したものです。


    ■3軒目  ブーランジェリー ラ・テール

    ラ・テール ラ・テールのパン  
    『2号の評価』
    左がにんにくたっぷりオリーブのパン、右がトマト入りパン
    左のパンは味はさっぱりしているのですが、スライスしたにんにくがたっぷり入っていておいしかったです。においが気になる人には、にんにくの入ってないパンもあるのでそちらを。
    右のパンは生地にもたっぷりトマトが練りこんでありました。

     でもって本には三軒茶屋の「濱田屋」も紹介されていたのですが、この店は過去になんか行っているので今回はパス。
    いや、おいしいんですけどね。



    ■4軒目 サクラベーカリー 

    サクラベーカリー  
    サクラベーカリーのパン  
    『2号の評価』
    松蔭神社近くのかわいらしいパン屋さんです。このあたりは何度か通っているのに気づかなかった…。
    上は木の実がいろいろ乗ってるパン、下は…確か栗入りのデニッシュ、右が猫の形のお饅頭。
    甘いパンが多かった印象。おいしかったです。

    ちなみにパンはすべてひとつずつしか買っていないので、写真をとった後に包丁で半分に分けて食べました。ということは猫のお饅頭も…ええもちろん(笑)。縦半分に切った猫まんじゅうの切り口をきれいに合わせ、何食わぬ顔でお皿に並べておきましたとも。

    ■5軒目 オカムラベーカリー

    th_R0016074.jpg オカムラのパン
    『2号の評価』
    ここはいままでとうって変わって、昔懐かしい感じのパン屋さんでした。ボリュームたっぷりで値段もリーズナブル!店員のおばさまがきさくに話しかけてくださって、近々催されるお祭りについて教えてくださいました。そういえば、店員さんに話しかけられたのって今日はじめてだなあ。
    左上がぶどうパン、右下がメンチカツサンド
    なんか郷愁を誘う味でした。素材やら窯やらにこだわったパンはもちろんおいしいのですけど、こういうパンって時々無性に食べたくなるんですよねぇ。しみじみおいしかったです。


     これで一通り巡りました。
    後はゴール地点(に勝手に決めた)の長谷川町子美術館@桜新町に向かうだけ。
    ついたころには閉館してたので写真はなし。


     そういえばこのルート、豪徳寺から桜新町に向かう経路上の弦巻あたりにあるかなり有名なパン屋(ベッカライなんとか)をスルーしてるんだよな。
    なんでだろう・・・


     まぁそんなこんなで帰りに赤ワインを買って、帰宅後に簡単なスペイン風オムレツを作って「ゆげーず 秋のパン祭り」と相成りました。
    たまにはこーいうのもいいか。


    しかし、この1週間後、3号は風邪を引いてしまい、しばらくは外出禁止・・・残念。

    『ゆげ2号補足』
    確かにベッカライが入っていないのは不思議。有名すぎてはずしたのかもしれませんが。
    それから個人的には今回のコースの近くにある「フレッシュベーカリー MIMI(ミミ)」が好きです。パンのガイド本には一切出てこないですが、おいしいと思うんですけどね~。以前ちょっと書いているのですが、そのうち改めて紹介するかも。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/317-947a8be2
    該当の記事は見つかりませんでした。