softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    多少げんなり

     酒井法子はなぜ消えた?
    容疑は覚せい剤の所持(使用も疑われている)。
    職業がタレントである以上、ここで逃げ切ってこれまでの自分をすべて清算してしまうには、あまりに軽い罪じゃないか?
    そもそも逃げ切れる確率だって限りなく低いし、非常に割に合わない賭けをしているように思う。

     

     さてそんな話はさておき、某自転車メンテナンス専業ショップの名物店長がyoutubeとブログ上で意見広告みたいなプロモーションをしてます。
    そこで「小径車(折り畳みも)には近づくな」ですって奥さん。


     なんでも、小径車は

    • 性能が悪い(走らない)
    • 品質が悪い(壊れやすい)
    • 維持費が高くつく(パーツが特殊で割高)
    • どーせ折りたたまない(のにその分コストが上がる)
    • ちゃんとメンテできる店が少ない(だから余計に走らず、壊れやすいゴミと化す)
    • ただかわいいだけ(だったら乗らなきゃいいだろ)
    • そんなわけで小径車は道楽旦那の乗り物
    • 実用性は無い(のでロードにしとけ)

      なんかあちこちで物議をかもしているって本人はおっしゃっているが、その割にはググっても相手にしている所はそんなに出てこないんだよな。
    まぁ話題自体がニッチですから、そんなに其処彼処で火の手が上がるもんでもないかもしれないけど。


     まぁ、なんちゅうか、がっかりです。
    もちろん氏はメンテナンスのプロなんでしょうから、そのプロ目線での批判についてどうのこうの言えるわけも無いんですけど・・・


     でもなぁ、ロードだって「舗装道路を速く走る」以外に何も出来ないわけで、それが「実用的」なの?そもそもそこそこ高価な自転車に乗ること自体、どんな自転車に乗ろうがそりゃ「趣味」だろう。趣味である以上、まず取っ掛かりは「好み」でも良いと思うんですよね。

     惹かれない自転車に乗っても楽しくは無いし、そんな自転車に乗り続けることはできない。
    でもって乗り続けていると、だんだん自分の方向性が見えてきて、自分が本当に欲しいモノがなんなのかが少しずつ見えてくる。
    そーいうもんだろう。


     にもかかわらず、まるで客に怒鳴る頑固な寿司屋のオヤジさながらに「あ?小径?ダメダメ、自転車はロードだよ!プロが言うんだから間違いねぇよ!」なんてごり押ししても、それって場合によっては乗ってもらえないロードバイクという「ゴミ」を増産することになるんじゃないのかな、なんて思ったりします。


    カーボン素材のロードバイクはリサイクルできないのにね(笑)
     

     たぶんね、小径車の性能・品質面でのデメリットについては、おっしゃる通りな部分も多分にあるんでしょう。
    激安小径車とかだと乗ること自体が苦痛になってくるようなものもあるし、そーいった意味では地雷な選択肢や、お薦めできないケースだってあるとは思うんですよね。

     でもさ、卑しくもプロを名乗るのであれば、それであっても「どーしても小径車を選ぶんだったら~」という観点で避けるべきポイントを示すほうが建設的かと。

     それが出来ないのは「客を怒鳴りながら握る寿司屋キャラ」を気取りたいのか、「自分に小径を扱う技量がないからみんなにも乗らないで欲しい」か、どっちかだろう。


     もしくは、「粗悪な小径車を根絶するために俺が憎まれ役を買って出る!」のかな?
    いや、そんな役、買っていただかなくて結構ですから。
    そういう偏屈キャラは自転車という趣味の世界の裾野を狭めるだけですから。
    「あぁ、やっぱりロードな人の世界には入れないわ」っていう機会損失を増産するだけですから。


     でも、高級自転車向けソフトサービス提供という氏のビジネスポジションを考えると、単価の安いニワカが増えるより、自分が得意な高級ロード(MTBも入るのかな)乗りをがっちりつかんでおいたほうが得なのかもしれませんな。


     まぁ、生きていくため、食っていくためだから、仕方ないか。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/300-c74de64f
    該当の記事は見つかりませんでした。