softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    GWその3(5/3・4)多摩川支流 前編


    ■5/2(水) 夜
     明日からはGW後半。ゆげ1号氏、予定していた連休中の仕事がなくなったため、急遽めったにない四連休となった。となれば、普段の週末ではなかなかいけない場所へ行きたいもの。候補としては1年半ほど前に行った多摩川支流、五日市までのルートがある。往復100キロ以上で坂道が多く、日帰りではきついので八王子で一泊したのだった。しかし、この誰もが出かけるGW、しかも前日に妥当な値段の空き部屋が取れるものだろうか?一応パソコンで検索しつつも半ばあきらめ気味だったのだが…あった!しかも一部屋だけ!かつ朝食付きで8000円以下?!不安が漂うものの口コミの評判は「狭いけど満足」といった内容ばかり。駅からやや遠いが、自転車移動の我々にはまったく関係なし。えいやっ!と予約ボタンを押したのだった。


    ■5/3(木)
     目的地:JR五日市線武蔵五日市駅前で折り返し、八王子駅前まで
     ルート:多摩川サイクリングロード→秋川沿い→武蔵五日市駅(山猫亭)(折り返し)→秋川街道→八王子駅前


     天気はやや曇り気味、風なし。サイクリングには絶好の日であった。今回は多摩川を上流に向かって遡るルートなので、ゆるいのぼりのはずだが、そんなものより怖いのは向かい風である。以前、季節はずれの台風が近づいているのも知らず多摩川を河口へ向かったときは、帰りに大変な目にあった。こいでもこいでもほとんど前に進まないのである。家路は限りなく遠く感じられ、心も体も冷え切って、危うく心が折れてしまいそうになった。その経験はゆげ1号・ゆげ2号のトラウマとなっており、それ以来、天気予報で往復の風向きまで考えてルートを決めるようになったのだ(自転車乗りには常識かもしれないが)。


     ところどころ川沿いを離れるところがあるが、そこを除けばただひたすらこいでいくのみ。道沿いのグランドではサッカー少年団の大会予選が行われていたり、草野球の試合があったり、かなりの人出がありにぎやかである。睦橋を超えるとあきる野市に入り、支流の秋川を遡っていくことになる。ここまでくると風景はガラッと変わり、見渡す限りの緑。その中を縫うように走る遊歩道をたどる。この時期ではまだ虫に悩まされることもほとんどなく、純粋に自然の空気と川のせせらぎを楽しみながら走ることができた。


    多摩川20070503


     途中こんな看板もあり。あまり立ち止まらないようにしようと思った矢先、ゆげ2号の自転車のチェーンが外れる(笑)。


     秋川20070503


     ここまで道に迷うことなく順調だったが、秋留橋以降迷う。持っている地図ではこの辺りは大胆に省略されており、周囲の青看板も橋名もひとつとして手持ちの地図と一致しないのである。やむを得ず、予定ルートと違うことを承知で『→五日市』の青看板の通りに進む。1キロほどのトンネルを抜け、きつい坂を自転車を押してあがったりしつつ、14時45分に何とか武蔵五日市駅に到着。


     武蔵五日市駅前にはサイクリストには有名(?)でカレーが評判(?)の山猫亭という店がある。休みではないかと心配だったが、営業しており、カレーも残っていたので迷わず野菜カレーを注文。十穀米にかけられたカレーは、じっくり煮込まれて後からじんわりと辛味が来る深い味。ここまでで食べたのはコンビニのおにぎりやカロリーメイトだったので、いっそうおいしく感じられた。サイクリストでもあるやさしいマスターに『八王子まではせいぜい十五キロ程度だから』と励まされ、店を出る。しかし今考えると「どんなルートがおすすめですか?」くらいの情報収集はすべきだったかも。


     参考にした本のルートでは小峰峠を通るのだが、きついので回避(笑)。山田大橋を渡って秋川街道に出ることにする。この後、ゆげ1号の予定ルートでは途中で秋川沿いに戻るはずだったが、曲がる地点を通り過ぎてしまった。しかし、どこに幸運が転がっているかわからないものである。秋川街道途中の『豆乳ソフトクリーム』ののぼりに惹かれて立ち寄ると、大当たり!とにかくうまい!そのほか豆腐を中心に大豆製品が豊富に取り揃えられていた。残念ながら冷蔵が必要ないものしか購入できなかったが、おからのドーナツ(65円)もふわふわとして油の臭みも無く、たいへんおいしかった。以下に紹介しておく。通販もしているそうである。


     とうふ工房 三河屋
      東京都八王子市川口町1092-1
      定休日 日曜・祝日(一部変更あり)
      営業時間 10時~19時
      日野市三沢に姉妹店あり


     おいしかった~と余韻に浸りつつ八王子駅近くの宿に到着。部屋は狭いものの、まあきれいだったのでよし。近くの居酒屋『海賊船』で夕食。値段の割りに量がかなり多く、それほど種類が食べられなかった。3,4名で行くとちょうどよいと思われる。ただ、ちょっとしょっぱすぎるので、他の店とはしごしたほうがよいかもしれない。


     宿に戻る途中、本屋に立ち寄る。手持ちの地図では間に合わないため、『でっか字まっぷ 東京多摩』を購入。文庫版より収録範囲が狭いものの、見やすく詳しいので自転車乗りにはこちらの方が断然よい。あわせて『楽しい!折りたたみ自転車&スモールバイク』購入。2007年度のモデルとパーツのカタログになっており、カスタム欲をそそられる危険な書。代表的な6台に身長の異なる4名が試乗して比較する企画が大変読み応えがあり、これから購入しようという人にも参考になると思う。『はじめての一台はどれにする?』という企画もよい。


     その後コンビニで入浴剤等を購入。宿に戻って入浴剤を入れた風呂で足をマッサージ。明日に備えて早めに就寝する。


    65km 


    参考:










    楽しい!折りたたみ自転車&スモールバイク 楽しい!折りたたみ自転車&スモールバイク
    (2007/03/31)
    辰巳出版
    この商品の詳細を見る










    東京周辺自転車散歩 東京周辺自転車散歩
    丹羽 隆志、中村 規 他 (2004/03)
    山と溪谷社
    この商品の詳細を見る


     
          文庫判 東京都市図
    (2007/01/15)
    昭文社
    この商品の詳細を見る

     

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/3-93756595
    該当の記事は見つかりませんでした。