softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    たまには日記みたいに(アイバート感想その3)

     さすが梅雨。


      来る日も来る日もどんよりしていますが、先週の日曜日はなんとか梅雨前線も一休みしてくれたので、近くの公園までクロスライダー&ビアンキで行ってきました。
    とりあえず往路は
    1号:クロスライダー
    2号&3号:ビアンキ(3号は例のアイバートに乗車)
    という組み合わせでスタート。

     
     3号もすっかりアイバート&ヘルメットには慣れたようで、特に嫌がることもありません。
    でもヘルメットの紐をしゃぶりまくり、まるで猿轡のようになってます(笑)
    紐を洗うことは難しいので、衛生上「しゃぶられても良い」ような工夫が必要ですな。ガーゼ巻くとか。


     自転車の安定性については、乗車時は問題なし。
    フロントフォークに下向きの荷重をかけている感じになるので、ふらつきもあまり気になりません。
    アイバートの重心位置はなかなか絶妙かも。


     ただ、スタンド(ESGEのセンタースタンド)はちょっと考慮の余地がありそうです。
    地面が傾斜していると非常に安定性が悪い。
    まぁ子供載せているときは常に自転車をホールドしなきゃいけないのはどんなスタンド使っていても一緒なのですが、もう少し安定性のある、ママチャリみたいなスタンドにしても良いかもしれません。
    格好は悪いけど。


     公園で昼食をとって少し遊んだり寝たりしていると、なんか少しだけ陽が射してきました。
    このあと該当者氏と会う用事(お酒を買ってきていただくお願いをしていた)があったので、当初予定では一度帰宅した後で公共交通機関に乗り換えて向かうつもりだったのですが、この公園から待ち合わせ場所まで5キロ強。
    どーせならこのまま自転車で行ってしまおう、ということになりました。


     ここからは自転車をコンバートしてゆげ1号&3号がビアンキに乗ります。
    ちょっと遠回りをして川沿いを走ったり、結構急な坂道を走ったりしてみましたが、自転車も3号も問題なし。やはり前乗せのチャイルドシートだと子供の様子が(顔は見えないけど)把握しやすいので安心感があります。


     なんてこと考えながらちょっと寄り道して久地円筒分水を観にいったら2009年8月31日まで工事中でちょっとがっかりしたりしていると、だんだん3号がうつむき気味に。
    眠くなってきたようです・・・自由なヤツだ。
    後に親の体があるので首は「後ろにガクン」とは行かないのですが、このシートの構造上ヘッドレストはないので、眠くなるとどうしても前のめりな感じになっちまいます。
    さすがにこの状態で走るのは危ないので、ちょっとベンチを見つけて自転車を止め、目を覚ますのを待つことに。


     ヘッドレスト代わりに、U字型の枕的なモノがあった方が良いですな。
    空気入れて使うタイプなら荷物も増えないし。


     少ししたら3号も目覚めたので、待ち合わせ場所に向かって該当者氏と合流。
    品物(まだまだ地元でしか買えない酒ってあるんだよなぁ)を受け取り、ついでにお茶しながら雑談。
    該当者氏は地元の酒屋さんと仲がよく、またその酒屋さんが不思議なコネクションを持つ謎のやり手なので、またいろいろと裏情報が聞けました。
    いやぁ樽熟成の蕎麦焼酎、本当に出て欲しいですなぁ(笑)


     その後該当者氏と別れ、夕日を背に琥珀色の送り風に少しだけ背を押されながら、親子3人、往復12キロくらいの家族サイクリングは無事終了しました。
    こうやって、少しずつ距離を伸ばしながら子供乗せサイクリングのノウハウをつかんでいくことにします。

     

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/291-c6a6574e
    該当の記事は見つかりませんでした。