softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    KHSの新型ミニベロは化け物か

     いつもお世話になっている自転車屋さんに、メンテナンスをお願いしたF20-RAの引き取り&クロスライダー(本ブログでは今更ですがスペシャライズドが以前出していたMTB寄りのクロスバイク)のフォーク交換について相談しにいったときのこと。


     このクロスライダーはお買い物や通勤帰りの軽いサイクリング、気分があんまりスポーツよりじゃないときのF20-RAの代役などなど、地味にゆげ1号のサイクルライフを支えてくれています。
    ですが、数年前の引越しより以前に入手したこともあり、購入したお店は今の住処からずいぶん離れてしまいました。


     実はスペシャライズドのコンセプトストアもよく走るルート近くにあるんですけど、なんか敷居高いんですよね。
    ロケーションはなんかおしゃれ度&平均年収高そうな(偏見)神宮前だし、webサイト眺めてみてもメンテナンス料金高めな気がするし。なんか、少なくともパールイズミのジャージじゃあ入り辛い(くどいけど偏見ですよ)感じ(笑)。


     そんなこんなで、なんとなくこいつについては「ショップ浪人」状態になっていました。


     で、F20-RAやこの前買ったビアンキでお世話になっているショップにたまたまこいつで伺ったときに、雑談ベースの話してるうちにいつのまにかこいつの面倒も見ていただくことに。小径車専門の店なのでこちらは遠慮していたんですが、まぁ相手はプロですからね。
    クロスバイクだって全く問題ないわけです。


     で、クロスライダーの話はちょっと置いといて、ひとしきり店長と相談が終わった後、


    ゆげ そういえば今乗ってるF20-RAの寿命って、あとどれくらいなんでしょうねぇ

    店長 うーん、難しいですけど・・・この前あった折り畳みヒンジ周辺のトラブルのときにもチェックしましたけど、特にクラックとかも入ってないんでしばらく大丈夫だと思いますよ。やっぱり弱いのは折り畳み部分ですから。

    ゆげ そーですかぁ。じゃ、あとしばらく乗る前提なら、あと手を入れるとしたらどの辺ですかね? いや、別に性能に不満あるわけじゃないんですけど

    店長 いやぁ、正直もう手を入れるとこはないと思いますよ。F20-Rで出来ることはだいたいやっちゃいましたからねぇ(笑)
    ・・・そうだ、P20-RA、試乗してみます?非折り畳みも結構面白いですよ(ニヤリ)。


     P20-RAってのはKHSが今年リリースした、非折り畳みタイプのロード系20インチ小径車。F20-Rシリーズとの違いはダイヤモンドフレーム(トップチューブがちゃんとあるのな)と変速機がSTIじゃなくなったとこetc。
    クロモリベースのR(10万円ちょい)、アルミベースのRA(20万円ちょい)、アルミ+カーボンバックのRAC(30万円ちょい)と、ラインナップはF20-Rシリーズとよく似ています。


     正直、折り畳めない小径車なんて何の意味があるんだ?それなら700Cロード買うだろう・・・ってのがその時の私の感想。
    だいいち、今のところは個人的にもF20-RAの走りになんら不満はありません。
    F20-RAから折り畳みという「機動性」を取っ払って、それで後に残るものはなに?


     そんなことはお構いなしに、店長さんは店の前でP20-RAを差し出します。
    そのハンドルとサドルをつかんで、何気なく持ち上げた瞬間


    ゆげ か、軽い・・・

    店長 軽いでしょ(笑) 折り畳み機構ついてないですからねぇ


     で、おもむろに跨ってちょっと走ってみる。


    ・・・すみません。
    私が間違ってました。
    理屈だけでモノ言ってました。
    ペダルに伝えた力が、よどみなく前進力に変換されて行くような感じ。


    こ、これが連邦のモビ(以下略
    いやもとい
    こ、これが剛性というものなのか?


     いやいや、走りがあまりに気持ちよすぎです。
    ゆげ1号はロードバイク試乗経験がほとんどないので、まぁそのあたりは割り引いて読んでいただきたいのですが、少なくともF20-RAとは全然走りが違います。


     ちょいとびっくりしながら店の周りを1周して帰ってくると、店長が
    F20Rとは違うのだよ、F20Rとは

    なんてことも

    700Cホイールなんてただの飾りです! 偉い人にはそれがわからんのですよ

    とも言わず(当たり前だ)、
    ね、やっぱりダイヤモンドフレームって意味ある形なんだって、これとF20-RA乗り較べたら判りますよね。
    まぁ高速巡航性は700Cロードにはかないませんけど、漕ぎ出しの軽さと加速性はかなりいい線行くと思いますよ。


     うぅむ、これは知らない方が幸せだったのかもしれないなぁ。
    我が愛車、F20-RAとはまったく違う乗り味。あの加速性。


     その日の帰り道に、ふと数十年前のことを思い出しました。
    シャープが発売したパソコン、X68000のデモをはじめて観た日。
    目の前のパソコンで、グラディウスという(当時としては)とてもグラフィックが綺麗なアーケードゲームが完全移植され、そのままの美しさで動いていました。
    そいつを観た帰り道、凄いものを見てしまった高揚感と、でも自分の手には届かないだろうという失望にも似た羨望、そして、もし手に入れても自分には使いこなせないんじゃないか?という要らぬ不安。
    そんないろんな感情が混ざり合った、不思議な興奮に包まれた帰路が、ふっと蘇ってきました。


     当時からあんまり成長してないんだな、きっと。


     でも、こんなもやもやを1人で抱えるのは嫌だったので、翌週には早速2号もショップに連れて行って(本来の用事は別にあったんだけど)、試乗させてみました(笑)


    さて、彼女はどんな感想を持ったんだろう。


    しかし、それにしても・・・欲しい(笑)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 4 comments  0 trackback

    4 Comments

    ガク says...""
    お久しぶりです、元気ですか!

    >ペダルに伝えた力が、よどみなく前進力に変換されて行くような感じ

    一度本当のロードバイクを試乗しましょう!

    DeRosa・・・
    2009.06.22 23:09 | URL | #/pdu0RA. [edit]
    ゆげ1号 says..."確かに"
    どもども、ご無沙汰しております。
    なんとかやってますです。

    >一度本当のロードバイクを試乗しましょう!
    >
    >DeRosa・・・

     いや、本当はそうなんですよね。
    乗ってみないとわからんのですけど、さすがにデローザは・・・

     おかしいなぁ、煙草止めたのにいつまで経ってもデローザ貯金がたまりません(笑)
    2009.06.23 00:40 | URL | #- [edit]
    ごし says..."非折りたたみ小径車"
    ちょっと私も欲しいなあとか思ったりしているんですよね。
    700Cロードはなんか普段着で乗ってはいけないという感じになってしまうので、もっとカジュアルに乗れるロードっぽいチャリがもう1台あればなあと思ったりするわけです(ひとりで何台所有する気なんだ)。

    私は別にエンゾ早川の回し者ではないのですが、GIOSのPANTOいいんだよなあ。
    まぶしいGIOSブルーのクロモリフレームが美しい。

    ただ700Cロードに乗っていると20inchはどうなんだとか、Brompton乗ってるとわざわざ折りたためない小径車買ってどうするんだとか、いろいろ迷いがあるんですが(結局OCRとブロを足して2で割ったような位置づけなんだよな)、とにかくどこかで一度試乗してみたいものです。でも、そんなマイナーなチャリ置いてるとこなんて札幌にはないんだろうなあ。
    2009.06.23 06:26 | URL | #- [edit]
    ゆげ1号 says..."わしも某氏は置いといて"
    GIOSは好き。
    PANTOもビアンキ買うときに眺めたけど、あのクラシカルなフレームにブルーが映えるんだよな。

    そーですか。ロード系ミニベロ欲が出てきましたか。
    一人で何台も所有・・・したくなるわなぁ(笑)
    気持ちはよーくわかります。
    F20-RAでよければ今度帰省したときにでも試乗どうぞ。
    ↑ではアレな書き様ですが、小径車の中では走る方だと思います。

     関係ないけど、PANTOとMIGNONって、確か以前は(今はどうだか知りませんが)同じフレーム使ってたんだよね。だからとりあえずスモールスタートでMIGNON買って、自転車にはまっていくにしたがってパーツ交換していけば、結局トータルコストはPANTO買ったほうが安いという本末転倒だけど愉快な自転車ライフが楽しめたそうです。
    2009.06.24 00:56 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/289-746d82d5
    該当の記事は見つかりませんでした。