softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    【身内向け備忘録】GPS-CS3Kのログデータを轍で扱う

      ひょっとしたら中川さんの影響かもしれませんが、実家の親父が「GPSロガー使いたい!」と言い出しました。
    ゆげ1号の使っているロガーと同じものを買えば・・・という考えもあったのですが、いかんせんDG-100(コメットDL/3)は付属ソフトが判りづらい&英語だし、Edge705は自転車乗り向けだし高い。
    じゃあそれ以外の機種でとなると・・・M-241は安いけど、轍とかで使うにはファイル形式変換というハードルが待っている。


    さてどーするべぇ・・・と思ったところで、とりあえず

    • 取説や付属ソフトが日本語でとりあえずいろいろ遊べそう
    • 国産ならサポートも比較的受けやすそう
    • ファイル変換しなくても轍で使えそう

    なんて評価の元、結局SONYのGPS-CS3Kに落ち着きました。



     

    SONYは公式にはQ&A等で否定していますが、ログファイルの形式がNMEA-0183なんで、まぁ轍でも読み込めるだろうし(先行機種のGPS-CS1Kでも動作確認済みだし)、最悪ファイル変換すれば何とかなるだろう。


     マニア的観点でいうとWAAS非対応だったり測定間隔が15秒固定だったりと、ちょっと物足りないかもですが、ここではやはり使い勝手重視ということで。


    ■最初は付属ソフトでいろいろ遊べたようなのですが

     やっぱり最終的には「走行軌跡&写真データを組み合わせた記録を残したい!」わけで、そうなると付属ソフトでは力不足なようです(地図上にルートの表示&デジカメ写真の貼り付けだけは可能だけど、それを保存できない)。


     てなわけで、今回は轍の使い方について、「ブログとかホームページにアップしない場合」の手順についてメモ。
    ブログとかで公開するにはもうひと手間いるし、そもそもブログとかホームページ作るほうが先なのでそこんとこご了承下さい>親父
    それはまたおいおい。


    ■とはいっても基本は本家のホームページをどうぞ(笑)

     本家のホームページにとても判りやすい手順が載っているので、この通り(クリックしてください)やればOK。 

    ホームページとかで公開しないのなら、このページの「Google Mapsの設定」のところを飛ばせばOK。


    このページに書いてある手順で、
    「HTML出力」を行うと、GoogleMaps上に写真と軌跡を表示できる「htmlファイル」と「縮小された画像ファイル」が出来上がります。
    「KML出力」を行うと、GoogleEarth上に軌跡と写真を表示できる「kmlファイル」と「縮小された画像ファイル」が出来上がります。
    「データの保存」を行うと、あとから轍で再編集できる独自形式のファイル(~.tour)が保存できます。


     なので、とりあえず上のページで「ブラウザ画面」まで実行したあと、「HTML出力」と「データの保存」をやっておけばよいかと。


    ■ログファイル読み込み時にエラーが出た場合

     GPS-CS3Kでは、ときどきログファイルを読み込むときに「数値の形式が正しくありません。」ってエラーが出ることがあるそうです。
    これはどうもGPS-CS3K側のバグっぽいのですが、とりあえずログファイルを以下の手順に従って手で修正します(出展は轍のサポート掲示板です)。

    1. ログファイルをウィンドウズ付属の「メモ帳」とかで開く
      ⇒logファイルをダブルクリックすると「どのアプリケーションで開きますか?」みたいな画面が出てくるので、表示されるアプリケーション一覧から「メモ帳」を選ぶ
    2. Ctrl+Fキーを押す、もしくはメモ帳メニューから「編集」⇒「検索」と進み、「検索する文字列」を入力する画面が表示されるので
      $GPRMC,
      という文字列を入力して「次を検索」ボタンを押す。
    3. するとメモ帳画面上に文字列がぱらぱらと出てくる中で、$GPRMC,で始まる行があるはず。
      そしてその文字列に続く数字に注目。
      例えば
      $GPRMC,042250
      と表示されていれば、これは「04時22分50秒」を表しているので、これはOK。
      OKなら「次を検索」。
      順次検索していくと、
      $GPRMC,043060
                
      なんて表示があるはず。この60に注目。
      これは
      「04時30分60秒」
      を表していて、おそらくバグです。
      なのでこんな表示を発見したら、この部分をこんな感じで書き換えちゃいます。
      (誤)$GPRMC,043060(4時30分60秒)
      (正)$GPRMC,043100(4時31分00秒)
    4. 全部検索⇒修正が終わったら、そのメモ帳で開いたファイルを「名前をつけて保存」。
      名前は適当に付けちゃってください。

     
     ちょっと面倒くさいけど、そのうちバグも修正されるでしょう。
    それまでの辛抱。


    こんな感じでやってみてください。 

    【2009/8/19追記】
    轍の最新バージョン(3.21)で、このバグに対応したそうです。
    詳細は本家のページをご覧ください。

    http://wadachi.cyclekikou.net/

    関連記事
    スポンサーサイト
    Category : nuvi360補完計画
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    angiras6 says..."バグではないと言い張ります"
    はじめまして。
    同環境で同じ症状が発生しました。

    SONYに問い合わせをしたところ、SONYの付属ソフトではそれでも開くらしく、バグではないと言い張ります。
    現在の対処としては、ご紹介頂いた方法しかないのですが、4時間ぐらいのデータでもかなり面倒でした。

    一応SONYの説明は理解したものの、ユーザとしてはファームウェアでの改善を強く希望しますと伝えていますが、どうなることやら・・・。
    2009.08.01 14:27 | URL | #hiiZJbic [edit]
    ゆげ1号 says..."Re: バグではないと言い張ります"
    はじめまして。

    コメント&貴重な情報ありがとうございました。
    確かにSONYの立場としては「同梱ソフトで遊んでください、それ以外は保証外です」なんでしょうね。

    まだUPしてませんが、北海道で走ったときに親父のGPS-CS3Kを借りて手持ちのロガーと軌跡比較してみたのですが、その結果もかなり好感触だったので、余計に残念です。
    表計算ソフトのマクロとかで処理の自動化もできそうな気もしますが・・・うーん
    2009.08.03 00:01 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/285-99d5cac5
    該当の記事は見つかりませんでした。