softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    新調サドルshakedown中

     「湯けむりスナイパー」のロケ地って松本@信州の旅館だったんですな。
    ういっす。


     最近はGWやら2号の自転車新調やら善光寺やらと忙しくも楽しい毎日・・・ってこれだけ遊びまくってるんだから楽しくて当然なんですが、そんな中でこっそりと「自分への御褒美」として新しいサドルを購入していました。


    Selle Italia C2 Genuine Gel Saddle
    wiggle価格で6,200円くらい。


     そもそもの始まりは、また自転車に乗り始めた2号が「尻が痛い」と。
    彼女のF20-RCは「煩悩のマタニティカスタム」により、過剰な前傾姿勢を避ける為にハンドルはノーマルより高く(ハンドルポジションを上げるためのコラムアタプターについてはこちらに記載してます)、ついでにサドルは低めに(足つきを良くするため)セッティングされていました。

    で、3号出産後に改めて乗ったとき。
    さすがにサドルは妊娠時に比べ高くセッティングし直したのですが、ハンドルについてはコラムアダプターを外さずに高いセッティングのままにした方が安定することが判明しました。
    ダンシングもしやすいとか。

     
     ただし、それと引き換えに今までよりも荷重が後ろに移った関係で
    「尻が痛い」
    と。

     
     これは1号も以前経験済みで、バランスの良いポジションが出来上がって来たときに、いままで楽をしていた部位(我々の例だと「尻」)に負荷がかかるので、その部分が痛くなるんですな。

    そんなわけで、ものは試しにと、ゆげ1号が救われたFizikのロンディネを試用してもらったところ・・・


    「これいい! 全然痛くない! 幾らでも走れる!」


     ということで、ロンディネは2号へ差し上げることにしました。
    いやぁ仕方ないなぁ、わしのサドルはどーしよー、こまったこまった(棒読み)


     てなわけで新しいサドル探しを始めたのですが、そんな安いものでもないし、好みは千差万別っていうし、本当に悩みました。
    いっそのこともう一個ロンディネ買おうかなぁ・・・とまで思いましたが、それも面白くない(そういう問題か?)。


     そんなわけで、「値段」と「どっちかというとコンフォート系」で「Fizikじゃないやつ(せっかくだから)」という観点から上記のモデル(Selle Italia C2 Genuine Gel Saddle)に決定しました。

     

     でもって現在慣らし中。


     最初に現物の封を開けてサドルを触った第一印象は
    「げげ、ゲル入りなのに硬いなぁ・・・大丈夫か?」
    ロンディネに較べると、かなり硬いです。
    それでもこの手のサドルの中ではコンフォート寄りなんだよなぁ。


     ・・・だったのですが、実際に跨って走ってみると、思ったより全然痛くないです。
    まだ最大でも30km位(1回の走行距離)しか走ってないのでなんともいえないのですが、ちゃんと骨盤を立てぎみで乗っている分にはかなり快適。
     ただ30kmを越えたあたりから、ちょっと坐骨のあたりが痛くなってくる。これは疲れて腰が倒れてくるせいかもしれません。
    最近なかなかまとまった時間が取れないので、まだこれ以上の距離を一度に走る機会が無いんですが・・・さてどうなることやら。


     あと、サドル幅が135mmなんですが、この幅は1号の尻にはぎりぎり(ロンディネは140mm)。
    なので「尻がハマるスイートスポット」がかなり限定されます。そこに座っているうちは結構快適です。


     ただ、F20-RAの設計上、シートポストがかなり後に傾いているため、サドルを高くするとサドルがどんどん後退していくんですな。
    なんで、今のポジションだとちょっとハンドルが遠いかなぁ。
    ロンディネは全体的にゲルパッド量が多くて、座る位置をそれほど固定しなくてもよかった(けどゲル量の多さ故に股間に密着しすぎて万遍無く痛くなってくる・・・我慢できないほどじゃないけど)のでなんとかなっていたのですが、C2だと座れるポイントが限られるので、この点はちょっと改善が必要かもしれません。
    具体的には、ステムを110mmから100mmくらいに短くしてもいいかなぁ、と。


    #本当はシートの後退を補正するのってステム長の役割じゃないんだけどな、小径車の制約ゆえ止む無し。


     うーむ、なんとか50km以上走る時間を作らなければ・・・
    とまぁ、サドル新調すると、色々とセッティングを煮詰めるたくなるわけで、結果的に走行距離がいつもより増えます。
    これじゃ走るためにサドル買ったのか、サドル買ったから走るのか判らない。
    たぶんこれを人は「本末転倒」というんだろうな(笑)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/282-f8c19d9d
    該当の記事は見つかりませんでした。