softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    大空と大(以下略)で自転車三昧 番外編(先が思いやられる編)

     なかなか盛りだくさんなGW@北海道でしたが、最後にもきっちりとネタが用意されていました。


     帰省先からの帰りの飛行機にて。
    いよいよ飛行機が降下を始め、眼下に茨城のゴルフ場が広がり始めた頃。
    気圧の関係か、3号が少しぐずり始めました。


     それと同時に、顔を押さえてうつむく2号。


     おいおい、どうした?
    声をかけると、なんか左目の奥辺りがずきずきと痛むらしい。
    気圧の関係か?でもこんな痛みは初めて経験するらしい。


     こんなとき、どうするか。
    「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」
    と尋ねても「いるけど着陸動作中なので席から離れられません」といわれるのがオチだ。
    とりあえずぐずる3号をあずかり、なすすべも無く2号を不安な面持ちで見守っていると・・・


     ん?
    さっきまでぐずっていた3号の泣き声がしない。
    あれ?と思い、抱っこしていた3号の様子を改めてうかがうと、座席斜め後方に向かって満面の笑みを浮かべている。
    それと共に、後の方から「うゎ~かわいい! すっごい笑うよね~」なんて女性達の声が。


     恐る恐る座席斜め後方に目をやると、若い、スーツ姿のお嬢さんたちが3号に笑いかけてくれていました。
    それに満面の笑みと身振り手振りで応える3号。

     おそらく「お客様の中にお医者さまはいなくても良いですけど、このタイミングで僕を可愛がってくれる人はいらっしゃいませんか?」とかなんとか言っていたんだろう。
    まだしゃべれないけど。


     結局、3号は着陸までお嬢さんたちとずーっと楽しく語らい続け、2号はうんうんとうめき続け、1号はその狭間でどっちに乗っかろうかとあたふたしていました(笑)
    着陸後、我々より先に飛行機から出ていくお嬢さんたちが次々と3号に笑いかけ、なでなでしてくれて、3号も笑顔と嬌声で応えます。
    傍らにはうずくまる2号と引きつった笑いを浮かべる1号。


     結局、フライトアテンダントの方に相談して、空港内のクリニックを紹介してもらいました。
    まず2号をすぐそちらに向かわせ(グラウンドスタッフに付き添われ)、1号は3号を抱えながら手荷物(先日買ったでっかいトラベルバッグとベビーカー)を受け取りに行ったのですが・・・そりゃあ無理ですわ、3号を抱っこしながらあんなでかい荷物のピックアップなんて。

     
     でも、途方にくれているわけにはいきません。
    クリニックには2号が待っています。
    3号を小脇に抱えた状態で、エイリアンシリーズのシガニーウィーバーばり(脳内では)に奮闘していました。
    いや、どっちかというとシガニーのモノマネしてる友近の方が近いか。

     すると、先ほどのお嬢さんたちがそれに気づき、わざわざ我々の荷物を降ろし、ベビーカーに被せられているビニールを外してくれました。


    助かりました。
    本当に助かりました。
    ありがとうございました。

     
     それと共に。
    やさしい笑みで1号に「おとーさん、シャイさは不甲斐なさの言い訳にはならないんだよ」と無言で語りかける3号よ。


    いいか、3号よ。
    お前にははっきり言っておく必要がある。
    人生にモテ期は3回あるというが、嘘だ。
    人生のモテ期は「多くても」3回だ。
    (藤岡藤巻「息子よ」のフシでお願いします)

     
     持ち球が3発もあるとは限らないからね。
    浪費しちゃいかんぞ>3号


     結局、2号の病状はやはり気圧の関係でした。
    なんでも、珍しく鼻が詰まっていて、その関係でうまく気圧調整ができていなかったそうで。
    まぁそういうこともあらぁな。
    とりあえず痛みはしばらくして収まったので、よかったよかった。


     まぁそんな感じで、なかなか愉快なGWでした。
    皆さんに感謝。

     

    ということで、本シリーズおしまい。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/278-e24bc6e9
    該当の記事は見つかりませんでした。