softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    大空と大(以下略)で自転車三昧 その3(芸術の森へ)

     今一番アツいのは「天地人」でも「婚カツ!」でも「The Quiz Show!」でもなけりゃ「アイシテル」でもなく、「湯けむりスナイパー」に決まっとろうが!うぃっす。
    でおなじみのゆげ1号です。

     
     いやぁ、ゆげ1号がTVドラマにハマったなんて何年ぶりだろう・・・


     さてそんなことはさておき、09'北海道春シリーズの3回目。
    本日の目標地点は「札幌芸術の森」。通称「ゲイモリ」らしいが、女性も入園可能(当たり前だ)。

    走行ルートはこちら。

    クリックするといつものGoogleMapsが開きます。 

     
     そして今回「押さえる」サイクリングコースはこんな感じ。

    • 伏古大通自転車道路 (大通りまで延伸するのか?それとも「伏古の大通り」にある自転車道路?)
    • 豊平川サイクリング園路(前回は左岸を走ったので今回は右岸)
    • 滝野上野幌自転車道路(豊平川~真駒内川の左岸。今回は真駒内公園から芸術の森まで走行)


    ■自転車にはなかなか辛い丘珠街道を抜けて

     伏古川との交差点から川沿を少し下ると、伏古大通自転車道路がありました。 
    R0013573.jpg 
    看板には「自転車道路」とは書いてませんね。

    R0013576.jpg  
    太い道路(伏古大通?)の中央分離帯に細い道が走っています。
    爆走は絶対無理ですが、意外と起伏や変化に富んだ面白いコースです。
    でもMTBで走るほうがいいかなぁ。


     距離はだいたい2キロくらい。環状通と合流するところでコースはおしまいです。
    うむ、とりあえず押さえました。


    ■環状通を通って豊平川まで

     進むのですが、この環状通がまた自転車にはやさしくない(笑)
    さすがにここは歩道を中心に走りました。


     そんなこんなでなんとか豊平川へ到着。
    今回は右岸の「サイクリング園路」を走ります。

    R0013586.jpg 
     前回もそうだったんですが、実は豊平川のサイクリングロードって、進入口が結構限られています。
    ふつーに走っているだけじゃどこから入ればいいのかわからないと思います(というか、我々はわからなかった)。
    ということで、ゆげーずは適当なところから自転車かついで中へ。

    R0013592.jpg 
     エルフィンロード走ったときより風が強め。
    2号にはちょっときつい風向きでしたが、せっかくの機会なので今回はドラフティングの練習をすることにしました。
    いやなに、単に「後について走り、前の人を風除けにする」というだけなんですが、良いうまい場所につけると結構楽になります。最初は2号もあまり接近して走るのが怖かったようですが、だんだん慣れてきたようで、そのまま10キロくらい「二人トレイン」で走りました。

    R0013612.jpg 
    ちょっと判りづらいですが、右端が「自転車道」で左側が「歩行者道」。
    ちゃんと守られているかどうかは別として(それほど通っている人も自転車もいなかった)、土地の広い北海道ならでは、ですかね。

     ここまで豪快に分けるのは無理にしても、交通量の多い河川では是非こうして欲しいもんです。
    それが安全ってもんだろ。

    R0013620.jpg 
    だんだん川の流れが速くなってきました。
    上流に向かっているのを実感します。  


    ■真駒内公園

     真駒内公園から川は「豊平川」と「真駒内川」に分岐、いや正確には二つの川がここで「合流」します。
    ここから上流のサイクリングロードは真駒内川沿いに進むことになります。
    R0013648.jpg 
    公園内のさけ科学館に続く橋から見た真駒内川


     ま、そういうことは置いといてちょっと休憩。 

    R0013663.jpg 
     ここでも桜。 

    R0013673.jpg 
    白樺と桜のコントラストって新鮮だ。


     この公園でちょっと補給食を摂って先へ進むことにします。
    ここからは国道453(真駒内通)を通って芸術の森まで進みます。
    さっぽろサイクリングマップでも「歩道利用区間」という形ではあるものの一応サイクリングロードとして記載されていますが・・・いや、ただの国道ですよ。
    まぁ丘珠街道や環状通とか程の走りにくさではないですけどね・・・


     勾配もゆるく、そんなにハードな道では無かったと思います。
    でもあわせ技で向かい風も喰らったので、2号にはちょいときつかったか・・・?と思ったら、しっかりケツについてきました。
    ドラフティングの楽さに味をしめたらしい(笑)

    R0013692.jpg 
     でもってちょうど良いところにジェラートやさん、いやもとい「手作りジェラートが有名な酒屋さん」登場。
    泡盛入りジェラート、結構効きました(笑)美味かったけど。
    R0013685.jpg 
    大丈夫かと思うけど、念のため自動車の人はNGですね(自転車でも本当はNGですけどね) 。
    他の味もすげー美味しかったのですが、なにぶん自転車で走っている途中だからなぁ・・・でも、ひっきりなしにお客さんが来ていたので、多分他の人にとっても美味しいのでしょう。

     
     ちなみに食べたのは左から「ごま」「ヨーグルト」「カボチャプリン」「泡盛」
    この他に芋焼酎とか日本酒もあるそうです。


    ■つーことで到着!

    R0013693.jpg 
     芸術の森に到着。

    R0013709.jpg 
     入り口付近にあるモニュメント。
    北海道が誇る野外美術館だと思うのですが、この日は結構空いていました。
    普段の混み様がどうなのかは良くわかりませんが。

    R0013711.jpg 
     池にもオブジェがぷかぷかと。
    こいつらは浮いているみたいで、風によって動きます。


     さて、本日のゴールはこの「芸術の森」だったのですが、この日は近くに住んでいる親戚の家にも立ち寄ることになってました。
    ちょうどこの写真を撮っている時に親戚の叔父さんから電話があり、「芸術の森から国道453に抜ける裏道があるよ」とのことで、ちょっと通ってみることに。
    詳しくは走行軌跡の方をご覧ください。
    R0013717.jpg 
     またこれが川沿いの気持ちよい道だこと。


     てなわけで、この道を通ってまた国道453号へ戻り、親戚宅へお邪魔し、そこで親父と合流して岐路に着きました。
    親戚宅でもいろいろご馳走になり(特に自家製のスコーン?は絶品でした)、かつまた親父に車でピックアップしてもらったりと、いろんな人にお世話になりっぱなしですな。
    皆さんに感謝。
    夏もまた来ますので是非よろしくです(笑)


    もうすこしつづく

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  1 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/275-050d68b3
    芋焼酎 三岳
    森伊蔵、魔王などの芋焼酎の味について 森伊蔵、魔王などの芋焼酎の味について父の日のプレゼントに焼酎を検討しています。酒好きな父なのですが、普段はもっぱら安い麦焼酎を飲んでいます。芋はくせがあるので、あまり好きでないらしいのですが、ブランド焼酎として有名...
    該当の記事は見つかりませんでした。