softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    同じところばかり、なにも考えずに走っている

     最近、全然走った話を書いてません。


     2号は「育児」と「龍が如く2」といまさら「マザー2」に追われ、おまけに腱鞘炎まで患ってしまったのでちょっと自転車はお休み中。
    #ゲームやりすぎて腱鞘炎になったわけじゃないですので念のため(笑)


     1号は・・・「走っていない」んじゃなくて「判で押したように同じルートばかり走っているからネタにしようがない」のが本当のところ。
    そんなにがんがん乗っているわけではありませんが、週末に60km強を走る(本当は平日も走りたいところだが、なかなか思うに任せないのでウォーキングで体をごまかす)。
     体調や走れる時間が限られる場合の為に±5~10kmの距離調整が出来るようなルート構成にしているけど、基本的にはほとんど同じ。
    走る時間もほとんど同じ。途中の休憩ポイントで聴くラジオ番組(本当は骨伝導ヘッドホンが欲しい)もほとんど同じ。


     不思議なもので、確かに自転車に「知らない場所へ連れて行ってもらう」のもとても楽しいのだけれども、その一方で「あまり頭が働かないようにルートや時間を固定して、ただ走ることだけを楽しむ」のが今はすごくストレス解消になるんです。

      別に今、極めて高いストレス環境にいるわけじゃないんだけども、あれこれとルートを考えたり、当初予定のルートから外れてリカバリ手段を考えたり、走ってたら思いもよらないモノに出会ってしまったり・・・といった営みは確かに「わくわく」する一方で、テンション低い状態においては「めんどくせー」一面もあります。


      そんな時に、ひたすら頭を使わない、決めた通りのサイクリングが今はとても心地よいです。


     ちなみに、そんなリフレッシュ目的で走るときの個人的なルート選定ポイントはこんな感じ。
    ポイントは、走る緊張感を適度に感じつつ、運動強度を自分で選べること。

    • あえて幹線道路(の中でも比較的走りやすいところ)を混ぜる(⇒緊張感が頭をすっきりしてくれる)
    • 信号に邪魔されないサイクリングコースがあれば出来るだけ入れる(⇒比較的短時間で距離を稼ぐことができる)
    • 体調、時間に応じてショートカットできるルート構成にする(⇒「今日は軽く走るだけにしておこう」という選択肢を常に持てることが重要)
    • 風の影響を受けやすい川沿いとかはあまり長距離走らない(⇒過度な苦行はサボる理由を作るだけなので)

     

     これがつまらなくなったら、新しい場所を目指して走り出せばいい。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/241-130896d5
    該当の記事は見つかりませんでした。