softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    おかえり、F20-RA&MM-Cubeインプレ

     いまさらながら姉から借りたPS2の極道シミュレーションゲーム「龍が如く」にどハマリしてしまったゆげ1号&2号です。
    いやぁ、ゲームやりこんだあとに新宿(=このゲームの舞台モデルになってると思われる)歩くとなんか緊張するさ(笑)


     さて、そんな話はともかく。

    無事帰ってきたF20-RAと、新しく購入したMKS(三ヶ島製作所)のワンタッチ取り外しできるビンディングペダル、MM-Cube。


     退院してから天候にも恵まれず全然走れてなかったのですが、やっと週末に天候と予定がうまくリンクしてくれたのでちょっと走ってきました。


     ルートはこんな感じ(轍バージョン)。

    駒沢公園をぷらっと回ったあと、新宿から方南通を経て、環七通りで駒沢に帰ってくるお気軽ルートです。コースには特に目新しさもなし。


     さてビンディングのインプレですが、今まで使っていたシマノのやつとはかなりフィーリングが違いました。

     シマノの方がカチッと固定される感じで、MKSのやつはそれに比べると踵を左右に振れるような「遊び」があります。ただ、これはペダルによるものではなく、MKSのクリートの形状がそうさせているようです。シマノのクリートはMKSのペダルには使えませんが、MKSのクリートはシマノのSPDペダルに(一応)使えます。でもって、MKSのクリートをつけたシューズでシマノのSPDペダル(今まで使っていたやつをCrossRiderに付け替えた)を踏んでもやっぱり遊びを感じたので、これは多分間違いないと思います。

     で、この「遊び」が悪いのかというと別にそういうわけでもなく、これはこれでそういう設計なんだなと思います。別に走行中に外れるわけでもないし、あと遊びがあるといっても「足がぷらぷらする感じ」ではなく、「踵を左右に少し滑らせることができるけど、力を抜くと元に位置に戻る感じ」です。
     ちなみに、締め付けの強さを変更するネジもついていますが、締め付けを強くしても「遊び」の程度は代わらないようです。


     また、シューズの取り外しやすさはMKSの方が自然で、これならパニック時も安心かと。

     

     まぁそんな感じで、ぷらぷらと走ってきました。

    DSC00189_20081124121106.jpg 
     休日の都庁付近って、日本一の人口密集地帯・東京のコアとは思えない閑散ぶりです。
    でも地味に警備員が配置されたりしていて、なんとなく人のいないところでカメラを構えるのも気が引ける感じがします。
     ということで、携帯でパチリ。
    いや、いつものGRDⅡ忘れたわけじゃないっすよ、わはは。
    いや、持ってはいなかったけど


     でもっていつもの通り方南通りを走っていたのですが、ふと道の脇に目をやるとそこには神田川。

    DSC00192.jpg 
    いままで神田川は気になりつつもノーチェックだったので、思わぬ出会いに思わず風呂上りで湯冷めして石鹸カタカタ鳴らしてる、妙に弁の立つ料理人の影を追いかけそうになりましたが、そんな面影も無く。


     ん?何か勘違いしてますか?


     後でGooglemap眺めてみたら、方南通りと神田川がぶつかるところって東京メトロの車両基地があったんですな。全く気がつかなかった。

     

     とまぁこんな感じで久しぶりにF20-RAを満喫したのでした。

     

    走行距離:38km
    平均時速:21.3km/h
    最高速度:72.3km/hってなんやねん(笑) サイコンなら携帯電話とかで誤動作起こすのわかるけど

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Tag : F20-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/225-fff1b39e
    該当の記事は見つかりませんでした。