softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    三鷹天文台 特別公開2008

    by ゆげ2号

     行ってきました、三鷹キャンパス特別公開2008!野辺山のほうは行けなかったので、こちらはぜひとも行きたかったんですよねー。ただ、なにせ今年からゆげ3号が加わったので、機動性に欠けるところがありまして、去年のように開催時間いっぱい天文台中をかけまわるわけにはいきませんが、そこはやむなし。 スタンプラリーにはこだわらず、どうしても行きたいところや去年は見られなかったところにポイントを絞って回ることに。

    (…と当初は思っていたのですが、結局時間が限られている割にはいろいろ立ち寄っています。特別公開に行ってる人が見たら「あっちを飛ばしておきながら、そっちをじっくりまわってどうする~」とかありそうですが、ゆげーずらしいっちゃらしいですな)

    ちなみにゆげ3号、長時間の本格的な外出は今回が初めてだったり。趣味の濃ゆい子になりそうですな。

    天文台前 
    心配していたのですが、天気はまずまず。去年は嵐で大変でしたからねー。

    ■ペルーの電波望遠鏡を支援する会

    まずは、受付でプログラムを受け取り、本館ロビーへ。入り口近くの「ペルーの電波望遠鏡を支援する会」の展示ブースで天文台マダムさんにご挨拶して、恒例のインカコーラ購入と寄付をしてきました。

    当ブログを続けて見てくださっている方はご存知かと思いますが、ペルーの電波望遠鏡観測所今年7月にめでたく開所されたんですよねー。ささやかながら寄付させていただいたわれわれも少しは助けになれたかと思うと、胸が温まる心地です。ただ、運営資金はこれからも必要なので、細々ながら、継続して寄付を続けていきたいと思っています。

    もし興味をもたれた方がいたら、下記のリンクをぜひたどってご覧になってください。日本から遠く離れたペルーの地で天文学の普及に50年以上の月日をささげ、現在も活動し続けている石塚博士とその息子ホセさんのお話は何度読んでも感動して励まされる思いがします。去年も紹介したのですが、フラッシュを「地上の星」を流しながら見ると、たまんないっすよ~。

    ペルーの電波望遠鏡を支援する会
    http://www.peru32m-telescope.net/

    ■太陽観測衛星「ひので」

    そのあとで、去年はあまりしっかり見られなかった太陽観測衛星「ひので」の展示ブースへ。
    ひので 
    そうそう、太陽にはひとつ大きな謎があったんでした。なんでも太陽の表面温度は6000度くらいなのに、その上空のコロナは100万度から数千万度にもなるという、たとえるなら、コンロは超弱火なのにどうしてやかんは大沸騰してるんだーというようなお話。

    復習しているうちに思い出したけれども、確か去年はみそ汁実験やってたんじゃなかったっけ。ざっと見ました、どうも今年はやっていない様子。あれはあれで面白かったんだけれども、評判がいまいちだったのでしょうかねー。ちょっと残念。

    ■太陽観測

    この後、外に出て移動。途中で小さなパラボラアンテナを発見。近づいてみると…
    太陽を観察しよう 
    どうも、野辺山の天文台にあったヘリオグラフと同様のもので、これは手動で動かすもののようです。ハンドルを使ってうまくパラボラアンテナを太陽の方に動かすと下の図のように計器に反応が出るようです。

    ほかの方がやっているのを見ていたのですが、
    太陽の観測 
    なんだか簡単そうだし、手動で動かせるってのがおもしろそうです。ちょうどすいているようだったのでやらせてもらいました。しかし、やってみると意外と難しいのですねー。「ハンドルをもって、計器を確認しながらゆっくり右に動かすだけ」とのことだったのですが、その「ゆっくり」がなかなかうまくいかない。一応なんとか太陽の向きに併せることはできましたが、その昔、自動制御できないころはずっとヒトが張り付いてちょっとずつ手動で角度を合わせていたんでしょうね。気が遠くなる話です。

    次回、時間がないのもなんのその、風が吹くまま気の向くままになぜか常設展示を見に行ったりしてます。せっかくだから今日だけ特別に公開しているところに行けばいいのにねぇ。

    続く

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 5 comments  0 trackback

    5 Comments

    むるきち says...""
    宇宙ネタも自分の守備範囲です。(笑)
    念願の野辺山も丸々一日居たかったのに家族持ちの悲しい所…。

    巨大なパラボラに遠い銀河に夢をはせて浸っているのに
    「パパ、次いこ次」って…。

    ご家族で羨ましいです。とほほ…。
    2008.10.28 16:01 | URL | #ysuzPZ9s [edit]
    ゆげ1号 says..."いや息子は"
    勘弁してくれーって思ってたかもしれません。
    生後3ヶ月にして始めてのおでかけが「天文台」ってどういうことやねん!って(笑)

    野辺山、行かれたんですね。
    行きたかったなぁ・・・あと、長野は臼田にもでかいのがありますよね。
    このブログにもよく登場する該当者氏@長野出身に案内してもらって、一昨年見学に行きました。

    今回の三鷹シリーズも、去年に比べて全然まわれていないのですが、なかなか面白い話が聞けましたのでちょっとずつですけどアップさせていただきます。
    2008.10.28 23:51 | URL | #- [edit]
    該当者 says...""
    >むるきちさん
    始めまして。自転車ブログなのに自転車ネタ以外の提供が多い該当者です。

    結局また自転車ネタではないですが、次回野辺山まで行かれたなら是非臼田のJAXA臼田宇宙空間観測所にも足を延ばして頂ければと思います。車でしたら野辺山からは大体1時間ちょっとでいけると思います。
    臼田の東洋一の64mパラボラアンテナは一見の価値ありです。野辺山の45m電波望遠鏡が小さく(ちょっと大げさですが)感じます。一番最初(ゆげ1号氏たちと行く前の下見の時) に行ったときはちょうど正門側に少し傾けていたのですが、本当に圧倒されました。普通のデジカメとかだと敷地内では入りきらない大きさです。
    また野辺山の45m電波望遠鏡と違い、裏面が覆われていないためトラス構造が見ることも出来ます。これがまた美しいこと。機能美とはこのことかという感じがするぐらいです。

    と、ここまで書いていて既に行かれていたら気恥ずかしいなと思っていたりしています。

    2008.11.02 21:40 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    むるきち says...""
    該当者さまありがとうございます。
    まだ行ったことはないので今度寄ってみようと思います。
    (問題は家族のOKがでるかどうか…)

    あの手の研究用機器は美しいですね。
    最近では大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の妖しさにやられて
    しまいました。
    2008.11.03 06:04 | URL | #ysuzPZ9s [edit]
    ゆげ2号 says..."大型ハドロン衝突型加速器"
    はじめまして、むるきちさま。 ゆげ2号と申します。

    興味深い話題をありがとうございます。大型ハドロン衝突型加速器というのはこちらですね?

    http://www.gizmodo.jp/2008/08/post_4101.html

    確かにこれは「美しい」というより「妖しい」感じですね。人工物とは思えません。なんだかCGの電脳空間のように感じました。このURLからさらにリンクが貼られている[The Big Picture]へ飛ぶと、建設途中の画像があるのですが、そちらは人間が一緒に写り込んでいるので、その大きさにまたびっくりしました。

    ゆげ1号と該当者氏にはこちらもおすすめです(笑)。

    http://www.gizmodo.jp/2008/01/post_3025.html
    2008.11.03 15:43 | URL | #PtTZI1rk [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/216-a9dab43d
    該当の記事は見つかりませんでした。