softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    調布飛行場まつり2008を目指して

     いつの間にかトータルアクセス数が10万を超えてしまいました。
    こんなニッチなブログを日頃より御高覧いただき、ありがとうございます。

     
     今後とも「調布飛行場まつりの屋台で食べたまきまきフランクが美味かったけど飛行機はあんまり見ていない」とか「今月号の自転車人に登場した勝間和代さんは『自転車はノートパソコンと一緒で特に愛着もない』なんて言っときながら、TREKのハイエンドモデル・マドンで20~30km/1日くらい通勤で走りまわるは、出張にはDAHONもっていくは、自転車にGPSナビつけるはで、そりゃーマニア以外の何者でもないだろう・・・要するに『自転車ツンデレ』じゃないのか?」とかいった、誰の役にも立たないこと請け合いの情報・感想を書き連ねていく所存でございます。


     そんなですが、ひとつよろしくお願いいたします。

     


     あぁ、こういう前フリいらないよね、なかなか直らないよね(笑)


     てなわけで(?)、当ブログにお越しいただく方々の検索ワードに最近変化が。

    今まではnuvi関連がダントツで多かったのですが、最近は時期によって「調布飛行場まつり」とか「北海道フェア」とかいったイベント情報の方が多いこともあります。
    おそらく、去年の記事が検索対象になっているためだと思いますが・・・


     ということで、最近は「調布飛行場まつり」が群を抜いて増えていたこともあり、そうなるとやはり今年もちょっと行ってみないとなぁ、なんて気になってきます。とはいっても、今年と去年では我々の状況も違っていて、二人で押しかけるようなこともちょっと難しい。時間的な制約もいろいろある。


     そんなわけで、今回はゆげ1号が最近の周回コースからちょっと足を伸ばす形で眺めてきました。


     コースはこちら・・・なんですが、あいにく調布飛行場でロガーの電池が切れてしまい(最近こんなのばっかりだ)、帰り道のデータがありません。

    ルート的には:

    駒沢オリンピック公園⇒恵比寿から明治通りで新宿へ⇒方南通りを西永福までひたすら西へ⇒ちょっとだけ井ノ頭通り⇒浜田山で人見街道へ⇒調布飛行場


    てな感じで、ここでロガーの電池切れ(涙)
    おまけにサイコンも不調(センサー部は先日電池を取り替えたが、メーター本体の電池も切れかけているかも)で、トータルの距離とかはわからずじまい。

     ついでにこの日は一日曇り空。雨にあたらなかっただけよしとするか。


    ■そもそもの思いつき

     走っているときは気づかなかったのですが、最近の周回コースを改めて眺めてみると「コース西端の高井戸から三鷹ってすぐだなぁ・・・ということは深大寺とか野川とか調布飛行場とかも、そんなに遠くないのか?」ということに気づきました。

     とはいえ、じゃあ高井戸からのルートにアテがあるわけでもなく、こういうときはやはりnuvi様の出番です。とりあえず方南通りを適当に西へ走り、これまた適当なところでnuvi様に目的地(今回は調布飛行場)までの道程を検索&案内していただくことにしました。


    ■まずはいつもの駒沢通り~恵比寿まで

     恵比寿はお祭りやっていたようで、おそらく恵比寿神社周辺の道だと思うのですが交通規制されてました。ついでに警察のバスも何台も止まっていて、ずいぶんと物々しい雰囲気。
    なんで?


    ■明治通りと北風

     あー冬が近づいているんだなぁ、と感じさせる風向き(=北風)がちょっと強めでした。
    渋谷駅まで、渋谷川に沿って走る明治通りがどれくらい影響をうけているのかは判りませんが、やはり川沿いの道って「風の通り道」になっているような気がします。確かにこの通りも渋谷以降はそんなに風の強さを感じなかったし。


    ■新宿ってSFだよなぁ

     新宿の高層ビル群って、それぞれが他のビル、公園なんかとの調和を一切考えずに自己主張しているように感じます。それでいて、個々の建物はとても個性的ではあるものの、いまいち「巨大建造物萌え」の琴線に響かない(人それぞれでしょうけど)。なんか意匠が強すぎて、ビルそのものの迫力が逆に削がれているような気がするんですよね。
    R0011599.jpg 

     でも、そんなばらばらなモノ達でも地理的に密集すると、なんとなく一つのカタマリに見えてくるのが不思議。
     ばらばらな個々が狭いところに押し込められて、いつの間にか一つの巨大な思考体を形成していくなんて・・・すげーSF的世界観を感じるのはゆげ1号だけでしょうか(笑)


     まぁSFは読んだり観たりするもんで、住みたくは無いですけど。

    R0011607.jpg 
     でも、ゆげ1号の腕ではなかなか写真でこの世界観が切り取れないんだよなぁ。


    ■方南通りから

     方南通りって特に特徴も無い道路なんですが、交通量もそこそこで走りやすいので気に入っています。
    で、方南通りから調布飛行場への道筋についてnuvi様にお伺い(距離優先・幹線道路回避・移動手段:自転車)を立てると、
    「方南通りを直進して西永福あたりから井ノ頭通りを経由して人見街道を進むが良い」
    とのこと。


     ちなみに、井ノ頭通りも荒玉水道道路と同様の水道道路(水道管が埋まっている)なんですね。


    ■人見街道

     浜田山あたり、環八通りの手前あたりから人見街道に入ります。

     東京って、環八の内と外で雰囲気が変わりますね。環八の西側に出ると、いわゆる東京のスピード感や集積度とはちょっと違う空気が流れてきます。決して道が広いとかいうわけでもなく、田舎になるわけでもないんですが、まぁ平たく言うと長閑になっていく感じです。


     人見街道も道は狭いものの、道沿いの民家(地味にでかかったりする)が植えている街路樹とかが結構気持ちの良い道です。

     そうこうしているうちに、神田川・玉川上水・仙川と跨いで三鷹入り。いつもなら川を跨ぐところで写真でも撮るのですが、今回はちょっと時間的に押してきたのでそのままスルー。

     
     4本目の川、いつもの野川を越えた辺りで南下して、めでたく調布飛行場到着です。


    ■調布飛行場まつり2008

     去年来たときは見事な快晴だったのですが、今年はあいにくの曇り空。


     今年はちょっと時間に余裕が無くてゆっくりとは見られなかったのですが、かなりの賑わいを見せていました。 

    R0011624.jpg 
    あー結局撮る写真ってこうなんだな(笑)

    R0011644.jpg 
    でも、ちょっとだけ写真の撮り方がわかってきたかも。


     このお祭り、ただの飛行機フェスティバルではなくて、調布飛行場がつなぐ二つの地域、すなわち伊豆諸島・・・大島、新島、神津島といった島嶼(「とうしょ」ってこういう字書くんですな))と三鷹の交流といった側面もあるのかなぁ、と思いました。三鷹の地域町内会が出す出店と、伊豆諸島の名産品ブースが並んで出ていたりして。


     前回も気になっていたのですが、伊豆諸島って島焼酎が有名なんですね。すげー飲みたかったんですが、飲酒運転するわけにも行かないし、土産持ち帰れるほどの積載余力も無かった(つーか、小さいウエストバッグしか持ってないし)ので泣く泣く断念。


     あ、そういえば天文台マダム&野辺山改め三鷹の仙人氏は今年もいらっしゃったのかなぁ。
    去年は三鷹天文台特別公開の翌日に開催されたこのお祭に元気いっぱい参加されていたようですが、今年は時期ずれてよかったですね(笑)


     ん?逆に準備でそれどころじゃない? 


    ■帰路へ

     ここからの帰路は、野川を下るパターンと多摩川を下るパターンがあるのですが、今回は多摩川~世田谷通り~駒沢という感じで帰路につきました。

     どんよりと曇った川沿いって、小さい頃の記憶を呼び起こすんですよね。


     なんでだろう。それほど川と慣れ親しんだ記憶はないのに。


    走行距離:50km弱

    サイコンが不調なんだよなぁ・・・

    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag : nuvi
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/213-0f7f0d2c
    該当の記事は見つかりませんでした。