softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    荒玉水道道路を往く

     最近、当ブログにいただく拍手について、なぜか「個人的にはとても吐き出したいけど他人が読んでも面白くはないだろうな」と思っている記事に集中(ってほどじゃないけど分母が小さいので結果的にそう見える)しています。

     どこのどなたか存じませんが、本当にありがとうございます。
    #もしや、夢遊病にかかった自分がクリックしてるんじゃ?なんて一瞬思ってしまった(笑)


     さて、そんなゆげ1号ですが、いつもの通り前フリとはまったく関係ない今回のテーマは、先日入手した泉麻
    人氏の「東京自転車散歩」にも登場していた「荒玉水道道路」。

    唐突にこのルートに興味を持ったのは、

    • 最近走っている周回ルート上の環八があんまり自転車にやさしくない(その分必死に走るので高速走行には適している(笑))ので、毛色の違う迂回路を探したい
    • 10kmに渡る直線道路というのがちょっとそそる
    • 水道管の上に敷設された道路ゆえに通行車両の重量制限(4tまで)があったりするらしいので、結果的に道がすいているんじゃないか
    • 杉並区は未知の街なので走ってみたい

    なんてことを考えたため。


     いつもの通りAlpsRouteでルートを載せようと思ったのですが、サーバ輻輳のためルートの投稿ができませんでした。
     走ったルートは駒沢オリンピック公園~環七~青梅街道から荒玉水道道路へ~多摩川(砧浄水場)~二子玉川という感じです(実際にはその後駒沢まで走っていますが)。

     仕方ないので、今回はこちらの荒玉水道道路限定の走行ルート&写真付きマップ(「轍」で作成)のみ。



    ■まずはスタート地点まで

     駒沢オリンピック公園から環七まで出て、その後はひたすら北上して青梅街道を目指します。
    実はこの道すがらも、善福寺川や神田川と交差していたり大聖堂があったり蚕糸の森公園があったりと、ちょっと足を止めてみたいところも無くはないのですが、やはり幹線道路を走っているとなんとなく「走り」に集中してしまって、足を止めづらくなるんですよねぇ。また休日の環七は左側車線が比較的走りやすいので、ある程度車道走行のスピード感に慣れてくるとなおさらです。

     ということで1時間もかからずに高円寺陸橋下交差点まで到着。


    ■細道を南西へ

     環七と青梅街道の交差点を左折するとすぐ、「都道428」という小道が左手にあります。こいつが荒玉水道道路。
     こいつを南西に下ります。走り始めてもしばらくの間は両側にお寺が続くような細道なので、本当にこの道でいいのか、ちょっと不安になります・・・が、 
    R0011508.jpg 
    あぁ、この道で正解ですね。下には水道管が埋まってるんだ。


    ■ここから先はちょっと道が広がりますが

     多少車や住人の往来もありますので、まったり走行必須です。あと、ところどころ一方通行になっていますので、自動車ではこのルートを走ることできません。

     どうしても走りたい人はあきらめて自転車買いましょう(笑)。

    R0011533.jpg 
     季節によっては夕暮れに向かって走ることになるんでしょうな。
    本当にまっすぐです。

    R0011521.jpg 
     ちょっと道を外れると「大宮八幡宮」がありました。


     この後、上記ルートを見ていただければ判りますが、甲州街道とその南側にある京王線の桜上水駅付近でまっすぐな道が一度途切れます。

     ちょっと迂回すればまた都道428へ復帰できますが、こういうときの復帰ルート探しにも、地図も読めないし話も聞けないゆげ1号にとってnuviは便利です(笑)。

     いや、後から地図見れば全然大したことない迂回なんですけど。


    ■環八を超えるときも

     ちょっと迂回が必要ですが、まぁこれは迷うことも無かろう。
    で、環八を超えると、大型車が突入してこないように(?)道路の両端にポールが立っています。

    R0011537.jpg  
    これにこするような車は通るな、と。

     環八を超え、祖師谷辺りに差し掛かると、道端の緑が少し増えてきます。ちょっと緑道っぽい感じですかね。

    R0011543.jpg 
     ここに限らず、都内でも区をまたがる道を走っていると、結構区による道路整備ポリシーやセンスの違いを感じる事が多いです。
    23区全部走ってないのでえらそうなことは言えませんが、個人的な感想としては、世田谷区は人と緑(自然)のさりげない調和を取るのがうまいなぁなんて思ったり。特に、呑川とか走ると世田谷区~目黒区~大田区と縦断するので、その辺りがよーく実感できます。


    ■世田谷通りとの交差するところって

     実は七差路なんですな。
    その中でも荒玉水道道路は細道です。
    このあたりは何度も走っているのですが、こんな小道に進んだことはありませんでした。 

    R0011556.jpg

    多摩川に向かって、ばーんと視界が開けます。
    なんかすげー「夏休みに訪れた 親の実家」的な光景が広がります。 

      で、もう少し進むと・・・

    R0011569.jpg 
    おなじみの野川です。
    もう「僕の夏休み」感、炸裂(笑)

     
    ■ゴールは

    R0011581.jpg  
    砧浄水場でした。

     この先を少し進むと、多摩川に出ます。
    スタート地点からだいたい10キロくらい。のんびり走るにはなかなか良い道でした。



     自分で走ってみてから改めて「東京自転車散歩」に描かれた荒玉水道道路の章を読み返してみると、全然自分と視野が違うんですな。
    同じところ走っているのに。


     やっぱプロだわ。


    走行距離:約37km
    今回はブログもなんかあっさりになっちゃいました。
    でもこのルート近辺はいろいろと奥が深そうです。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 6 comments  0 trackback

    6 Comments

    むるきち says..."空が気持ちよさそう。"
    おっ、良いですね。
    リカンベントでゆるりと走るには良いかも。
    秋空を眺めながらゆったりと…。

    うっ、暇が無い…。

    自分のリカにはヘッドレストにスピーカが装備できるので
    こういう状況だとnuviでMP3再生しながら走ると結構新鮮です。
    (無理やり押しこんでるだけですが)

    幹線道路はどうしても走る事がメインになりますからねぇ。
    特に幅広リカンベントは車と一緒に渋滞にはまってたりして結構
    間抜けです。(苦笑)
    2008.10.18 14:00 | URL | #ysuzPZ9s [edit]
    ゆげ1号 says..."ゆるりと走るには"
    むるきちさん、コメントありがとうございます。

    なかなか良かったです>荒玉水道
    基本的にはひたすら下り基調ですし、ひたすら直線道路(とはいってもはるか先まで見渡せるわけではないのですが)というのも、なんか走っていてわくわくします。

    ヘッドレストに仕込んだスピーカー、良いですね。
    リカならではですね。
    以前、骨伝導ヘッドホンなんかどうだろうと検討したこともあるのですが、なかなかこれはという製品も無く・・・
    2008.10.20 00:17 | URL | #- [edit]
    むるきち says...""
    「東京自転車日記」中古で見つけたのでつい、ぽちっとしてしまいました。
    参考に少し都内をうろうろしてみようかと思ってます。
    2008.10.20 15:40 | URL | #ysuzPZ9s [edit]
    むるきち says...""
    行って来ました。
    荒玉水道道路
    ゆげさんとほとんど同じコースです。
    天気もよく気持ちよかった~。
    足を痛めなきゃねぇ。
    詳細はブログ見てください。

    また面白そうな道があったら是非ご紹介下さいませ。
    2008.10.22 21:09 | URL | #ysuzPZ9s [edit]
    ゆげ1号 says..."拝見しました!"
     なんかブログやっててこういうリアクションいただくことはあんまりないので(ここによく登場する「該当者氏」くらい)、かなり新鮮でした(笑)。ありがとうございます。

     ブログのコメントにも書かせていただきましたが、やはり同じコースを走っても、全然見るポイントが違うんですねぇ。なんか復習しに行かなきゃ・・・って思いました。

     といいつつ、現在ゆげ1号のKHSは入院中(涙)
    無事帰ってくると良いのですが・・・
    2008.10.23 01:36 | URL | #- [edit]
    むるきち says...""
    見るポイント…、それはアップライトと寝姿の視点の違いも
    大きいと思います。

    走りながらの物見遊山はリカンベントの真骨頂!!

    この本とnuviがあればしばらく遊べそうです。

    早く退院してくるといいですね。
    フレーム系じゃなんともなりませんものねぇ。
    2008.10.25 17:35 | URL | #YdYzgIcs [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/212-e4204576
    該当の記事は見つかりませんでした。