softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    悩めるサドラー 番外編(熟年初心者仕様という解)

     実はひそかに地名・住所好きのゆげ1号。


     特に「飛び地」とか「境界未確定」の土地とかは、現在進行形の紛争当事者にとってはたまったものではないのだろうけど、そこにかつて存在した「守りたいもの」や「譲れない何か」が、いつしか時間に身を削られて実体を失ってしまった後も、磁場のようにその地一帯を押さえ込んでいるような・・・不思議な力を感じます。いやオカルト的な話じゃなくて、あくまでダークロマン的な感慨でしかないのですが。


     そして、そういうモノが引き起こす運動のひとつが、独立運動。
    2008年現在でも、南オセチア自治州の問題とかあちこちで火の手が上がっていますが・・・政治問題にまったく興味を示さない当ブログにおいて注目するのは、


    「大宮独立運動」


    国を失ったり追われたりした民族が樹立するのは・・・亡命政府。
    じゃあ大宮市を失った人たちが樹立するのは・・・大宮亡命市役所


     確かに、筋は通っている。
    おまけに上記サイト管理人はさいたま市議に当選してる。
    サイトの中身もまぁまじめだ。


    すげぇ、本気だ(笑)

     


     

     さてそんな前フリとはまったく関係なく、今回のお題は「CrossRiderを親父にフィッティングさせる」の巻。
    先日実家へ送ったCrossRiderは、特に破損もなく、無事に到着していました。
    前後輪をさくっと装着し、各部のゆるみなどを一通りチェックしてから、いよいよ親父を乗せてフィッティング開始です。


     CrossRiderのフレームサイズは49(適応身長158~172cm)
    一方、親父のフレームサイズは約170cm(標準体型くらいだが結構筋肉質、さすが元自A官)
    フレームサイズはぴったり。サドル高、前後位置は問題なく決まる。
    乗っている姿を見ても、バランスは悪くない。


     上体がちょっと起き気味なので若干ステムが短め&サドルももう少し高くできるかなぁとも思うが、まぁフラバーということもあるし、当初はこんなもんか。
    まずは自転車に慣れてもらってから徐々にポジションは追い込んでいけばいいだろう。


     さて、問題はサドル。

     
     CrossRiderについていたサドル(SpecializedのIndie)はクッションがそこそこ柔らかい、どちらかというと快適志向のサドルです。
    ゆげ1号のサドル遍歴(こことかここ)のなかでも結構高評価だったため、正直なところ当初は親父バイクからはIndieを接収してしまい、ゆげ1号予備サドルとしてストックしておこうかとも思っていました。代わりにF20-RAにつけていた茶色のサドル(ロンディネの前についていたやつ)でもつけてやればいいかなー、くらいに思っていたのですが・・・


    ですが、ゆげ2号が

    「あのねーそれは酷いんじゃない?ビギナーが一番つらいのはお尻関係でしょ(「ちにてんてん」じゃなくても)。うちらだって、Indie使ってさえ当初は尻腫らしていたくらいなんだから、F20-RAのサドルみたいな硬めのサドルなんて初心者にはもってのほかなんじゃないの?」


    「ただでさえ、お義父さんダイエット成功して贅肉落ちてるんだから、多分お尻の自前クッションがかなり減ってるよ、あんたと違って


     という経緯の末、親父にはIndieを進呈したのですが、いかんせんこれが合わない。
    親父の尻は、なんつーか、坐骨が異様にとんがっている。
    ベンチとかに座って腰を動かしただけで「ごりごり」という音がするくらい。
    さらに、ウォーキングで減量した結果なのか歳とったからなのかわからないけど、尻肉も薄くなってクッションがあんまり効かなそう。


     座る位置を変えたり、あれこれ試してもまったく効果なし。
    たしかにこれじゃあ辛そうだ・・・


    「やっぱり俺の尻、おかしいよなぁ・・・ママチャリなら特に痛みもかんじないんだがなぁ・・・」

    #関係ないけど、こんなに「親父の尻」を連発することになるとは思わなかった(笑)


    ほう、それ、試してみよう。

     
     実はパーツの規格や造りが驚くくらい整合しないママチャリとスポーツバイクですが、サドルのレール幅は共通なんですね。シートポストへの取り付け方は全然違うのですが、サドルそのものは互換性があるわけです。


     ということで、実家の庭先で静かに余生を過ごしていたママチャリからサドルを引っこ抜いてCrossRiderに装着。これでどーだ!ちょっくら走ってきてくれい。

     
     辺りを1周してきた親父がガッツポーズをしながら帰ってきます。
    ツール・ド・北海道か!


     出来上がりはこんな感じ。
    STIL0002.jpg 
     まぁフォルムは若干もっさりしているものの、まぁこれはこれでありか。
    サドルにスプリングがついているので、サス付きのシートポストは余計だなぁ。多分長距離走ると、パワーロスが大きそう。
    シートポスト自体にガタもきてるので、これはそのうち交換してやろう。


     でもまぁ、なにより、まずはストレス無く乗れることが大事。
    楽しい自転車通勤生活をお送りください。


     そして、親父をよろしく頼みます>CrossRider

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/203-b6561ffa
    該当の記事は見つかりませんでした。