softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    製品や企業シンボルなんかの色は地味にしっかりと規定されてるのだ、普通

     唐突ですが、これがペルーのソウルフード(?)インカコーラ

    DSC00802.jpg 
     8/24の国立天文台特別公開@野辺山にて「ペルーの電波望遠鏡を支援する会」が募金活動の一環として販売していたものです。去年は散々遊び倒したのですが、今年はなんせ「ゆげ3号リリース」の関係でどうしてもいけず、不憫に思った該当者氏がお土産に買ってきてくれたものです。ありがとー!

     あぁ、でも、天文台マダム & 野辺山(今は東京ですね)の仙人氏に会いたかったなぁ・・・ byゆげ1号&2号

     

     さて話は変わって、日本でおなじみなのはコカ・コーラ。
    あんまり意識しないと思いますが、「コカコーラの赤」はいわゆる「普通の赤」ではなく、特殊な色配合で作られたものなんだそうです。
    こちらなんかを読むと、コカコーラだけではなく、商品や企業シンボルってぇのは色に対してとても細かく設計・規定をしたり、深く込められた思いがそこにあるということがうかがえます。 

     

     たとえばドコモレッド。
    「優しさなどヒューマン(人間味)な感じと、明日への未来感を持たせるデザインに、 暖かみを感じる赤を採用した」(NTTドコモ代表取締役社長 中村維夫氏)らしい。


    四版分解の近似色はC15%、M100%、Y80%
    RGBの近似色はR204 G0 B51

     

     たとえば吉野家のオレンジ。
    昭和40年代、当時の社長・松田瑞穂さんがアメリカのコーヒーショップの屋根色からヒントを得て、1km先からでも目立つオレンジ色を看板の色として選んだらしい。
    http://www.yoshinoya.com/faq/history.html#faq03

     

     たとえばビアンキのチェレステ(青空色)。
     イタリア王室 アルゲリータ女王に自転車を献納したビアンキ創設者のエドアルド・ビアンが女王の瞳の色をファクトリーカラーに。
     海軍で船に塗る塗料が大量に余ったといううわさもあるらしいがそんなありえそうな話はignore(笑)


     毎年1月1日に職人がミラノの空を見上げて「今年のチェレステ色」を配合するらしい。
    だから年によって色がびみょーに違うのか。

     

     そして、鮮やかな青色のフレームが美しいGIOS。そのシンボルカラーは言うまでも無くGIOSブルー。
     ある日、代表アルフレード・ジョス氏(GIOSは正式には「じょす」と発音するらしい)のがミラノの塗装メーカーに出向いたときのこと。


    「あれ?この「GIOSブルー」って何?」

     

    うーん、イタリア人って素敵だ(笑)

    参考文献:イタリアの自転車工房物語

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 10 comments  0 trackback

    10 Comments

    むるきち says...""
    以前の愛車、同じイタリア製のランチアY(イプシロンと読みます)は
    100色のオーダーカラーが有名でしたが、同じ色のはずなのに
    並べると明らかに色が異なるそうで輸入元では同じ色の車は
    並べるなが鉄則だったらしいです。
    結局100色どころでなく色数は無限大という事らしいです。
    (正確にはロットで異なる?)

    こんなイタリア人って…素敵!!
    2008.08.30 11:35 | URL | #ysuzPZ9s [edit]
    ゆげ(1号) says..."そりゃまたいーかげんな(笑)"
    イタ車(って書くとなんか「痛車」みたいでやだな)暦長いんですね~
    それにしても、色の話、面白いですね。ありがとうございます。

     あんまり実体験的なものはないのですが、「イタリアの自転車工房物語」なんかを読んでいると、イタリア人も決して仕事が適当ってわけじゃないようですよね。実は労働時間も年間でみると盆・正月に休む日本人と思ったほど大差あるわけでもないし、結構仕事は真面目なんじゃないかと。

     でもおそらく、「ちゃんと」の価値観が違うんでしょうね・・・「同じ色の車を何台も所有するやつはいないだろ?」みたいに(笑)
    2008.09.01 00:44 | URL | #- [edit]
    元野辺山の仙人 says..."野辺山にきてくれて感謝"
    該当者氏さまには、わざわざ野辺山にきていただきありがとうございました。ふたたびお会いできてうれしかったです。
    ゆげーず1号2号さま、田舎にいっていて参加できないと該当者氏さまからうかがったのですが、ゆげーず3号いいいよリリース!?なのですね。ということは里帰り出産?。うちの子供たちも里帰り出産で、その期間は毎週マダムの実家にかよっておりました(^^。

    ところで、9月7日にペルーの石塚親子のことがNHKのBS1で放映されます。ぜひこちらも。
    2008.09.02 21:01 | URL | #- [edit]
    ゆげ(1号) says..."今回は残念でした"
    ご無沙汰しております>仙人さま
    該当者氏からも話は聞きましたが、お元気そうでなによりです。

    そうなんです。3号リリースなんです。
    私もだいたい2週間に1回くらいのペースで2号の実家@北海道に通っております(^^; 

    9月7日のBS1、すごく楽しみにしています。
    教えていただきありがとうございます。
    2008.09.02 23:58 | URL | #- [edit]
    該当者 says..."昨年と違って生憎な天気で。。。"
    仙人さま、当日はおつかれさまでした。
    昨年は”夏だ~”というような天候で八ヶ岳も綺麗に見えていましたが、今年は正反対の生憎な天気で係りをされている皆様も大変だったのではないでしょうか。

    今回は帰省の途中ということもあり、あまり長い時間はいられないとは思っていたのですが、結局屋外は45mパラボナアンテナ(動かしたかったです)と大阪大学のアンテナぐらい、屋内は太陽観測所とマダム様のところしか行けなかったです。
    今回の一番の成果は前々からなんとなく分かっているいる気がしているけど本当のところはどうなんだろう???とずーーーとくすぶっていた「なんでそんなに受信機を冷やさないといけないのだろう」ということを大阪大学?東京大学?の方に聞けたことでしょうか。といっても思いっきり文系で数字、数式に縁遠い人間なので概略が分かったつもりでいるだけなのですが。

    今年はJAXAのISASの公開にも行けず、夏休み的な余裕もなかったので、短い時間でしたがいい気分転換になりました。
    次は三鷹キャンパスの一般公開でお会いできたらと思っております。
    2008.09.06 21:54 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    ゆげ(1号) says..."そんな天気の中"
    金蘭黒部の辛口原酒などなどを仕入れてきてくれたんですな。
    ありがとうございます。白馬錦の原酒より日本酒好き向けですな。最近酒量が減っていたのに、あっという間に空けてしまいました^^;

    それにしてもこの酒、ネットで検索しても出てきませんね・・・
    うーん、ちょっと取っとくべきだったか

    業務連絡:近いうちに清算を(汗
    2008.09.08 00:11 | URL | #- [edit]
    該当者 says..."あのお店のオススメって"
    あの店のオススメって普通に売っていることは少ないのではないですかね。
    特に原酒系は独自ルートで仕入れていると思いますから。

    しかし今回の帰省の間はほとんど雲または雨(帰る日は晴れでしたが(T-T)/)とBD-1を持って帰ったのにほとんど乗ることなく終わってしまいました(何とか20kmだけ乗りましたが。予定では輪行するつもりだったのにな~)。
    晴れた安曇野を走れるのはいつになることやら。。。

    ちなみに9月13日にあの周辺の酒蔵が一堂に会した呑み歩きがあります。ちょうど帰らないといけないので行ってきます。

    北アルプス三蔵呑みあるき
    http://www.city.omachi.nagano.jp/ctg/00148024/00148024.html
    http://www9.plala.or.jp/nomiaruki/

    呑みあるき自体初めてなのでどんな雰囲気なのか楽しみです。
    っていうか自転車ブログと関係ない内容ばかり書いている気が。。。
    2008.09.09 01:18 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    ゆげ(1号) says..."全く問題なし!"
    というか、是非レポートおねがいします!>9/13

    本当は10/4のイベントも行きたいんだけど・・・まだ予定が立てられないんですよねぇ・・・
    2008.09.09 01:28 | URL | #- [edit]
    該当者 says..."北アルプス三蔵呑みあるき"
    レポートをという話があったな~と思い出した今日この頃でして。。。
    今更と思いつつ再来週には「上諏訪街道呑みあるき」もあるので簡単に。
    ちなみに当日の様子などは実行委員会がブログを作っていました。
    「北アルプス三蔵呑みあるきブログ」
    http://nomiaruki.exblog.jp/

    で、いきなりなんですが、このブログに伊那街道呑みあるきのところで「上諏訪街道呑みあるきのコピーでは?」という話もあったとか。今回の北アルプス三蔵呑みあるきに行ってみて思ったのですが
    「別にコピーだったとしてもいいのでは?」と。
    ※そもそもまだ上諏訪街道呑みあるきに行っていないので偉そうなこといってすみません。
    酒蔵に個性があり、作るお酒もそれぞれ違いがあり、それが楽しめればどこで同じことをやっていいと思うのですがね。。。
    ただ特長を出せるかと言うことはあるかもしれませんが、少なくともその土地のお酒の特長など知ってもらうというだけでも十分やる価値ありだと思うのですがね。私は今まで知らないお酒に出会えたので十分楽しめましたから。

    さて、結論的なことは大体上で書いてしまいましたが、下は当日の私自身の行動&感想です。
    まずは今回の「北アルプス三蔵呑みあるき」の音頭をとっているといわれる「横川商店」さんにて呑みあるき用のお猪口を購入(1000円)。

    地図を貰って一番近い「市野屋酒店」へ。
    え~、よく信濃大町の駅前通りを通っていましたが、通り沿いに酒蔵があると気づきませんでした。今まで気づかずすみません。アーケードがないと雨の時大変ですが、あったらあったで気づきにくいですね。。。ええ、すみません。言い訳です。
    こちらでは平成7年に作った大古酒が特別メニューとして出ていました。呑めない私でも角が取れた味わいがある感じがしました。にごり酒や辛口のお酒など貰いつつ、お店の作りを社長が説明していましたのでそれを聞いてました。なんでも京の町屋造りをまねて作ったとか。家の土間にトロッコのレールがあるなどなかなか味のある建物でした。

    次によくお世話になっている?「薄井商店」へ。
    う~~~ん、なんとなく他の蔵に比べてちょっと積極性が足りないというか。いえ、具体的にというとちょっと困るのですが、とりあえず店先に呑む用のお酒を並べて参加していますという感じが。。。呑みあるきだからそれで十分いいんですけど、なんか「もう少し盛り上げましょうよ!!」という思いがしました。あ、お酒はどれもおいしかったですよ。

    次は三蔵最後の「北安醸造」さんへ
    ここのお酒は甘口が多いようで女性には人気があるようです。「いーずら」は確かに甘口でしたし、銘柄は失念してしまいましたが燗で頂いたお酒も美味しかったです。ここも市野屋さんと同じく蔵の中が見学でき、彫刻の展示もしていました。
    いつも大町に戻ると買ってくる「小谷錦(糖)」という飴(同じ名前のお酒も造っていますが)があるのですが、ここが作っていたんですね。。。うちの家的にはかなりヒットしているのですが、あんまり知られていないようなんですよね。。。Webで検索してもお酒は引っ掛かるのですが、飴ではほとんど出てこないんですよね。。。

    最後に横川商店さんに戻って横川商店さんのお味噌で作ったお味噌汁と諏訪の一夜漬けのきゅうりを食べました。酔いをすこし癒してくれる美味しさでした。結局、この時点でかなり酔っ払っていたので協力店さんのところなど寄れる状態ではなかったので撤収となりました(本当は竃神社のお祭もあったようなのでそれも見ていきたかったのですがとてもそれど頃の状態ではなかったので)。

    で、初めての呑みあるきでの教訓。
    一回に飲む量が少くなくても回数が多いと結局酔っ払う、と。
    ええ、呑めない体質なのに一回の量が少なかったので調子に乗って結局出ているお酒は全部飲んでしまいまして。。。帰る頃にはかなり酔っ払っていました。自分でもよく実家に帰れたな~と酔いが醒めてから感心していました。
    ただまた来年も開催していたら時期を合わせてきてみたいと思いました。どうも始めての催しのようですし、どんな感じに発展していくのか楽しみです。

    さて、次は10月4日の「上諏訪街道呑みあるき」です。
    http://www.enjoysake.jp/nomiaruki/
    今度は蔵が5つもあるので酔っ払わないようにしないと。。。でも次の日仕事がある感じだからいけるか微妙なんですけどね。。。本家だから雰囲気でも感じておきたいな~。

    以下は三蔵のホームページです。
    市野屋商店
    http://www.ichinoya.com/
    薄井商店
    http://www.hakubanishiki.co.jp/
    北安醸造
    http://www.dhk.janis.or.jp/~hokuan/
    2008.09.21 21:27 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    ゆげ(1号) says..."おお、詳細なレポート"
    ありがとうございます>該当者氏

    つーか、これ、コメントにしとくのもったいないですな。
    過去の記事にもぽつぽつと酒関係のねたがあるし、この際、新カテゴリ作っちゃおうかな。そのときは上のレポートも載せちゃっていいよね?

    コピー云々の話はねぇ・・・いいじゃんしても(笑)
    飲み歩きイベント自体の底上げになるんだし・・・

    しかし、長野は酒好きにはたまらん土地ですな。
    2008.09.23 00:43 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/198-9e80b6eb
    該当の記事は見つかりませんでした。