softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    【書評】じてんしゃ日記2008

     はい、ということで続編も早速読んでみました。

    じてんしゃ日記2008
     
    著者:高千穂 遙/一本木 蛮


     前作が「導入・入門」編だとしたら、今回は「実践編」ですかね。

    一本木 蛮さんの視線がおぢさん(高千穂氏)から「自転車生活」にシフトしていった感じがします。あ、いや、仲悪くなったとかいうことじゃなくて、一人で(正確にはだんなさまと二人?)歩けるようになって見えてきた視界、てな感じでしょうか。

     高千穂氏&一本木夫婦ペアを軸にした様々な自転車体験という大きな流れは変わりません。競輪体験や事故の話、ミニベロ好きの間で色々話題になったYS-11の話から輪行体験記など、様々な自転車の楽しみを伝えてくれる良書だと思います。


     そんななか、ちょっと「楽しい自転車生活」とは違うのですが個人的にもっとも膝を打ったのが「改正道交法」の話。まぁこの話はどこでも扱っているので目新しいことはそんなに書いていないのですが、やはりここはマンガというフォーマットの力がもっとも発揮されていると思います。とってもわかりやすい。そのわかりやすさと高千穂氏の怒りオヤジ的キャラがうまくフィットしてるなー、と思います。

     
     この本、続けて出せないんですかね。
    というか、連載にできないんですかね。疋田氏&ドロンジョーヌ女史のコンビにも劣らない・・・と思ったけど、高千穂氏のギャラ高そうだなぁ(笑)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 自転車本書評
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/189-e98175a7
    該当の記事は見つかりませんでした。