softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    お気に召さないか?

     「ミニベロ街乗りバイブル」のこと書こうと思ってたんですが・・・1週間くらい書いたり消したり。結果的にかなり読み込んでしまったゆげ1号です。


     いや、面白かったですよ。小径車試乗インプレッションも結構いろんな車種について掘り下げてコメントしているし、インタビュー記事もかなり読み応えがありました。DAHONとタイレルの試作品は一見の価値ありかと。あと、台湾が誇る自転車メーカー、パシフィック社@台湾のこともずーっと気になっていたので、なかなか読み応えのある誌面でした。
     あと、激安小径車のインプレもなかなか自分では比較できないネタなので、興味深く読みました。


     問題はこの後なんだよな。いや読んでる自分の問題なんでしょうけどね・・・単純にKHSの評価がちょいと辛いのが気に食わないなぁ、でも書いていることはあながち外れてもいないとも思うしなぁ、確かにRACは高いしなぁ、それにKHSの乗り味は確かに「走れやゴルァ」な感じといえなくもないしなぁ、他の自転車の事わからんからそんなもんかもしれないなぁ、でもなんか面白くないなぁ・・・単純に自分のお気に入りを貶されてむくれているだけなのかなぁ、でもなんか腑に落ちないんだよなぁ・・・と愛しさと切なさと煮え切らなさ全開で逡巡しつつ、ずいぶん読み込んでしまいました。 

     
     基本的にゆげ1号が書籍とか「カネ出して手に入れるメディア」に求めるのは「こりゃ自分じゃ無理だわ」が入っているかどうか。それを受けて色々思い悩んだり考えたりする時間があればあるほど「元とった!」って思えます。
     そういう意味では買ってよかったです。



     二つだけ言いたい。ごく個人的な想いですし、多分どんなに気をつけても自分の愛車、まぁ正確には紹介されたのはF20-RACなんでウチのRAより遥かに高価なモデルですけど、とにかくKHSの評価にいまいちがっかりしている故の「負のバイアス」がかかってしまうのはやむなしだろうが、そこはご容赦。

    • 戯言その1:アリtoキリギリスの石井さんが書かれているKHSのインプレッションはすごく共感しました。よく特徴つかんでいると思います。他のインプレは乗車経験がないので良く判りませんが、「自転車が好き」というポジティブさをベースとしつつ、ブレのない感性で筋の通ったインプレをしていたと思います。
    • 戯言その2:以前の本でやった特集みたいにインプレの評価軸は一本筋を通して欲しかった。紹介された車種のグレードも価格帯もばらばらで、各車種ごとのレーダーチャートもこれじゃあ「評者お二人のココロレーダー」でしかない。
      結局、資料的な深みに欠けるし、かといって主観の発露で読者を引き込んでいくほどの文章力もない。

     

    #しかし我ながら酷い言い様だ。
    #でも、主観の発露で人に何かを訴えかけるなんてことは 本当に大変なことだと思う
    #じゃ、このブログは? あぁご指摘のとおりですね(棒読み)


     あの本って、各車種のオーナーが読んだらどういう感想持つんだろう。他の人の感想が知りたいなぁ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 自転車本書評
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    gaku says...""
    こんばんは!身体の具合はどうですか?
    また一緒に仕事できる日を楽しみにしています。

    「カネ出して手に入れるメディア・・・・」に何かを求めるのは当然のこと!

    でも車種のグレードも価格帯もばらばらな車種を、レーダーチャートに纏めるだけでもきっと大変なことだと思います。

    人の意見は「意見」として素直に傾聴し、自分の物差しを大切に愛車を可愛がる。

    私はそうして愛車との付き合いをしています。参考まで・・・
    2008.06.09 22:05 | URL | #- [edit]
    ゆげ(1号) says...""
    いやはや、どーもです。ご迷惑おかけしました。
    そろそろそちらに復帰予定なので、またよろしくお願いします。
    (えーと、これで意味が通じてなかったら私が人違いしてます。ごめんなさい)


     コメントもありがとうございます。いやはやお見苦しいところを(笑)。
    多分、自分の物差しがまだ固まってないが故にふらふらしてしまうんでしょうね。いただいたコメント読んで、そう感じました。

     
     でもまぁ、KHSの話はおいといて、この本の造りは結構チカラが入っていると思います。是非立ち読みしてみてください(笑)
    2008.06.10 00:17 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/173-145536c6
    該当の記事は見つかりませんでした。