softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    足回りプチカスタム! その3(SPDの使用感など)

    その1 チェーンリング編
    その2 ビンディング購入編 


     ということで、ビンディング(SPD)をF20RAで使った感想です。
    導入後おそらく200kmくらいしか走っていませんが、その中で気づいたことなど。



    ■セッティングは今のところこんな感じ

    • クリート締め付けの強さ(どれくらいシューズを強く固定するか):中位
    • クリートの取り付け位置(横方向):一番内側(親指側)寄り⇒これはまだまだ要調整
    • クリートの取り付け位置(縦方向):一応拇指球と合わせる

    ⇒後述しますが、結局導入後の200kmは「SPDとそれによって変化した乗車ポジションの再調整」のために走ったようなもんです(笑)



    ■率直な感触

     正直なところ「引き足」というものはなかなか実感できません。でも間違いなくエネルギー効率は向上しますね、これ。
     実際、いつも走っているコースでの平均時速が2~3km/hくらい(正確にデータ取ったわけではありません)上がった感じです。特に坂道は楽になった度合いを強く実感できます。
     一方、これもあまり数字自体は正確ではありませんが、概ね平地で15~20km/hを下回るような速度で走る場合は、あまり効能は感じませんでした。

     
     あと、片面SPDペダル故、人通りの多いところなどでロックをはずして走るときには「固定されていたときの快適さ」を逆説的に感じます。



    ■危なくないの?

     急に停車するときだけですね、危ないのは。
    特に低速で走っていてきゅっと止まったときなんか、「止まる」という意識が希薄であるが故に同時にやらなきゃならない「ペダル外し」をすっかり忘れてたりするわけです。はい、これがゆげ1号の得意技「立ちゴケ」の正体(笑)
     その一方、高速で走っていてフルブレーキの時(ってそんなに機会ないですけど)は意外と大丈夫でした。あと高速走行時のスリップ~落車の時も自然に外れてました(わはは)。



    ■ということで是非

    • サイコンと連動して時速10km以下になるとロックが最弱(ほとんどロックされていない)になるペダル
    • もしくはブレーキが一定以上の強さで引かれるとロック解除されるペダル

    を熱烈希望(笑)


     つーか、タウンユースでは非常に良いと思うんですよね。街中であってもやっぱり坂道なんかは固定されていると楽だし、その一方で低速走行時のパニックブレーキの機会も多かろう。今街乗りのチャリも売れているみたいだし・・・

     ということで、SPD-UL(UnLockの略)なんてどうでしょう?だめ?
     


    ■やっぱり引き足って・・・

     「足を回す感じ」とかいろいろ言われるのですが、これは難しいですね。こればっかりはそれなりの鍛錬を積まなければ会得できないのかなぁ・・・と思います。
    ただし、引き足をマスターしなきゃ楽にならない、というわけでも無いです。


     そもそもペダルに足が固定されることで、足が下死点に到達した時に「もっと下に行こうとする慣性力」の向きを「足を後ろに擦る」ことでクランクをぐるっと回す力に変えることができる、って感じですかね・・・うまく表現できませんが。

     まぁ足が固定されていることで下死点以降もペダルに力を加えることが出来るわけですから、うまく使いたいですよね。



    ■乗車フォームが結構変わります

     まず最初に、尻が痛くなりました。これは引き足を意識した結果、足を「引き上げる」時にお尻がサドルに押し付けられる為だと思われます。よーするに今まで「ちゃんとサドルに座ってなかった」ともいえますな。
    ⇒この件はサドル位置のちょっといじって「坐骨」がサドルにあたる場所を調節することで解決・・・というか、それによりかなり「痛くなく、ペダルもしっかり回せる」フォームになったような気がします。



    ■サドルの高さもちょっと影響を受けました。

     今までは「踏み込む」ことでしかペダルにパワーを伝えられなかったので、(それが本当に効果があるかどうかは別として)どうしてもサドルを高くして「踏み込み」をしやすくしていました(結果的に)。それが「下死点以降も足が拘束される」ことで、そんなにサドルを高くする必要が無くなりました。その結果、ちょっとだけサドル高が低くなり、ポジション的にもちょいと楽になりました。


     んー、こう改めてみると、ポジションはずいぶんとあーだこーだやってますねぇ。



    ■一番の違いは「意識」

     まぁ同じ時期に「ロードバイクの科学」を読んだせいもあるのかもしれませんが、ビンディングの導入で一番変化したのは「自転車との付き合い方」ですね。
    結局、上記のようなポジション/フォームの試行錯誤や「引き足」の練習そのものが非常に奥が深く、自転車に乗るモチベーションの源が「自転車を漕ぐことの面白さ」にシフトし始めました。

     いや、今でもスポーツ指向では決して無いのですが、「深大寺の蕎麦目当てポタリング」より「引き足の練習に多摩川走行」を選ぶなんて、正直1年前の自分では考えられません。この意識の変化には正直驚いています。


     あ、ちょっと違うな。モチベーションの源が「シフトした」んじゃなく「増えた」んでしょうね。
    うまいもの目当てのポタリングも全然やりたいし(笑)



     てなわけで、ビンディング、おすすめです。
    「小径車でそんなに本気っぽいパーツはどうよ?」って思われる方も、是非ご検討を。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    該当者 says..."買いました"
    ということでビンディングシューズを買いました。
    買ったのはシマノの SH-MT21 というのです。
    履き比べてみて自分のサイズは45で、45のサイズがあったのがこれだけというのとパッと見普通の靴と変わらなさそうなので買っちゃいました。

    今日履いて乗ってみましたが、やっぱりやっちゃいました>立ちゴケ
    のどが渇いたな~と自販機の前に、のろのろ止まったら外し忘れてドテと。
    そのまま水を買って擦り傷を洗い流しました。(^^;

    引き足の有効性を感じたのはやはり上り坂ですかね。
    まだまだなれる&引き足を使いこなすには時間がかかりそうです。
    2008.06.15 18:41 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    ゆげ(1号) says..."わはは、いいオチだ"
    買っちゃいましたか。ペダルは例の三ヶ島のやつですか?
    靴紐だけはご注意あれ。巻き込むと大変なことになるから。

    引き足って難しいですな。
    モノの本などを読んでも結構書いていることが違うし。
    まぁ色々と試しながら走るのもいいやね。走ること自体が結構おもしろくなるし。
    2008.06.15 21:56 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/169-b57dd242
    該当の記事は見つかりませんでした。