softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    One Love Jamaica Festival@代々木公園 その1

    代々木公園3本勝負の2本目、ジャマイカフェスティバル


     先週のタイフェスティバルに辛くも勝利を収めた我々は、疲れた身体を休める間も無いまま、炎天下の元ジャマイカフェスティバルに立ち向かうのだった。網膜に焼きつく鮮やかなラスタカラー、地を震わせるようなサウンドシステムの重低音、大味なジャークチキンや傍若無人なパトワの応酬に、二人は生き残ることはできるのか・・・


     冗談はともかく、今週も行ってきました代々木公園。


     個人(1号)的な期待感としては、なんといってもランキン・タクシー。ここしばらくは全く動向を知らなかったのですが、はるか昔にひょんなことから彼(デビュー当時くらい)のことを知り、当時住んでいた極寒の北海道から、彼のCDやそれをきっかけに知ったダブ系のレゲエなんぞに耳を澄ませ、常夏のジャマイカやランキンタクシーが細々と(失礼、当時の話です)活動している東京に想いを馳せていたもんです。
     でもって、いつもの道のりを自転車で走り、11時50分くらいに代々木公園へ到着。早速ランキンタクシーが主宰する「TAXI Hi-Fi」のスピーカーがお出迎え。
    taxi_hifi
     当時ランキンタクシーを知ったきっかけは、今は無き「マルコポーロ」という雑誌。たまたまその雑誌に親戚が登場していた号があり、その号の特集記事がジャマイカ特集でした。そこで建設会社のリーマンがジャマイカにはまって脱サラしてレゲエラッパーになり、サウンドシステムのチームを立ち上げた・・・というイカレたおっさんが紹介されており、それがランキンタクシーでした。
     もう20年以上前の話。


     そんな過去の思い出もあり、なんとなく実物を見れて感無量。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ご近所ポタ
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/15-8d62a79c
    該当の記事は見つかりませんでした。