softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    カテゴリ新設にあたり前書き

     どうも。唐突で恐縮ですが、妊娠6ヶ月のゆげ2号です(本当に唐突だ)。このパラメータについては自転車に関係ないし、『大人の社会見学』のように「自転車と関係ないけど書きたい!」というような話もなかったんで触れることがなかったんですが、ここ最近、自転車がらみで書けそうなネタがたまってきたので、隠しパラメータをカミングアウトするとともに新カテゴリーでちょっと書き残しておこうかなと思ったしだいです。

     その新しいカテゴリーとは
    『苦悩(?)のマタニティー』 by  山崎まさよし
    しっくりくるのが思いつかなかったので当座はこれで。そのうち変更するかもしれませんが。

     何が『苦悩(?)』なんだって話ですが…思い起こせばつわり中のゆげ2号は、においに過敏になるあまり、自転車どころか外出もままならない状況でして。それこそ「玄関開けたら2分で吐瀉(としゃ)」れる自信があったくらい。で、極力においを排除した部屋の中でカットパイン(当時の主食)を貪り食いつつ思うこと、それは…

     自転車に…KHS F-20RAに乗りてーよお!!

    ということだったわけです。つわりも辛かったですけど、外の排気ガスや夕餉(ゆうげ)のにおいだけで気持ち悪くなるもので、自転車にも乗れなかったのがホントに辛かったんですよねぇ。マスクすれば?いや、マスクのにおいもダメなんで…。

     そうこうして数ヵ月後、ようやくつわりも軽くなり「これで外出、もとい自転車解禁か?!」と思ったのですが、気がつけばお腹が目立つようになっている…。「待てよ、妊婦って自転車乗っていいのだろうか?」「乗っていいとしても、いつまで乗っていいんだろうか?」「うちにはクロスバイクもあるけれど、できればKHSの方に乗りたい。でも前傾姿勢って大丈夫なんだろうか?」etc. 色々な疑問や不安が出てきてしまったわけですな。まさに『苦悩(?)のマタニティ』。

     「そんなに悩むんなら乗らなきゃいいじゃん」とあなたは言うでしょうか?でもですね、車を持たないゆげーずにとって自転車は趣味であるとともに生活の足でもあるわけで、そう簡単にはいかないのです。ゆげ2号の最大のストレス解消法は「自転車」ですし、そもそも景色がいいところ以外では歩くの嫌いだし。

     そんなわけで、当然ですが健康面・安全面を留意しつつ、妊娠中の自転車生活を模索する日々が始まりました。次回からそんなこんなな話を書き綴っていこうかと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/149-4b1951d1
    該当の記事は見つかりませんでした。