softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    大人の休日(笑) 東京散策(後編)

    前編 中編 番外編 


     結局1週間かかっちゃいましたね。

     もうすっかりいつもの調子に戻ってしまい、イケてるわけでも勝ってるわけでもないけどとても楽しい自転車散歩、後編です。


    ■15:20 水上バスへ
     さてさて・・・日本科学未来館の後は、今回最大の目的、水上バスでございます。 

    フェリーターミナル(船の科学館)
     公式ホームページによると路線はいろいろとあるのですが、今回は「船の科学館・品川水族館ライン」に乗船します。 


     ちなみに、自転車の持ち込みは「そのまま持ち込み」の場合は子供料金、「輪行袋に入れて持ち込み」の場合は無料。なお自転車持込は混雑しているときなどはNGだそうで、特に隅田川ラインは週末を中心にお断り率が高いとのことです。


     そんなわけで初体験ということもあり、空いていそうな(失礼)ラインを選んでみたのですが・・・乗客は我々の他1組のみ。
    ほとんど貸切(笑)


     桟橋はこんな感じです。 
    船着場
     

    自転車と人は一緒に乗り込み、後部の船室に通されます。 
    船内のF20R

     

    では出発です。 
    水上バス①
     水上バスって、重心が低いので乗客はかなり水面に近いポジションから外を眺めることになります。
    これがまた、普段とは違う視点でわくわくします。

    1号: いいねー
    該氏: いぃねぇ!

     普段あまり感情の起伏を表に出さない(だけで実際はかなり情緒豊かな人なんだけど)該当者氏の声が大きめだったので、きっと本当に良かったんだろう(笑)。
     いや本当に気持ちいいです。二人とも船がほぼ貸切状態なのをいいことに、船中を歩きまわって写真撮ったりサイドデッキでまったりしていました。


     船内の様子はこんな感じ。外の様子を切り取った、額縁のような船窓。
    船内

     ちなみにこのコース、お台場から京浜運河に入って平和島あたりの「しながわ水族館」行きとなります。
    この運河沿いの風景はいろいろな建造物を普段見れない角度から見れます。


     これ、火力発電所ですね。 
    火力発電所
     該当者氏撮影


    運河にかかる橋の下をくぐります。 
    水上バス②
     そろそろ陽が傾いてきました。


    隣をモノレールの軌道が走っています。 
    水上バス④
    となると・・・やっぱり走っているところが見たくなります・・・

    が、そんな期待はあっさりと叶えられます。
    モノレールってずいぶんな頻度で走っているんですな。


    動画も撮ったのでどうぞ 
     

     

     

     一方、モノレールが走る方の反対側は公園になっています。 
    対岸
     
    こちらは以前走ったのですが、とても走りやすくおすすめコースでした。 
    この近辺でレンタルサイクル屋をやったらすげー需要あるんじゃないだろうか。

     

     そうこうしているうちに、しながわ水族館に到着。

     
     こちらからお台場行きの復路には、お客さんもそれなりに乗り込んでいたようです(自転車載せられないほどではないけど)。

     よかったよかった。

     

    ■帰路へ


     帰路はこの辺りに来たときの定番コース「呑川」を使って世田谷方面へ進みます。
    途中で大森を抜けていったのですが、この辺りは雑色といい梅屋敷といい蒲田といい、味のある商店街の宝庫ですな。

     今回のコースだとちょうど大森を突っ切って蒲田あたりから呑川へ抜けていくので、今度はこの辺りのおいしい惣菜屋さんなどを調べておいてコロッケかなんかでエネルギー補給もいいなぁ。


     ま、結局食うことばかりですが。

     

     本日の締めはこちら。 
    山河の湯
     該当者氏の母上も推薦(笑) 瀬田温泉 山河の湯でございます。
    公式HPはこちら。http://www.setaonsen.co.jp/
    駐輪スペースはありますが、それほど大きくありません。判ってしまえばどうってことない場所ですが知らなければちょっとわかりづらいので、場所は是非フロントで確認してください。


     ここは「100%天然温泉」だそうで、確かに泉質はいいかと。
    お値段はちょいと張ります(2300円也)が、中は広いし、休憩スペースも充実しているので、ゆっくり過ごすのもいいかもしれません。
     いいじゃないですかこれくらいの贅沢しても。

     中は普通のお風呂から寝湯、サウナ、露天風呂なんかが一通りあり、かつ露天風呂の先には「水着着用」の混浴露天なんかもあるようです。詳しいインプレはこちらなんかもどうぞ。

     ゆっくり浸かった後は体が芯から暖まっていました。
    おすすめです、ここ。

     


     

     結局走行距離は50kmちょい。


    築地・お台場・水上バス・温泉と、それらをつないだのはもちろん自転車。
    振り返ればとても盛りだくさんな一日でした。


    お疲れ様でした>該当者氏

     

     さて、ナイトライドとか東京散策とかいろいろやっていますが、どうやら「東京をいろいろ走ってみる」というのは今年のテーマになりそうです。
     該当者氏がいろいろとアイディアを出してくれたので、ひとつづつやっていこうと思います。

     
     とりあえず、忘れないようにちゃんと書いておこう。
    (該当者氏発案 東京/江戸再発見コース例)

    • 鯛焼き紀行
        麻布十番の「浪花家総本店」
        四谷の「たいやき若葉」
        人形町の「柳屋」 
        根津の「根津のたいやき」
    • 江戸五色不動巡り
       三軒茶屋の目青不動から始めて目白、目赤、目黄、目黒不動まで
    • 財閥倶楽部巡り
    • 六大学巡り
    • 東京の善光寺巡り
    • 江戸三大祭巡り
    • 玉川上水下り

     なんか雑誌の特集みたい(笑) でもセンスありますよね。

    もし先にやっちゃった人がいらっしゃったら、是非レポートを!
    それ参考にして走りますから!(笑)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag : F20-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/128-244e5d98
    該当の記事は見つかりませんでした。