softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    小径車 vs クロスバイク 乗り比べ

    ゆげ1号@実は走り初めの前にもちょっと走りにいってたことを思い出しました。


     年明けすぐに、これまでに何度かF-20RAで走った道を、本ブログではほとんど登場していないクロスバイクで走ってみたときの話。

     ちなみに車種はもう現行ではないSpecialized CrossRider(06)

     せっかくなので、F-20RAとの比較でも。なお、大まかなスペック差はこんな感じです。

     

    F-20RA(06)

    CrossRider(06)

    重量(kg)

    10.4

    13.5

    フレーム素材

    アルミ
    カーボン(Fフォーク)
    クロモリ(ソフトテール)

    アルミ

    タイヤサイズ

    20inch

    700×32C

    フロントサス

    リアサス

    ソフトテール

    前ギア段数

    2

    3

    後ギア段数

    9

    8

    ※CrossRiderのタイヤは38Cから32Cにダウンしています。


    さてさて・・・ポイントになるのはタイヤ径、サス有無、重量ですかね。


    1.巡航速度

     これは街中を走っている分にはほとんど変わりませんでした(どちらもavg=20km/h強>へたれ)。
    ただ、CrossRiderの方は無意識のうちにいつもの所要時間内でつかなきゃ!と力入れて走ってしまったのかもしれません。


    2.疲労度

     上記のように同じ速度で走ろうとすると、明らかにCrossRiderの方が疲れました。ふぅ・・・重量差が効いてくるんでしょうかね>1,2


    3.体の痛さ

     やっぱりフロントサスの効果?それともタイヤ径?これはCrossRiderの方が痛くないです。


    4.坂道

     走ったルートはそこそこ坂道もあるのですが・・・ギアはCrossRiderの方が余裕あるものの、まぁよく考えれば当たり前なんですがF-20RAの方が圧倒的に楽。そりゃー3kgも違いますからね。

     



     こんな感じで、まぁF-20RAが小径車を代表していいのか?というところはおいといて、改めてF-20RAの走行性能の高さを感じさせられました。でも、だからといってCrossRiderが悪いというわけでもなく、お互いにいいところ、悪いところ、今後の改良ポイントなんかも見えてきました。
     以下、クロスバイクとF20-RAの比較という観点からの感想です。素人インプレなので話半分にどうぞ。

     


    ■共通して感じたこと

    • 自転車によってスピードは違う!
      エンジン(=自分)が一緒なら大差ねーだろって正直思ってましたが、やはり違いますね。素人的な感想ですが、F-20RAはエネルギー変換効率が高い反面、路面のごつごつも効率よく伝えてくれる(笑)
      CrossRiderはその逆ですね。
    • やはり軽さは正義(笑) 
      CrossRiderも11キロくらいまで落とせればかなりフィーリングが変わるんじゃないかと。フロントフォークをサスなしに替えれば・・・まてよそれじゃsirrus?
    • アルミフレームってどうなんだろ
      F-20RAなんかはアルミフレームのごつごつ感をソフトテール&カーボンフォークでカバーしている感じなんだと思うのですが、CrossRiderの方は「もしこれがクロモリフレームならどうなんだろー」なんて思ったりします。
      よく考えたら、クロモリフレームの自転車って長距離乗った経験がないんですな。


    ■F-20RAについて~Folding-Sportsという選択肢~

    • いい意味で「乗ってる感じ」が希薄
      道路と自分の間に介在しているモノが少ない感じがします。
    • ルックスはあまり語られない?
      でも、ゆげーずは「ブルホーン+STIレバー」のフォルムが大好きです。個人的にはドロップ化反対!
    • 「走るバイク」を「折りたためる」ということ
      輪行とかも何度かやってみて本当に楽しいのですが、個人的にfoldingの一番いいところは「いざとなったら畳んで帰れるんだから後先考えずに走れる!」ことですかね。
    • 通勤に使えるか?
      走りの良さはもう議論の余地はありませんが、果たして通勤に使えるか・・・実はF-20RAの小ささが懸念点ではないかと。軽いしフォルムも特徴的なので、正直、定期的に特定の屋外(駐輪場とか)に停めるのは自殺行為だと思います。駐輪スペースで他の自転車にぶつけられたりすると結構悲しい思いをしますし、軽いから持ち去りも簡単(涙)
    • 更なるエネルギー効率の向上を!
      今後のカスタマイズ指針は・・・ホイールもしくはハブですかね。軽量化にもつながればなおよし。


    ■CrossRiderについて~丈夫で長持ち、中庸なモデル~

    • ロングホイールベースの安定感
      やっぱり車体が大きい分安定感が違います。確かに重量があるのでその分体力は消耗しますが、安定感が高いことで「姿勢制御にかかる身体・精神的負担」は少ないです。まぁ後者もサイクリングの愉しみの一部ではあるように思いますが・・・
    • よく言えば中庸、悪く言えば中途半端
      まぁこれはよく言われているようですし、specialized社のラインナップから消えてしまったところを見てもそういうことなんだろうな、とお察しいたします。
      でも、 初めて自転車を買ったときに店員さんがこの車種を薦めてくれた理由として「どーせ1年くらい乗らないと自分の求めている方向性は見えてこないから、その1年間「不満は出るけど、乗れば楽しい」方がいいでしょ」とおっしゃっていたのは至言だと思います。
    • ユーティリティ化が今後のキーワード
      ゆげーずの環境においては、やはり日常使い+&の自転車というポジションになるんでしょう。その意味で泥除け、キャリア等の追加をしつつ、一方では軽量化(こっちもかよ)によって違う顔が見えてくるような予感があります。
      なお、タイヤについては元々38Cですが、32Cに替えてずいぶんと走るようになりました。リムは28Cまで対応しているようですが、32Cは結構気に入ってます・・・段差とかの強さと走りのバランスがいいように思うので。
    • いっそフレームの換装?
      ん?
      ひょっとしてクロモリへの浮気心?
      いやいやいやいやいや・・・・滅相も無い(棒読み)



    今年はよく走り、よくいじる1年にしたいです。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag : F20-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/119-0f609f59
    該当の記事は見つかりませんでした。