FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    駅と蕎麦の日々


    出先や乗換駅に駅そばがあれば、極力食べてみる。
    案外であったと肩をすくめることも無くはない。無くはないのだけれども、まぁそれはそれで良いのです。
    美味い蕎麦を食べたいのなら、ちゃんとした蕎麦屋さん行けばよいのです。じゃあ駅そばの良し悪しってなんなんですかって話なのですが、そこがまだなんか捉えどころないんですよね。
    果たして、今日も駅そばへ。


    色々な駅で食べ比べ始めてみると、ちょっとずつだけど見えてくることもある。
    これはたしかJR南船橋駅のいろり庵きらく(多分)で一時期出していた、紅生姜のかき揚げ蕎麦。
    JR東日本の駅蕎麦は何種類かあるけれど、経営母体はほぼ一緒。券売機もメニューも似通っているので、味だってどこで食べても一緒だろうと思っていたけれど、意外とそうでもない・・・という小さな発見。
    ここは紅生姜入りのかき揚げがすごく美味しかったんだよな。


    これはJR海浜幕張駅の「そばいち」だったか。
    これまた発見なのだけれど、冷たい蕎麦が美味しい店が必ずしも温かい蕎麦も美味しい訳ではない。
    なんなんでしょうねこれ。駅そばという、限られたコストを麺と汁、どちらに配分するかってことなんだろうか。

    ということは要するに、ひとつの店でも冷・温両方試してみないといけないということだ。


    処変わって小田急沿線、成城学園前駅の箱根そば。
    ここはけっこう美味しかった。

    駅そばって、生麺だったり茹で置き麺だったり色々なんですが、正直両者の違いはよく分からない。
    巷には立ち食い蕎麦のガイドブックみたいなものも売っていて、そういうのを読むと生麺だとか茹で置き麺だとか事前情報としてはわかる。でもねーそれこそ嵯峨谷の十割蕎麦くらいならおぉすげー美味いってなるんですけど、まぁ自分の中では生麺かどうかはあんまり関係ない。
    でもそう考えると、押し出し製麺機を店に配置して十割の生蕎麦を立ち食い価格で提供する嵯峨谷ってやはりすごい。でも恐らくだけど、駅そばの店舗面積だと嵯峨谷スタイルではペイしないんだろうな。
    その辺りの投資案配が駅そばの妙なのかもしれない。

    あとね、店に蕎麦湯を置いてる店は恐らく生麺を茹でているんだろうけどさ、蕎麦湯があるからって必ずしも蕎麦が美味しいとも限らない。


    市川駅の改札をでて、駅ビルの中にある「鈴家」。
    とにかくげそ天がでかい。そして汁は薄口醤油の関西風。でもってでかいげそ天のおかげで食べ進めていくと、旨味が汁に染み出してくる。いやほんと美味いのよ。


    汁の変わり種と言えば、辻堂の濱そば。神奈川って蕎麦の汁が甘めなのが標準、とか。これはこれで悪くない。
    あとここの唐揚げそば(うどん)の唐揚げがでかいのな。唐揚げ大好きな息子が食いきれなかった位。


    そしてここまで駅そばを並べ立てて置きながら、大手のゆで太郎や富士そばが出てこないんです。
    ゆで太郎は意外と駅近に無いんですよね。ひょっとするとそれは嵯峨谷とかと同じ理由?そして富士そば。実はあんまり好きじゃなかったんですが、最近こいつにドはまりしてしまい、むしろ行く先々で富士そばを探してしまう程に。


    肉骨茶(バクテー)蕎麦
    胡椒とニンニクが効いたスープが堪らない。160円足すと肉増量出来て、これは必ず増量すべし。

    もうね、これが好きすぎて今までめちゃくちゃアウェイ感満載だった品川への出張が楽しみになったくらい(品川という街が悪いわけではないのだけど)。

    販売店舗が限られているので、常に外出前には
    https://fujisoba.co.jp/news/entry/entry001466.html
    をチェックしている。
    それくらい好き。

    まぁキワモノメニュー故いつまでメニューに載っているか分からないので、きっと飽きるまで富士そばではこいつを食べ続けるんだろうな。

    そんなわけで、昔ほどではないながらも流浪の日々、駅そばを探す日々は続きそうです。
    なんか、そういう性分なんですねきっと。
    デスクに座っていられないというか。






    関連記事
    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1081-b95d0908
    該当の記事は見つかりませんでした。