FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    2019-2020帰省録 後編


    なんか間が空いてしまいました。新年早々、色々ありまして。
    ということで帰省話の後編。

    今となってはもうそこそこ雪も積もり始めたようですが、年末年始の札幌は本当に雪がなかった。
    帰省中に雪かきしなかったのは初めてじゃないだろうか。


    今回一番ショックだったこと。
    札幌での密かな楽しみのひとつ、極楽湯併設の食事処、ゆうゆう亭のそばがリニューアルされていた。
    かつては幌加内(ほろかない)産の蕎麦粉使用をうたい、ちょっと細めで蕎麦の香り高く、歯応えのよい麺が本当に美味しかった・・・なんか何度もこのブログで書いているような気もしますが、本当に美味しかったのです。

    それがいつのまにか、「信州そば」にリニューアルされてしまっていた。
    いや不味くはないのですが、この食事処に、いやあえて言おう、極楽湯弥生会館店に来る理由はあの蕎麦だったのです。
    それが失われてしまった。
    あの蕎麦がもう帰ってくることはない(たぶん)。

    思えば極楽湯に来はじめたきっかけは息子だった。
    まだ札幌勤務だった頃、息子が学校のイベント?でこの温泉に来て気に入り、後日我々を連れてきたのだった。
    そこでここの蕎麦に出会い、その美味さに魅了され、それからここに通うことになる。
    それまでは別のスパ銭ばかり行っていたのが、すっかり極楽湯党となってしまった。ポイントカードのポイントもずいぶん溜まり、何度も無料で入浴させていただいた。

    それから東京へ転勤したのに札幌に通う生活が始まり、それまで「ホーム」だった札幌が「アウェイ」になった。仕事の内容も随分変わり、これまで仲間だった人たちと利害がぶつかる状況も所々で発生したり、色々と慣れない状況に試行錯誤している中、札幌生活のしばし止まり木として本当によくここに通わせていただいた。

    まぁ何事も、時を経て変わっていくよね。



    札幌中心部の街並みも、ここ数年でけっこう変化しつつある。
    ビルの老朽化やら、北海道新幹線の札幌延伸やら、そしてひょっとすると2030冬季オリンピックを見据えたりもしているのでしょうか。



    そして東京に帰る日。
    かつて札幌に通いまくったお陰で入れるようになったプレミアラウンジも、そろそろお別れです。
    もうあんなペースで搭乗することもないし、ステータス会員のステータスも近いうちにランクダウンする。

    本当に今更ですが、昨年の転勤によって自分は新天地へ赴いたのだなぁ、と実感。
    家も東京で元々住んでいたところから変わらないし、表面上は通勤時間長くなったなーくらいの変化なのだけれども、やっぱり離れた場所がこうやって変わっていくのを目の当たりにすると、改めて思うこともある。



    今年の東京はオリンピック関連で、生活も仕事も色々なことがあるのだろうな。
    おまけにマラソンが札幌開催になっちゃったもんだから、今年の夏の帰省は時期を選ばないと面倒なことになりそうです。

    特に抱負や目標はないのだけれども、改めて、今この場が新天地なのだと気を引き締めようと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1079-47fefb78
    該当の記事は見つかりませんでした。