FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    どこまでも どこまでも


    はーしれ はしれ~ いすゞのトラック~
    ということで湘南台の「いすゞプラザ」へ。
    この日(土曜日)は体調が悪かったのだけれど、この館は日曜休館で平日は予約オンリーという難易度設定のため、どうしても土曜日にいくしかない。
    マスクをして、コンビニで栄養ドリンク一気飲みして、うっかり息子の策略にはまって横浜市営地下鉄で向かったら路線の端から端(あざみ野から湘南台)まで乗るはめになり、湘南台駅からは1時間に2本出ている無料送迎バスが出ているのでそいつに乗っていざ館へ。




    来てみると、すごくきれいな館内。
    いすゞの歴史だけじゃなく、クルマができるまでの行程をデザインスケッチ段階から製造、部品調達、検査までけっこうわかりやすく展示していたり、色々と見所が満載。



    エントランスで出迎えてくれるのは大正13年に作られた、ウーズレーCP型トラック。
    いすゞ自動車の前身、東京石川島造船所がウーズレー社と提携して関東大震災の翌年に初めて国産で作ったトラック、らしい。





    自衛隊の車両。運転席の中まで観たのは初めて。


    自動車ができるまで、の展示でいいなぁと思ったのがこれ。
    そうそう、QCD大事なんですよ。いいものを安く、だけじゃなくて安定供給できるか?まで評価して初めてモノ作りなんですよ。あぁここに連れてきて1時間ぐらいこのパネル復唱させたい奴が何人か頭に浮かぶ・・・

    話を戻そう。
    もうひとつ、感心した細かいとこ。

    他社の博物館のパンフレットもちゃんと置いてあるのよ。
    こういうところ来る人なんだから、クルマ好きなんでしょ?他社さんの博物館も楽しんでね、そしてクルマそのもののファンになってねというメッセージなのかな、と。
    いやまぁ主な客層が法人だから一般客相手にそんなにガツガツしなくてもいいのかもしれないけどさ、そういう夢のないこと言わないの。
    ねぇ。
    ちなみにもひとつ余談ですが、館内スタッフの方々が非常に上品な雰囲気でした。


    歴代の名車たち。息子はやっぱりこの初代エルフが好きらしい。
    ほんと、昭和な子である。



    いやー、やっぱりかっこいいわ。
    来てよかった。


    シボレーブランドも作ってたんだな。
    日野がルノー作ってたり、やっぱりそういう時代があったのだな。

    いやなんか、月並みだけどすごくよかったわ。
    ひとつだけ欲を言えば、パリで超バブリーなロケを敢行したCMでお馴染みのジェミニが観たかった。初代はあったけど、観たかったのはCMに出てきたあれなんだよなー


    そして帰りも送迎バスに乗り(さすがいすゞ)、帰路はおとなしく乗り換え案内に従って小田急経由で帰ったのでした。

    小田急の車内にて息子
    「ほう、トヨタ博物館・・・愛知か」

    関連記事
    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1077-541a98de
    該当の記事は見つかりませんでした。