FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    遠き日の幻影に向かって(と言うほど大げさな話ではない)


    このままだとこのブログが「小鉄おでかけ日記」になってしまうという危機感と、忘年会シーズンで体重がかなり危険水域に達しつつある現実、最近は体がランに順応しはじめてしまい走っても体重減らない焦りと、久しぶりに息子が母親とその友人たちとお出かけすることになったのがまるで惑星直列のように重なった日曜日、久しぶりにClub2000で走ってきました。
    いやね、最近はほんと仕事も大変なんですけど、意外と真面目にジョグとかやってるんですよ。でも最近ジョグもいつも決まったルートを走っているだけで、心身のリフレッシュにはなっているのだけれど、やっぱり人間、公私ともに同じことばかり繰り返し続けると気持ちも煮詰まってくる。時には体に新しい風を当てて、空気を入れ替えないと。

    前回走った後に、ペダルがちょっと破損していたので以前該当者氏に譲ってもらったMM-Cubeに交換し、体が鈍っているせいでちょっとハンドルが低いんだよなぁとステムの下にもう一枚スペーサーを咬ませてからはや数か月。

    ほんと、サイクリストの風上にも置けない。


    穏やかな多摩川、でも上流に行くとまだまだ台風の爪痕ががっつり残ってるんだよな。左岸をしばらく走っていたけど走れない場所も一部あったり。
    そして右岸に渡り、立川付近のサイクリングロードが一度途切れる場所から多摩湖方面へ。
    なんか振り返ればいつも同じこと書いている気がするけれど、やっぱり立川から多摩湖に抜けるのはいまいちルートがよろしくない。ここはひとつ、昔を思い出してちゃんと事前にルートを決めてEdge705に登録しておかねばなるまい。

    ・・・というか、よく考えたらこのEdge705、こいつももう10年選手である。最近流石にバッテリーがへたってきて、おそらく8時間くらいしか持たなくなってきた。でもね、こいつはすごい。なんたって本体が寿命迎えるより先に自転車へのマウントアダプタが先に供給止まってしまったので、今手持ちのマウントが破損してしまったらこれ以上運用できないのです。

    まぁ流石に10年前の製品なので、地図はスマホ+googleマップには到底敵わない。走行記録のロギングといわゆるサイクルコンピューター機能は何も問題なかったのだけれど、流石にバッテリーのへたりはいかんともしがたく。
    さてどうしたものか・・・自力でバッテリー交換してみるかなぁ。海外から取り寄せればバッテリーたぶん手に入るんだよな。

    さてそれはともかく、多摩湖到着。


    やっぱりブランクを感じる走りだ。
    でも別にいいじゃないか。乗りたくて乗ってるんだから。



    さて多摩湖はそこそこにして出発。今回の目的地はここではないのです。
    ここから東村山を通る「鷹の道」というソフトバンクホークスとは縁もゆかりもない道を空堀川まで走り、そこから所沢街道に抜ける。多摩湖から5キロほど走ると、この店構えが左手に見えてくる。


    そう、今回の目的地、くるまやラーメンである。
    むかしむかし、同チェーンはかなり全国的にブイブイいわせていて、札幌にも何店舗かあったはず。
    べつに北海道とはゆかりのないチェーンだったはずだけれど、太麺でこってりした味噌ラーメンに白髪ねぎを乗せたそのスタイルは当時の札幌の若者の胃袋を鷲掴みにした・・・かどうかはともかく、夜遅くまで開いているロードサイド店が多かったので夜遊びの後寄るにはちょうど良かったのです。そういえば同じく北海道出身の2号もくるまやラーメンのことを北海道のラーメン屋だと勘違いしていたくらいだから、まぁそれなりに認知もされていたんだろう。

    そんなくるまやラーメンも一度潰れ、会社更生法の元で北海道全店舗を含む不採算店をすべて閉め再スタートを切り、現在はしっかりと持ち直している、らしい。
    だけれども、札幌にこの看板が復活することもなく、こちらもいつしか札幌から遠く離れた関東で働きはじめ、年を経るにつれだんだんこってりしたラーメン自体それほど食べなくなってきたこともあって、くるまやラーメンは故郷をしのぶ遠き日の幻影となっていたのです。

    繰り返すがこれは札幌のラーメンではない。
    ないんだけれどさ。
    そういう話じゃないんだわ。

    カウンターに座り、ネギ味噌ラーメンのチャーシュートッピングを追加で注文。
    半ライスサービスどうしますか?と声をかけられ、うわーこのサービス昔から変わってないんだー!ってちょっとびっくりしてたら、ご飯をさらっと一膳ですけど無料サービスしているんですよ、と店員さんは丁寧に言い直してくれた。
    サービス内容が理解できなかったと思われたのだろう。いやそうじゃないんです。まるで10年ぶりに訪れた店の店員に「ミックスフライランチ頼まれるの、久しぶりじゃないですか」と声かけられたかのような、急に時計が巻き戻されたような出来事に驚いたんです。

    あぁ、ちょっと言い過ぎたかもしれん。でもまぁ心象的にはそんな感じ。



    やって来たのは懐かしい、あの白髪ねぎが乗った味噌ラーメン。
    味は変わらない?いや当時と比べてどうかはよく分からない。
    でも確かにこんな感じだったと思う。この日は寒くてねぇ、おまけにちょっと薄着だったので身体が冷え気味で、それでもまぁここまで数10キロ走っていて体内から塩分は奪われているので、味の濃い味噌味のラーメンは体にしみる。

    味噌ラーメンにはやはりこの太麺である。
    この辺りが北海道人にも受け入れられたシンプルな理由な気がする。

    ごちそうさまでした。
    それにしても昔はこんなハイカロリー&塩分たっぷりのラーメンを運動もせずズルズルとよく食べていたもんだ。
    そりゃ太るよね・・・もちろん、ラーメンが悪いわけじゃなくて、体の欲求と心の欲望の折り合いをうまくコントロールできない食い手(=当時の自分)の問題なんだけど。



    そして腹を満たし、所沢街道を東伏見まで進み、深大寺から野川へ、そして青梅街道〜旧青梅街道〜多摩川と抜けて帰宅。この所沢街道、片側1車線の細い道なれど、なかなか存在感溢れる佇まい。基本的に一本道なのだけれど、ところどころ大きくうねっていて、非常に堂々とした風格のある一本道。あぁこれは由緒ある街道に違いない、帰宅したら調べてみようと思いながらも帰って風呂入って晩飯食べる頃にはそのような文化的な興味もどっかに行ってしまうんだな。


    ともあれ、本日の行程、約80キロ。久し振りに自転車を楽しめた。
    今回みたいになんかテーマがあった方が、重い腰もあげやすいかもな。

    また次の機会、今度はどうしようか。

    関連記事
    スポンサーサイト



    Tag : Club2000
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1073-f369433d
    該当の記事は見つかりませんでした。