softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    山手線ゲ-----ム!! その4

    その1 その2 その3 その4

     いよいよ日は落ちて、鶯谷の街にも夜の帳が下りてまいりました。 満天の夜景をいただく、はてしないネオンの海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、きらめく男と女の物語も聞こえてくる、夜の喧騒の、なんと饒舌なことでしょうか。 こんばんは、ゆげ2号です。ジェットストリーム(人力)。

    ■現在位置

                 
    原宿渋谷恵比寿目黒五反田大崎品川田町浜松町新橋有楽町東京神田秋葉原御徒町上野鶯谷日暮里西日暮里田端駒込巣鴨大塚池袋目白高田馬場新大久保新宿代 々木原宿

     写真を撮るためにPOIデータのルートをはずれ、迷走いたしました鶯谷。そこから日暮里の駅近くまではだいたいいい調子だったのですが、日暮里の駅が工事中だったため,ぐるりと回りこむ羽目になりました。

    17:25 日暮里駅
    日暮里駅
    ところでみなさま、『修悦体』『修悦文字』と呼ばれるものをご存知ですか?こちらなんですが。 修悦文字→クリックで拡大します。

     わかりやすい案内板という実用を十分に満たしつつ、どこかかわいらしいポップな文字。これは工事に携わっているある人物の手によるものなのです。印刷やパソコンじゃないんですよー、布テープで作ってるんですよー。

     もともとは新宿駅の工事中、もっと案内をわかりやすく出来ないものかと作り始めたものが、必要に迫られて作っているうちにブラッシュアップ。密かにファンが増える中、アートな人たちの目に留まり、作成者の名前をとって『修悦体』『修悦文字』と呼ばれ、TV・新聞・雑誌で紹介されるようになったようです。ゆげ2号はたまたまSPA!で見かけたんですが。詳しくはこちら→http://trio4.at.infoseek.co.jp/life/

    谷中は猫が多かったです。
     谷中の猫

     実は、nuviにまたもや「階段を下りれー」と命令され、少々へこんでいるところだったのですが、ちょっと癒されました。

    谷中商店街
    いい感じの商店街だったのですが、nuviは非情にも「右折せよ」との指示。いつか行ってみたいですね。

    17:35 西日暮里駅
    西日暮里
    日暮里-西日暮里間は山手線の中でも一番近くに設置されている駅で、その距離はたった500mしかないはずなのですが、階段を下りさせられたせいでちっともそんな気がしません。

    17:44 田端駅
    田端
    ここからまた迷走してます。後から地図を見ると山手線沿いに走れるルートがあったのですが、nuviにナビされて違う道を走ってます。

    18:01 駒込駅
    駒込
    ここらへんはスムーズにいけました。だがしかし…。

    18:09 巣鴨駅
    巣鴨巣鴨地蔵通商店街
    このあとまたもや迷走。なんであっちに行っちゃったかなー。気づけば『新庚申塚駅』という読めない駅についてしまいました。後で調べたところ、都電荒川線の駅で『しんこうしんづかえき』と読むそうです。

    18:34 大塚駅
    大塚
    ずいぶん時間を食ってしまいましたが、なんとか大塚駅に到着。ここまできたら終わりがちょっと見えてきました。もうひとがんばりということで水を購入し、ウィダーインゼリーでエネルギー補給。

     購入した水をさっそくグビリ。冷たい水が乾いたのどを潤していきます。うまいー。その感覚だけで気分もリフレッシュ。なんだかリセットされた感じ
    ゆげ2号「さ、また走るか~。あ、駅の横に道があるんじゃんか。これを走ればいいんだな~
    ……数分後。
    ゆげ2号「え、なぜまた巣鴨駅に?!デジャブ?」

    というか、状況もデジャブだ…。
    またしても思いっきり逆走してました。アホやー、ほんまもんのアホやー。
    まあ、距離が近くてよかったですよ。もう一度大塚駅の脇を通り次の駅へ。

    さあ、ここはどこでしょう?
    池袋を空中から
    池袋駅近く、線路の上をまたいでいる通路です。自転車を押して上がるのは面倒ですが、空中から見下ろすと右にも下にも電車が走り、壮観です。ただ、写真にはうまく写せなかったんですよね。いつか昼間に来たいなあ。

     このあとまた迷走しています(泣)。空中の通路を右のほうに行かなければならないのに左に行ってしまい、東池袋に出てしまいました。とりあえず豚マンを食べ、試行錯誤して池袋駅に向かってます。

    19:17 池袋駅
    池袋
    ここからはスムーズに移動できました。

    19:26 目白駅
    目白
    すぐそばに学習院。やんごとなき学生が通っているのか?

    19:41 高田馬場駅
    高田馬場
    山手線最強の駅です。なんてったって『高田』と『馬場』ですからねー。これに勝てるのは『前田 猪木』か『シュルト 魔裟斗』か。

    19:52 新大久保駅
    新大久保
    韓国料理の店が多いことで有名です。駅ごとに雰囲気の違いってあるのですが、この駅ははっきり”におい”が違う(笑)。道の両側には飲食店がずらりと並び、韓国・韓国・台湾・韓国・韓国・中国・韓国・韓国…。ああ、ここもまたゆっくり来たいなあ。

    20:10 新宿駅
    新宿
    いやー新宿駅って大きいですねぇ。『JR』新宿駅が見つからなくてもう。まあ、でもここまでくればゴールは見えてます。…と思ってたら、またまたまたまた迷走してしまいました。

    20:23 代々木駅
    代々木
    ここがちょっとわかりづらかったです。でも、残りはあと一駅!

    20:45 原宿駅到着
    G原宿1G原宿2
    やあああっと着きました。さすがに疲れましたが、これだけ走るとやっぱり達成感がありますね。

    原宿渋谷恵比寿目黒五反田大崎品川田町浜松町新橋有楽町東京神田秋葉原御徒町上野鶯谷日暮里西日暮里田端駒込巣鴨大塚池袋目白高田馬場新大久保新宿
    々木
    原宿

     全部埋まりました。走行距離ですが、予定では山手線一周で40km弱のはずだったのですが、逆走・迷走で53.6kmになってしまいました。それに家からの往復が加わり、総走行距離は76.3km、総走行時間は6時間43分(停止時間を除く)です。

     チャレンジを終えて、反省点としては『線路沿いを走る』と『各駅の写真を撮って走る』の間にある深すぎる溝を考慮しなかったことですね。POIデータは前者の条件で作っていたので、場合によってはそのコースを外れて駅の周りをぐるっと回り込む羽目になり、苦労しました。せめて駅の出入り口を意識すればよかったかなと。まあ、走ってみなければわからなかったかもしれませんが。あと、最後まで持ったとはいえ、ナビの電池をもっと温存するべきだったなあということですかね。

     そして、一周してみて感じたのは、どこにでも普通の住宅街があり、生活があり、人間くさい営みがあるというごくごく当たり前のことでした。「渋谷に行ったことがある」「新宿に行ったことがある」なんて言っても、結局は駅を中心とした数百メートル内のお店で買い物したり、飲み食いしたりしていただけだったんですよねぇ。これは電車で移動していてはなかなか気づけないことでした。迷走したり逆走したりしましたが、自転車で走ってみて良かったですよ。

    ゆげ2号「…というわけで、たいへんだったけどやってみて良かったよ~」
    ゆげ1号「そかそか。で、結局、山手線の駅は全部言えるようになったのか?」
    ゆげ2号「えーと、原宿、渋谷、恵比寿、目黒…中略…その次が代々木で、原宿、と。
     おお、なんとか言えるようになったみたいだ!われながらすごいなぁ。」

    ゆげ1号「ふむふむ。それじゃあ、逆は?
    ゆげ2号「え、逆ぅ?外回りで言えってこと?!えーと、えーと、えーと…………」
    ゆげ1号「あーあ、今度は山手線を外回りかー
    ゆげ2号「えええええええええっ!マジですかー?!」

    とりあえずおわり。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/107-339d56fa
    該当の記事は見つかりませんでした。