FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    通常運転に向かって

    台風19号が来る1週間前、さすがに市井の我々が翌週の大災害を予想することなどできなかった。



    週末の夕暮れ、やっと過ごしやすくなってきたなーなんて思いながら買い出しへ自転車を転がしてました。


    その夜、区内の神社ではお祭りが。
    こちらの神社、民家の狭間を縫うようにやけに長い参道が続いていて、そこに出店が並ぶ。


    狭い参道に、射的や綿菓子、焼き鳥やら何やらの屋台が賑わいを見せ、焼き鳥屋の傍らでは娘さんと思しき子供が二人で淡々とつくねを串に刺していた。


    10月って実りを祝う季節なんだよな、元々。

    さてその1週間後。


    東京は10/11、金曜の夕方あたりから雨が本降りとなり、土曜日の未明にはすでに激しい雨となっていました。
    流石に数日前からとんでもない大きさの台風だ、千葉を襲った15号よりでかいんだ、なんて警戒情報ががんがん流れまくったおかげで我々庶民もペットボトルの水を大量に買い、風呂に水を張り、停電に備えて非常食料を買い求め、スーパーやコンビニの棚から水とパンと乾電池が消えうせるというまさに戒厳令。

    我が家もまぁそれなりに準備を整え、雨音で目覚めた朝。
    なんか目に違和感が・・・

    鏡を見ると、片方の目が真っ赤。
    充血?いや違う。白目が赤く染まってるのよ。

    目は見えている。
    痛み、って程のものはない。違和感はあるけど。
    でもこれはほっといたらまずいのではないだろうか・・・と、急遽土曜の朝から診療している眼科を急いで探すのですが、これがまぁ軒並み臨時休診の嵐。
    そうだよね、鉄道や公共交通機関も土曜日の昼頃までを目途に軒並み計画運休を決めていたし、一般店舗も従業員を出社させられないって軒並み休業。病院もだった例外ではない。特に眼科とか、差し当たって命に別状なさそうな診療科は特に。

    いやこっちはそれどころではない。
    鏡の前には片目が白目、もう片目が真っ赤というおめでたいカラーリングで顔をひきつらせたおっさんが一人。

    なんとかあちこち電話かけまくり、やっと1件だけ臨時休診しそこなった医院を見つけ、カッパ着て駆け込んだ。

    結果、「結膜下出血」ということで、放っておいて大丈夫。
    安心してください。くも膜下出血じゃなくて結膜下出血です。

    いやそんなことはいってない。一応眼底も見たけど、大丈夫ですよ。
    でもね、この眼底写真見て。あなた、高血圧かコレステロール高くないですか?眼底走ってるこの血管の感じからすると、ちょっとそのあたりの数値が気になるんですけど・・・まぁ今回の結膜下出血とは関係ないけどね。

    とのこと。

    いや先生、大当たりです。
    血圧は現在治療中で、LDLコレステロールはちょっと引っ掛かり気味です。
    そういえばこんな台風の来るような日にも休まないんですね、大変だと尋ねると、いやぁ休診の届け出(?)しそこなっちゃってさぁ・・・ホームページに休むって載せたって、近所のご老人達はネットなんて観ないからねぇ。
    まぁ来るかどうかわかんないけど、昼まではやるよ、とのこと。
    ほんと、お疲れさまです。

    まぁそんなこんなで大雨の中、なんとか心配事は解消されたのでした。

    LRM_EXPORT_568814096322055_20191012_185406074.jpeg
    帰り道、大半の店がシャッターを下ろしている中、店を開けておにぎり売ってたお店。
    いや大変ですね、こんな日にも店開けるなんてと尋ねると、いやこんな日でもお客さん来ますしね、うちは米屋だからおにぎり作りますよ、と。

    そうか、こんな日でもいろんな事情で休めない人がいて、そんな人たちを支えようとする人たちがいるのだな。
    そういえばこの店の近くには東京電力も東京瓦斯もある。
    そういうことなのかな。

    ちなみにおにぎりは当然のように、とても美味しかった。


    さて、翌日。
    氾濫した多摩川を小田急で渡る。
    息子がどうしても「京王れーるランドに行きたい、でも動物園線は運休しているから多摩センターまで小田急で行って、そこから多摩モノレールで行く」と。

    これでも随分水は引いた状態らしいが、それでもそこはいつもの多摩川ではなく、濁流のうねる暴れ川でした。


    そして電車を乗り継ぎ、たどり着いた京王れーるランドは「臨時休館」。
    それならそれで、今日は鉄道を楽しもうと少し遠回りして復路へ。

    そしたらさ、経由した新宿駅の百貨店で「大北海道展」をやっていて、コロッケとザンギを調達して帰宅。



    すかっと晴れわたった台風一過の翌日も夕方にさしかかり、もう10月ですもの、すっかり日が落ちるのも早くなりました。
    夕方になって不通区間を除いてなんとか通常運転まで持っていった小田急の通過電車を何本かぼーっと見ながら、今年はなんか本当に色々なことが起こるなぁと。
    仕事も一時的にちょっと大変なことになっているし、台風は2発も来るし、そして東京オリンピックはマラソンと競歩が札幌開催になるかもなんて話になっている。

    いったいなにがどうなってるんだって気にもなるけど、まぁ別に真っ黒い誰かがどうしようなんて考えて世の中が動いている訳でもなく、それでもどうしたって諸悪の根元や闇の支配者を心の底で求めてしまうのだけれども、そもそもオリンピックの競技をどこでやろうが私には関係なかった。すまん。

    多分ね、巨悪がいないと生きていけない人って自分のお父さんとの関係を乗り越えられてないんだと思うよ。
    暴言かもだけど(自信ない)。


    ニール・パート師匠が言う通り、Why does it happen? Because it happens , Roll the bones,Row the boat なんだ。
    目の前の倒木を一つずつなんとかしながら、やるべきことは通常運転を取り戻すことだ。

    関連記事
    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1067-b1443827
    該当の記事は見つかりませんでした。