FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    昭和への旅 前編(ハイカラ横丁&おもちゃ博物館)

    なんかいつの間にか、息子が昭和にはまっているのです。

    元々の乗り物好きが高じて最初は古い列車やクルマの動画を随分と観ていたのですが、それがいつしかフリマで古いミニカーをバイヤーのように物色するようになり、小田急ファミリー鉄道展でいにしえの名車、SE3000形に大興奮し、Youtubeでは「迷列車で行こう」という過去の迷列車・珍列車の解説動画に釘付け。
    鉄散歩も最新の新幹線やロマンスカーよりも昔の車両が生き残っている地方路線や武蔵野線に行きたがる始末。
    乗り物以外にもゴジラはやっぱり1964年のモスラ対ゴジラが好きとか、妖星ゴラスの予告編が大好きとか、お前一体何歳だ。
    そして今回、どこで情報を仕入れたのやら。
    どうしてもここに行きたい、と。

    京成線を乗り継ぎ、柴又のハイカラ横丁。 
    ちなみに2階はおもちゃ博物館。
    土地柄ですかね。
    お台場の三丁目商店街みたいなあざとさ(失礼)はあんまりなくて、なかなか良い雰囲気。


    駄菓子とレトロゲームで溢れた、昭和な空間。
    10円玉投入してそいつをはじいて遊ぶゲーム、懐かしいのぉ。
    2階にあるおもちゃ博物館の入場券は、1階のハイカラ横丁で購入。
    二階はまたこれがディープな・・・


     
    けっこうでかいスロットカーのコース。
    5分100円で遊べる。
    これ、金持ちの友達の家にしかなかったし、こんなにでかいコース持ってる子はいなかった。
    改めて遊んでみると、意外と難しい。コースアウトさせずに走らせるにはちゃんとスピードコントロールしないといけない。
    なかなか、奥が深い。


    おー、セミドロップのジュニアスポーツ車。
    これまた懐かしい。つーかこれこそ当時も結構いい値段で、乗ることはできなかった。
    その代わり、親父がお手製で作ってくれたなぁ・・・それも懐かしい思い出。


    トップチューブに設えられた変速レバーと、後輪に組み込まれたスピードメーター。
    今みたいに磁石式じゃなくて、確か後輪の回転をピニオンギアでメーターに繋いでた(うろ覚え)はずで、スピード測るためにペダルの漕ぎ具合が重くなるという本末転倒的な装備。フロントライトもスーパーカーブームにのっかってカウンタックみたいにライトがパカッと立ち上がるやつもあったりして、まぁ今考えたら随分重たかったよねぇ。
    他にも、こじんまりとしていながらなかなか趣深い博物館でした。
    これはよかった。別に昭和大好きイエスタディワンスモアな嗜好でバックトゥあの頃みたいな価値観は持っていないのですが、なかなか楽しい博物館でした。


    そのあと、一応柴又帝釈天へお参りして、参道を煎餅食べながら歩いて。
    天気があまりよろしくない日だったせいかそれほど賑わってなかったけれど、浅草にも負けない良さがあると思いました。
    何が違うんだろうね。
    そんな柴又駅前も、再開発されていくのですね。
    そして、昭和への小さな旅はまた別の週末にも出発するのです。
    その話は後編で。
    関連記事
    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1053-a955413d
    該当の記事は見つかりませんでした。