FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    終わらない旅は無い

    そう、終わらなかったらそれは旅じゃなくて失踪だよって、昔みうらじゅん氏がおっしゃっていた。
    いかにも。



    勤務3年、東京からの通い2年。
    足掛け5年の札幌での仕事から、この度離脱。



    札幌に家族と共に転勤してきた最初の3年はともかく、後半2年間はほんとに自分の所属や寄る辺もはっきりしないまま、それこそ日高晤郎かってくらい毎週札幌に通っていた。
    そしたらさ、その間に、その日高氏が亡くなってしまわれたのさ。

    ちょうど通い生活が始まって一年近く経ち、札幌に残した家族も東京へ引き上げる引越しの日。
    その日が日高晤郎ショーに同士が出演した最後の日になったんだった。

    バタバタしていたのでその日の放送はほとんど聴けなかったのだけれど、その日の夜に親から「もう晤郎さんぼろぼろだったよ。最後の歌もほとんど歌えなかったし」って話をしてて、その数日後に亡くなられたのをよく覚えている。

    別にファンって訳じゃないのだけれど、なんか彼は私の中でよいところも悪いところもひっくるめた「北海道そのもの」だった。
    道民にはアンチも多かったでしょうが、多分近親憎悪だよそれ(暴言)。


    いや晤郎さんの話はいいんだわ、別に。
    正直、後半戦の2年は仕事上の自分の所属やミッション、目標があやふやな状態が続き、おまけにこんな行ったり来たり生活なのでどこにも自分の「席」がないってのがしんどかった。この状況そのものは携わっていた仕事の都合・特性上どうしようもなくて、別に誰のせいでもなければ誰を恨む訳でもないのだけれども。
    そんな中、改めて家族や仲間(あんまりいないけど)にはずいぶん助けられました、本当に。
    ほんと、感謝しかない。



    話を変えよう。
    実は札幌生活の後半、蕎麦にはまりまして、ほんとうにあちこち食べて回った。
    落ち着いたら他に回った店の記録もブログに残しておこう。

    最後の日は、はぐいという手打ちの田舎そばの店で締めました。
    「札幌に住んでた」頃にはこんな店を探して食べに来ることもなかった。
    人間、生活のどこかに目標設定をしないと生きていけないのかもね。





    長いようで短かった流浪の生活もこれで一段落。
    ふわふわと飛び回っていたこのJet Setterもここで一度着陸です。
    ふたたび、札幌は「すみか」から「ふるさと」になり、7月からまた新しい生活が始まります。
    まぁ今回は引っ越しとか伴わないけれど、いろいろと変わるのです。いろいろと。

    どうなるんですかね。
    まぁどうにかなるんでしょう。

    関連記事
    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1051-ba428a9d
    該当の記事は見つかりませんでした。