FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    久里浜へ


    こういうタイトルつけるなら、本当は自転車で行きたいところなのですが・・・まぁまだ難しい。

    去年は情報収集不足で行くことが出来なかった、「京急ファミリー鉄道フェスタ」へ行ってきました。
    京急は博物館もないし、退役車両の嫁ぎ先も高松琴平電気鉄道などごく限られるので、旧式の車両を見学できるまたとない機会・・・なんだそうだ。息子いわく。
    まぁ「琴電見たいから香川まで行きたい」って言われるよりはましか。
    (ちなみに武蔵野線205系はジャカルタに譲渡されるらしく、インドネシア行きたいとか言い始めないかこちらも心配である)


    我が家から片道1時間40分。
    香川まで行くことを考えたら近いものだ・・・と自分に言い聞かせては見たものの、久里浜行きの快特がシートの上等な2100系だったので思いのほか快適な旅を味わえた。
    ビール買って乗れば良かった。午前中から車内で飲んでる人いないけどね。

    久里浜駅からは会場(車両基地)までシャトルバスで向かう。
    入り口付近ですれ違う人たちのなかには電車のシートとか行先表示器とかでっかい鉄道用品を抱えた人たちもいて、こんな暑い中、それでもあんなにニコニコしているのだから趣味とはすごいなぁ、と。


    大正時代の車両、デ51形の復元車両。


    昭和初期の車両、デ1形。のちのデハ230形である。
    (以前息子がゲットしたBトレインショーティーにそうかいてあった)





    車両の展示だけでなく、あちらこちらに車両基地らしい景色。
    いいな。


    旧1000形。


    2018年3月に引退した(息子情報)2000形。

    最近の息子、とにかく引退した車両や引退間近の車両へのこだわりが半端ない。
    その一方で、運転台体験とか車掌体験みたいなものはほとんど興味を示さなくなり、ここ何年もおでかけの大半は相も変わらず鉄道関係ばかりなれど、そんななかでも人は変わっていくのだな。


    そして鉄道フェスお馴染みの物販ブース。
    出展されている方々には少々迷惑かもしれないが、息子、いろんな鉄道会社の人とお話しするのが大好き。
    今回もとあるブースにて、その会社の車両についてミニカーの商品化を熱くリクエストしていた。
    お忙しいところすみません。それでも昔に比べたら相手が忙しそうかどうか一応空気を読むようになってきたので成長はしているんだよな。

    ちなみに飲食ブースもそこそこの規模で出店されているので、軽く食事をとることは可能。
    ただ東武鉄道の公開日みたいなご当地グルメ勢揃いみたいなノリではない。
    我々はおにぎりとたこ焼き(どんな組み合わせだ)で軽く済ませた。



    往路は久里浜駅からのシャトルバスと事前申し込み制の特別列車(久里浜の車両基地まで乗り入れる)、もしくは徒歩でのアプローチなのに対し、お帰りは予約不要の特別列車が車両基地から久里浜駅まで走っていた。

    当然乗車。
    普段は乗れない引き込み線区間に乗れるのはお得感あるな。短い距離だけど。


    この日は5月とは思えない程の暑さ。
    季節の変わり目にこう気温が上下するのはなかなかしんどいけれど、久里浜くらいの距離だとほどよい「おでかけ感」もあって良かったわ。
    そして翌週は、小田急の車両基地公開が控えている。
    2週連続で行くのか?そんな鉄道三昧で良いのか?・・・なんて次回に引きずるのもいやらしいよね。

    まぁ行くんですよ、翌週も。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1046-7ccd6744
    該当の記事は見つかりませんでした。