FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    自転車モードを取り戻しつつある

    週末は日曜日からまた雨の予報。
    今週は出張やら雨やらで全然ジョギングできなかったので、走りに行くべきか、それとも自転車乗るべきか・・・

    いや、両方やろう。
    1806090127.jpg
    ということで、数日前久々に走った尾根幹からの都道155号線ルート。

    なんか改めて尾根幹走ってみると、そんなに前回ほどきつさを感じない。
    いやきついんですけど、諦めるほど辛くなる前に上り区間が終わってしまう。
    多摩川側から進むと最初にどかんと標高100mくらい上るんですが、その後は緩やかにアップダウンを繰り返しながら道が進んでいく。一度上がってしまうとあとはもうきつさは感じない。
    この日は気温30℃くらいまで上がったのでかなり暑かったのだけど、まぁこまめに水分補給を心がければ大丈夫。蒸し暑い中のジョギングは体にダメージ与えかねないくらいきついのだけど、自転車はそれに比べれば風が汗を気化して熱を多少奪ってくれる分ちょっと楽。

    あ、でも、ドリンクボトル。
    これはもう少し良いものに更改したい。
    ぬるい水分を飲んでも体は冷却できないし、吸収も悪い感じがする。
    とにかく、暑さ対策をもう少ししっかりやらないと。

    180609061.jpg 

    尾根幹からの戻りルートとして使っている神奈川県道3号線、いわゆる津久井道(鶴川街道)がいまいち走りづらいので迂回路を求めて脇に逸れたら、王禅寺~生田へ抜けるルートに抜けた。
    あぁこの道、そういえば前もおんなじこと考えて見つけたんだった。
    懐かしい。かつて毎週のようにこのルート走ってたんだよな。

    そして多摩川へ抜け、帰宅。
    多摩川では消防車、救急車、パトカーが大集合。空にはヘリが舞い、川にはレスキュー隊のボートが展開。
    痛ましい場面に遭遇してしまった。

    その後、少し休憩後いつものジョグ開始。
    いやでも気温30度、湿度も高いこの気候に体がまだついていかず、バテバテになりながら帰宅。
    この蒸し暑さ、舐めちゃいけないんだ。去年はこの蒸し暑さに抗ってジョグ強度を見誤り、慢性的な脱水→腎臓結石という最悪のルートを歩んでしまった。
    あれ、痛いんだよ本当に・・・


    東京は梅雨に突入し、湿度が上がってきた。
    そして梅雨が明けると、湿度そのままに気温が上がり、日差しも強烈な日々がやってくる。
    去年の教訓を活かすなら、あまり暑さには抗わず、ジョグより自転車の割合を増やしたほうが良いかもしれない。
    時間当たりのコスパ(?)の高さはやっぱり自転車よりジョグなんだけど(ジョグなら1時間あれば良いけど自転車はやっぱり3時間は欲しい)、体壊してしまっては元も子もない。
    なかなか、時間のやりくりって難しいのだけど。


    でも、やっぱり一番楽しいのは自転車なんだよな。でもって自転車を楽しむためには自転車用の身体をある程度作っておかないといかん。
    まぁ、ぼちぼちと。義務感に囚われる必要はないけど、何もしなければ日々衰え、乱れ、肥えていくこの心身との対話は続けていかねばならないのだ。

    関連記事
    スポンサーサイト



    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/1005-8e09a744
    該当の記事は見つかりませんでした。