FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    GRDⅢとモノクローム

    お、平成最後の記事になりそうだ。
    平成は30年で幕を閉じ、本ブログはこのエントリから13年目に突入。
    飽きもせず、よくやるわ。
    内容はその時々の人生・生活を受け止めて随分と変遷している(のが書いている当人にはわかる)けど。

    さて新しいリコーのデジカメ、GRⅢが発売されて心が揺れているゆげ1号。
    とはいえ最近色々物入りだっただけでなく、数年前に買ったスポーツウォッチもあっけなく壊れ、通勤≒出張で酷使してきたビジネスリュックもファスナーが一部破損、2年前に壊れたスマホの代替として買ったSIMフリースマホもUSB端子がダメになって充電ができなくなり。
    ちなみに2年前にスマホ壊れた時、リンク先のエントリではHuaweiにしようかと書いていたけど、結局防水機能とNFC機能がどうしても欲しかったので国産の安いSIMフリー機種にしたのだけど、こいつが本当にカメラ機能以外は本当にダメな子でねぇ・・・NFC機能は具備されているのに決済系おサイフケータイ使えないとか、もう訳が分からない。
    やはり※社の通信端末がイケてないのは電電公社時代から変わらないのねと見苦しい八つ当たり。
    ちなみにこんなこともあろうかと更に予備のスマホ端末も(docomo withを活用してキャリア端末を超安価に入手できる技が一時期あった)所有していてこいつを現在使っているのだけど、キャリア端末ならではの各種機能の安定さに安堵する一方、今度はカメラが案外過ぎる。

    話を戻そう。
    とにかく最近、身の回りのいろんな物がその役目を勝手に終えていくのです。おい待てこっちはまだお疲れ様とも言ってないのに、それはないだろう。
    GRDⅢも時々起動しなくなる中、スマホカメラも案外。はぁ。


    なんかそんなこんなでそんなに簡単に新しいカメラにホイホイと飛びつける心境でもなく
    (ちなみに2号からはそんなのどーでもいいじゃん、欲しいなら買えばいいじゃないという尊いお言葉を拝受賜っていることをここにはっきりと明記しておくのである)、改めて最近はGRDⅢを持ち出して楽しんでいるのです。


    他のGRDユーザーはGRⅢの登場をどう捉えているのかな?って思って色々ネットを漁ってみたのだけど、さすがにもうGRDシリーズをメインで使っている人なんてごく少数派で、大抵は普通に後継のGRシリーズに移行していたり、GR以外のミラーレスに移行していたり、そもそもGRシリーズはデジイチのサブ機として運用していたり(それが大多数かも)。

    まぁそうだよね。もう10年選手だもの。iPhoneでいうと初代をいまだに使っているようなもんですよ。
    でもリコー公式

    GRは「新製品だからというだけで買い換えなくてもいい、ボロボロになるまで使い込んで欲しい」と本気で思ってきましたし、それは今も変わりません。

    なんておっしゃっているわけですよ。
    まぁここで言及されているGRってのはさすがにGRDⅢではないかもしれないけど、それでもやっぱりこいつを使い切ってやりたいという気持ちも芽生えてきた。
    そんな中「モノクロ専用機としてはいけるんじゃない?」みたいな話を見かけ、ちょっと見よう見まねで試行錯誤を始めてみました。

    これがさ、思ったより良いんじゃないかと。


    なんかモノクロの表現力って、カラーとは全然ベクトルが違っていて面白い。
    なんか一度撮り始めると、これはこれで病みつきになる魅力がありますな。そしてモノクロだとGRDⅢでも結構いける(気がする)。


    とはいえ。


    さすがに食べ物とか空色とか撮りたいときにモノクロだとうまく表現できないので、もうモノクロ主体で行く!みたいな渋い割り切りもできないのですが・・・


    実は10年近く広角・単焦点、おまけに手振れ補正もないカメラと付き合ってきた結果なのかもしれないけど、モノクロという色彩の制約によって見えてくる表現の奥行みたいなものがあるのかもしれない。

    まぁそれは言い過ぎだな。




    ということで、GRDⅢのモノクロ撮影に今更ながらはまりつつあります。
    その一方で、やっぱりそろそろ一眼レフ欲しいなぁ、レンズ交換式で広角・標準・望遠とか使い分けてカメラの面白さの幅も広げたいなぁなんていう気持ちもまぁ捨てきれない。
    一方、やはりGRと育ってきた以上、GRシリーズの一つの到達点であろうGRⅢへの憧れも捨てきれず。

    平成から令和の世に引きずって、しばらく悩みそう。
    まったくもって、平和な話だ。


    スポンサーサイト

    Tag : 写真
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    GRⅢがついに登場か

    ついに登場してしまいましたね。GRⅢ。
    コンデジ市場がスマホに押されてもうほとんど壊滅しつつある中、下手なミラーレス1眼レフもびっくりな10万円オーバーの価格で登場ですか。
    さすが、強気のGRブランド。
    コンデジではなくGRというカメラなんだという意思表示か。


    そして私の愛機は10年選手のGR digital Ⅲ。
    GRdigitalシリーズも無印→2→3→4ときて、それからGR→GRⅡ→GRⅢ。
    いつの間にか一回りしてしまった。
    もう3回くらい修理に出して、まぁよく働いてくれました。
    最近はスマホのカメラも随分上等になってきたし、その手軽さに負けて出番は減っているものの、やはりちゃんとしたデジカメを構えたいときもあるのです。

    でも最近、ちょっと調子悪いんだよな。
    まぁ10年も使っていればガタも来るか。
    そんな中、GRⅢなんてやつが登場して来やがったのでこちとら心中穏やかではいられないのです。

    いやまぁ落ち着け。
    そんなホイホイ買えるもんでもないだろう。
    大体今年に入って、色々物入りではないか。

    既にまぁまぁ高額なギター買ったりしちゃってるし。
    洗濯機も除湿機も壊れたし。
    息子からは与えているパソコンのOS(Windows 7)のサポート切れ対応を求められてるし。
    旅行にも行きたいし。
    その他にもちょっと自分達への投資やその予定が色々あったりするし。

    そう、とりあえず落ち着いて、この際GR digital Ⅲと改めてもう一度、向き合ってみようじゃないか。

    以下、最近の日々のヒトコマ。

    出張時、飛行機の窓の外。
    いよいよこんな出張生活も終盤戦。



    なぜか息子が「浅草に行きたい」と。


    私的札幌文化遺産、ゆりや食堂にて。

    いよいよ移転か。



    どうなんでしょう。
    個人的にはまだまだ、スナップ写真用としては全然悪くないんじゃないかと思うのだけれども。
    そして自分の写真撮影スタイルと言えば、ほとんどスナップ写真ではないか。


    でも…実はそこに少し思うところもあって、話はもう少し続けなければ成らないのです。






    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    息子が鉄曜日という言葉を気に入ってしまった

    最近、息子がこのブログを読み始めるようになった。
    まぁほとんど読者もいないであろう本ブログにおいては大切なお客様なので無下にもできないのだけれども、とにかく週末におでかけした話を書け書けと、プレッシャーが非常に激しい。

    おまけに前回書いたタイトルの「鉄曜日」という言葉をいたく気に入ってしまった。
    「今日の話は『またまた鉄曜日』でどう?」
    「この前の話、いつかくの?タイトルは『いつも鉄曜日』で良いんじゃない?」

    ・・・どうやら新しい読者と一緒に、新しい編集者も獲得してしまったようだ。
    しかしまともに応えていると本ブログが鉄道だらけになってしまう。

    とある日は、小田急と多摩都市モノレールを乗り継いで京王れーるランドへ。
    あ、小田急の駅までは自転車で行ったのだった。辛うじて自転車を絡められた(笑)



    手前からクハ3700形、クハ5700形、デハ2010形
    たぶん。


    とても細かい話なのだけど、京王れーるランドの展示車両は解説パネルが車両の後ろに配置されている。
    これがどう言うことかというと、車両の「顔」を写真に収めるときにパネルが邪魔をしないのです。
    そして解説を読むためには裏に回らなくてはならないので、結果的に車両全体を眺めることになる。

    規模は大きくないのだけれど、地味に見せ方へのこだわりが感じられるのです。
    あと場内に飾ってある模型もペーパークラフトで社員が1年以上かけて作っていたり(しかもその出来は手作り感皆無のすごい精密さ)、幼児向けに飾っているプラレールの中に地味に貴重な廃盤商品が混ざっていたり、飾ってある鉄道写真も社員が撮影したものが多かったり。
    とにかく、なんというか、「カネ」じゃなく「稼働」が半端なくかかっている。


    帰りに遭遇した京王の高尾山号。
    全体が緑という、山のイメージといにしえの京王帝都電鉄の車両カラーのダブルミーニングなんですかね。
    非常に迫力のある車両だった。


    翌日、新三郷のトーマスタウンにどうしても行きたいと。
    おまけになぜか日暮里経由の京成線経由で東松戸から武蔵野線で行きたい、と。
    たぶん、トーマスタウンは小さいお友だちターゲットの施設だから、君のようなマニアには喰い足りないと思うよと諭せども納得せず、まぁ仕方ないかと出発したのだけれど、京成線経由がこんなに遠回りになるとは思わなかった。
    うっかりしていた・・・

    そういえば京成東松戸駅にて、武蔵野線に乗り換えようとしていたら外国人旅行者と思われる人に「成田行きの電車はこのホームで待ってれば良いの?」と英語で尋ねられたのだけど、そのとき息子がしきりに
    「Don't worry」
    を連呼していて、あぁこっちは情報を伝えようと必死になっているのに対し、息子は相手が不安なんだろうなと感じていたんだな。まぁ我々も正確な情報がわからず、ちょっと待って駅員に聞いてくると話して「次の次の電車に乗れば良いよ」って伝えようとしたところではて、「次の次」って英語でなんて言うんだっけ?(汗)

    とりあえず時刻表の該当電車を指差して伝えたのだけど、悔しいからあとで調べたさ、「次の次」。
    after the nextで良いのだね。
    勉強になった。


    2020年までに武蔵野線205系は姿を消し、ジャカルタへ嫁ぐそうで。
    それまでにしっかり目に焼き付けておきたいそうだ。

    そして、案の定新三郷のトーマスタウンは小さなお子さま向け施設で、やはり喰い足りなかった模様。
    ただひとつだけ、初期の人形劇版で使われていた本物の模型が1体飾ってあって、まぁそれが見れて良かったそうだ。
    大人になったね。



    昔、三郷の近くに住んでいたこともあって、このあたりは懐かしいんだな。
    武蔵野線は貨物列車もよく走るんだよな。
    当時、近くに住んでいた同僚が鉄道好きで、国鉄の雰囲気を残す武蔵野線の魅力を随分語られたもんだ。
    そして彼に好意を寄せていたこれまた同僚の子が、お近づきになりたい一心で彼から分厚いJR時刻表を借りたりしてた。

    健気な話だ。重かっただろうに。

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    謎の東京おのぼりさんが実は聖地巡礼だった話

    「春休み、東京の名所観光がしたい」
    「東京駅、国会議事堂、東京タワー、銀座松屋に和光、そしてお台場、勝鬨橋とか」
    「せっかく東京に来たのだから、東京を楽しみたいんだ」

    東京に戻ってきて1年、息子が突然こんな渋いおねだりを言い出した。
    一体どういうことだ。今まで鉄道しか興味のなかった息子が・・・銀座和光とか、勝鬨橋とか、しぶすぎる。

    まぁ春休みに遠出する予定も立ててなかったし、こういうプランも悪くないかと検討を開始したところ、さすがのはとバス、ほぼ完璧に息子の所望するスポットを巡れるバスツアーがあった。


    おまけに、心躍るオープンバスでの夜間周遊。
    夜9時過ぎには東京駅に戻ってくるのでそこから帰宅することもまぁできるのですが、せっかくなので東京駅近くのビジネスホテルも押さえ、1泊2日の東京おのぼりさん旅行を敢行することに。
    春休み期間だったので、私も有給を取得しそれほど混雑しない平日の旅を計画しました。


    2階建てのオープンバスだけあって、道路標識が間近。
    すげぇ。


    国会議事堂を過ぎ、六本木を抜け、東京タワーへ。



    レインボーブリッジ経由でお台場へ。
    ここでは観覧車に乗車。ただバスで巡るだけじゃなく、ちゃんとこういう楽しみも組み込むんだなぁ。
    さすが、はとバス。長年のノウハウがしっかり蓄積されているんだなぁ。


    そして約2時間半の周遊コースを経て、東京駅へ帰着。

    その後、神田のビジネスホテルへ投宿。
    22時まで生ビール1杯無料だったり、食堂で夜泣きそば1杯サービスしてたり、最上階には温泉があったりと、素晴らしかった。翌日の朝食バイキングも天ぷらと蕎麦が思いの外美味しくてねぇ・・・ちょっとビジネスホテルにしては高めだけど、非常に良かった。
    ただ一つ失敗したのが、予約したプランが「大人二人、子供一人(添い寝)」だったのな。
    息子もそろそろ小学校高学年、部屋のベッドは大きめのダブルベッドだったのだけれど、流石に親子3名はきつかった。
    まぁこれは予約手配した私の落ち度。潔くフロントで毛布を借り、床に寝たのでした。

    シモンズのダブルベッド、さぞかし寝心地良かったんだろうなぁ。

    さて翌日、せっかくおのぼりさんしているのでこういうタイミング(平日)じゃないと行けそうにないところへ、ということでお台場の「チームラボ ボーダレス」へ。



    いきなり館内写真貼ってますが、平日かつ事前に予約していたにも関わらず、長蛇の列。入館まで1時間以上かかった。
    国籍も様々な外国人がたくさんいて、あぁ結構世界的に有名なのかもしれないなと思いながら親子3名で根気強く並び、やっと入館できた。




    光と音と物理的な起伏で創り上げられるアート空間。
    視覚、聴覚、触覚をコントロールされるとすごく脳がびっくりするんだなと実感。
    歩いてて足痙ったもんな・・・

    確かに、これは混むな。しかし子供連れていくと迷子にならないか心配で、できれば一人、もしくは時間と集合場所決めて単独行動するのが良いかもしれない。
    豊洲のやつはちょっと別のコンセプトみたいだし、機会があれば行ってみたい。




    さてそれにしてもなぜ、息子はこんな渋いおねだりをしたのか。
    答えは意外なところにあった。

    息子がホテルで自分のタブレット使って観ていた動画。

    「・・・ひょっとして、今回のテーマは歴代ゴジラに壊された場所巡り?」
    「ごめん、実はそうなんだ」
    「いや、謝る必要全然ないけどさ、そういうことだったのね」

    そうなのだ。
    鉄道大好きな息子、我々夫婦がどハマリした「シン・ゴジラ」が怖くて嫌がっていたのに、序盤で破壊される彼が愛する京急800系のリアルさに心奪われ、終盤の無人在来線爆弾に大興奮し、今まで全く意識していなかった北品川駅が破壊される姿に心を痛めているうちにいつの間にかシン・ゴジラを克服したのだった(会議シーンの多さは未だに閉口しているようだが)。

    そしてゴジラには他の作品もあること、そして他の作品でも鉄道の破壊シーンが色々あることを知り、YoutubeやAmazonプライムビデオで怪獣の怖さに立ち向かいながら過去作品やその予告編も漁り、初代のモノクロ画像から京急の八ツ山橋を見つけ、丸ノ内線が何度となく、さらにはゴジラ以外にも共演したキングコングにまで破壊される姿などを喜んで掘り起こしているうちに、いつしか「ゴジラ出演怪獣そのもの」に心を奪われていたらしい。

    まさに、ミイラ取りがミイラに的な話だ。
    事実、チームラボの順番待ちで並んでいるときには歴代のゴジラ対戦怪獣について話してくれ、登場順番までほとんど暗記していたのにはびっくりした。

    すごいな。
    鉄道の線路はほんといろんなところに繋がっている。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    サクライド

    母親が推していた「英」が付く元号は最終候補にまで残ったものの、残念ながら選ばれず。
    まぁ次の改元の時は当たると良いね。その頃には100歳超えてるだろうけど、多分大丈夫。

    元号も新しくなり(新しい元号の令和、いま漢字変換したら一発で変換された。すごいな)、そうこうしているうちに東京は桜の盛りも過ぎてしまいましたが、息子と世田谷公園まで自転車で花見&フリマへ。
    息子は鉄道で行きたがるのだけど、親父としてはもっと自転車ででかけたいのです。


    世田谷公園の桜もピークは過ぎていたけれど、休日ということもあり花見客がわんさかと。
    我々は別に酒盛りをしに来たわけではないので、一通り桜を愛でてから公園で開催しているフリマへ。

    ここのところ、大井競馬場のフリマにばかり通っていたので、公園で開催されるような上品な(?)フリマにやって来るとそのほのぼのさに癒やされますな。
    まず大抵の品物に値札がついている。大声で値引き交渉している人たちもいない。そして品物がきれいに並べられている。
    いやぁ平和だ(笑)


    この会場の雰囲気なら大丈夫だろうと、息子を一人リリースしてしばらく噴水近くのベンチでコーヒーを飲んでいた。
    なにせ息子、どこのフリマに行ってもがっつり商品の吟味に時間をかけまくるのです。
    店の人に商品について質問したり、話が弾んだり、体よくあしらわれたり。
    まぁいろんな人がいますからね、それはそれで良い。彼にとっても良い経験だ。
    でもそうやって粘り強く自分が本当に欲しいものを見つけ出し、購入する。
    我が子ながら良い趣味を見つけたなと思う。


    まだまだ大した距離ではないけれど、息子との休日にできるだけポタリングを取り入れたい。
    鉄道に乗りたいのもわかるんだけどさ。


    悪いな。
    せっかく街中が桜色に染まっているのだ。
    少し遠回りして帰ろう。
    桜の季節は短いのだし。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。