FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    目的では無いけれど、慰めにはなっている

    ふと気がつくと、スマホの写真フォルダが蕎麦写真でふきこぼれそうなのでまとめて。


    目黒駅前の「田舎」。
    おそらく、東京の立ち食い蕎麦やさんではもっとも古い店のひとつではないかとのこと。


    トッピングの煮卵が珍しい。
    汁は濃いめだけどしょっぱくはない。
    蕎麦は普通、というかたぬきそば370円に煮卵50円の蕎麦に一番必要なのは「裏切らない」という事じゃないだろうか。
    たぶんここはもう一度来る。そしてまた同じ味だったら(たぶんそうだろう)、それ以降この店には何度も通うことになるだろうなと。

    ちなみにこの「裏切らない」という価値観、自分で発見したのではなく2号に指摘された。
    あんた、純粋に美味しいかどうかというより値段と期待が自分の予想の範囲におさまって、かつそれがいつでも提供されることを一番求めるよね。
    だからこの前ゆで太郎(以下略

    なるほど、そうかもしれません。
    あれですね、1号のおすすめ蕎麦やさんがそんなに言うほど美味しくないと言外に言っている訳ですね(笑)
    だからいつも言ってるじゃないですか、グルメブログ書いてる訳じゃないって・・・

    話を戻そう。


    五反田にしばらく通う用事があって見つけた「ことぶき」。
    冷たい天ぷらそば頼もうと思ってたのに、前客が「バラ天そば」なるものを頼んでいたのでつられてしまった。
    券売機で食券購入したら思いの外安かった(400円くらい?)だったのでこれはボリューム少ないなと想像してそばの大盛り券を追加購入。

    ばら天ってのはみた通り野菜かき揚げ天をばらしたような感じ。
    さくさくで美味しかったのだけど、これは普通の天ぷらを試したくなる。
    そばも美味しいのだが、一番気に入ったのは香り高いつゆ。
    あーここは美味しかった。
    問題は、なかなか五反田に来る用事がないんだよな。


    神保町の「嵯峨谷」
    最近一番のお気に入り。乱暴なほどに香りの高い十割蕎麦を立ち食い価格で提供してくれるのです。
    ここの蕎麦を口にいれると、あー蕎麦食ってるなぁって激しく実感するのです。


    札幌の電車通り近く、西8丁目にある「そば御殿」
    決して御殿ではない「昭和の町そば屋」的な雰囲気のお店。昼間は15時までの営業のようですが、それを知らずギリギリの時間に飛び込んだのに店主の「いらっしゃい」がすごく雰囲気よく、あぁいらっしゃいの一言がこんなに心地よい店なんて素敵だなぁと。
    そんなお店ですから蕎麦美味しくないわけないのですが、それはともかくここの蕎麦はとにかく長い!いや別に長くてもなにも困らないのですが、蕎麦の端につゆをちょんとつけて食べるような通ぶった食べ方は難しいかと。
    しないけどね、そんなこと。

    元の職場からそんなに離れていない場所に、こんなとこがあったんだ。
    在任中、もっと色々出歩いて昼御飯食べておけばよかった。



    なんか、どうなんですかね、ひたすら蕎麦の写真と感想並べるのって。
    まぁでもね、こんな事でも記録しておかないと、忘れちゃうのよ人って。

    で、これは札幌の某スーパー銭湯に併設されているレストランのざるそば。
    個人的ベストの「極楽湯・ゆうゆう亭の蕎麦」とほぼ同価格にもかかわらず、案外なのです。
    それは判っていながら結局風呂上がりには条件反射的に蕎麦を食べてしまうのですが、結局毎回やっぱり案外だなぁと思いながらきっと今度訪れたときも蕎麦を頼む。
    きっと、この案外さにおいてこの店は裏切らない。



    もう若くも無いし、ここ数年出張三昧の日々を送っていることもあり、そんな生活のなかでどうしても外食が増えてしまうのでせめて体への負担が少ない食べ物を選ぼうと心がけていたところなのですが、それが結果的に一人の外食時はほとんど蕎麦を食べている状況になっております。
    別に蕎麦を追求してやろうなんて気持ちは更科、いやもとい、さらさらないのですが、そんな中でもなんとなく好みや愛着みたいなものが生まれてきて、それが先日記したゆで太郎への歪んだ思い入れの発露みたいな醜態に繋がる事もあるのですが、さりとてせっかくある程度経験値もたまってきたし、どこかに赴く用事ができたらなんとなくその地の大衆的な蕎麦やさんを検索するのがモチベーションを保つためのルーチンになりつつあるので、暫く蕎麦屋さん発掘は続けようかと。

    でもどうなんでしょうね。
    たぶん、蕎麦が何かの目的になり始めると、途端に冷めてしまうのかもしれません。
    まぁ、そこは成り行きにまかせて。
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    どこが青山(せいざん)

    たまには自転車の話を書かないと。
    ねぇ。



    2月は諸々の事情で結局2週間お休みとなってしまった。
    いや正確に言うと「病人」と「主夫」をやっていたので別に全部休んでいた訳ではないし、そんな事情であるからしてバケーションだった訳でもない。
    まぁいつもと違う生活を送っていたので色々気分を入れ換えることができたし、最近では在宅でもそれなりに会社の業務が(技術的には)できてしまう部分もあるので、最低限の仕事や業務状況の把握も問題なくできた。
    休みとっている間に仕事するってのはどうよという意見はごもっともだし実際周りの人が完璧にフォローしてくれていたのだけれども、休みの間でさえちょっとした時間に仕事の事が気になったり、アイディアが浮かんでしまったりもするわけで。
    そんなときにずーっとそれを気にしながら悶々と休みの日々を過ごすのもそれはそれでストレスなのです。
    難しい問題なのだけれど。


    休みの間、ちょっと定期的に五反田まで通う用事があったので久しぶりにロードに乗りました。
    やっぱり小径とはスピード感、距離感が全然違う。
    実際のところ、じゃあBD-1とどれくらい所要時間違うの?と言われたらあんまり変わらないかもしれない。信号待ちとか多いし。でも明らかにロードの方が走行スピードは早いし走る気持ちよさは上。
    その一方で小径の方がスピード、乗車姿勢の関係だろうけど流れる街の景色はよく目に入ってくるのも事実で、やはりどちらが優れているという話にはなかなかならないなぁとつくづく思うのです。

    ちなみに写真に写っているのは行ってみたかった立ち食い蕎麦屋さん「ことぶき」。
    そばの話は別途まとめて書きますが、ここは美味しかった。


    目黒通りにて。
    自転車総合ビルという立派な建物が建っていて、自転車文化センターがここに移転していた。
    いや移転したのはずいぶん前の話だけど。
    こんなビル建つなんて、競輪事業ってやっぱり儲かるんだなぁ・・・

    そういえばそろそろまた「ハンドメイドバイシクル展」が開催されますな。
    今年は行けるかどうか、ちょっと微妙。




    主夫業やってる最中に小田急沿線の梅が丘でなつかしい「キッチン南海」発見。
    「まいにちとうさん」にも戦死の休息は必要なのだ。
    いやでも主夫期間中、ほとんど外食しなかったからね。自分を誉めてやりたい。


    そんなこんなの2週間、まぁそれなりに楽しみながらなんとか乗りきって、いつもの生活に戻りました。
    実は仕事においてもそろそろここ数年取り組んできたものの終わりが見えてきて、ひとつの旅の終わりが訪れつつあることをすこしずつ感じてます。

    どんな状況でも、どんな場所でも、まぁそれなりに愉快に取り組んで生きてはきたのですが。
    はたしてどこが着地点なんですかね。

    自分だけで決められるものでもなし、さりとて誰かに決められて嬉しいものでもない。
    はたして、どこが青山なのでしょう。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    修行スタンプラリー 後編

    前編はこちら

    さてスタンプラリーの二日目、というか延長戦。
    昨日やり残した京王線の1駅をクリアし、そこからJR山手線経由で品川へ向かい、京急チャレンジ開始。
    また例によってネタバレ禁止なので詳しくは書けませんが、前日に相鉄の2駅をクリアしていたこともあり、京急はスタンプ設置駅とカード引き換え駅の位置関係が比較的良心的だったので回りやすかった。

    とはいえ、これは京急だけじゃないですけど、スタンプラリーのスタンプ置いてある場所が「改札の外」なんですわ。
    ということはスタンプ押すたびに駅の外に出ることになるので、地味に交通費が嵩んでいく・・・これさ、

    それなら鉄道に乗って回る必要なくね?

    だってさ、改札外なんだから車で回ってもOKだし、自転車乗りなら全然楽勝で2路線分くらい半日で回れます。
    例えば2駅のうち、1駅は改札外、もう1駅は改札内にするだけでもノートレインな奴らを排除できる(入場券買って入ってくれればそれはそれでよい)し、電車で回る人の交通費も少し楽になると思う。

    「いや、それじゃダメ」
    まーそうですけどね。

    ま、うちは息子だけ改札外に出してスタンプ押させましたけど。


    蒲田駅で例によって「時間がないのでオニギリとサンドイッチ(と道中たまたま見つけた唐揚げ屋さんでテイクアウトした唐揚げ)」を食べながら一休み。
    京急は出張がらみでほぼ毎週乗っているのだけど、基本羽田ー品川間のエアポート快特ばかりなので、4両編成の普通電車は結構新鮮だった。
    あとクロスシートになっている2100形にも乗れたのだけど(それだけ何度も乗り換えさせられるのです、このスタンプラリーは)、ずーっと通勤仕様のロングシートに揺られているとクロスシートがたまらなく心地よかった。
    出張帰りにもたまーに2100形に当たることがあって、そんな日はちょっとだけ疲れが癒されて帰るのです。



    カード引き換え店がある京急川崎駅。
    掲示板がいまだに電子式じゃなくてパタパタ・・・って「クイズ100人に聞きました」のトラベルチャンスで使われるような、いや分かりづらいか、「ザ・ベストテン」の順位表示で使われるような、いや古すぎるか、まぁそういうやつ。
    趣があってよいですな。

    さて、川崎で無事「相鉄&京急のカード」2枚ゲット。
    よく頑張った。今日はそろそろ帰ろうか。また小田急と京王のスタンプもそろっているけど、海老名まで行かなきゃならないからまた今度買い物がてら行こうよ・・・

    「・・・いや、今日行こうよ。このまま横浜まで急行で行けばすぐだし、そこから相鉄線の急行に乗れば海老名にも行けるよ」

    おそらく、息子の頭の中の「乗換案内」には「鉄分多め」という条件設定項目があるんだろうな。


    「あっ新7000系・・・」
    もう行くよっ!(笑

    そんなわけで、約1時間ほどかけて京急川崎駅から海老名駅まで移動し、めでたく小田急&京王カードもゲット。


    いやはや、よかったよかった。
    4枚集まれば、とりあえず「グッズ詰め合わせ」に応募できるのだ。


    電車に乗っているだけなのに、腹は減るんだよな。
    親父は蕎麦、息子はカレーうどん。
    お互いに好きなものを食べる。
    小田急の駅そば「箱根そば」、普通で良い。これで良いんだわ。
    (最近、ちょっと蕎麦にナイーブになっている)


    今になって思えば、帰路はちょっと奮発してロマンスカー乗ればよかった。
    やっぱりVSEは別格だな。
    息子もまたいつか乗りたい、と。


    と、2日間かけてスタンプラリーは8駅制覇。
    暗号の解読も結構頭使うし(個人的に一番難しかったのは京王のあそこと東武のあそこかなぁ)、目的を持っての電車乗り継ぎ旅はなかなか楽しかった。「制限時間」というものが加わることで息子の思考や行動が結構変容するんだなぁってのも目の当たりにしたし、疲れたけど良い休日だった。

    まだスタンプラリーは6路線残っているけど、息子もまぁとりあえずこれで満足模様なので(そりゃ息子だって疲れただろう)、スタンプ熱が再燃しないことを祈っていた矢先、翌日夜から私自身が高熱にうなされインフルエンザ罹患。

    やれやれ情けない、別の熱にやられてしまった。

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    修行スタンプラリー 前編



    「私鉄10社 宝探しスタンプラリー」という企画がありまして。
    関東の私鉄10社それぞれ2駅ずつ暗号が出されて、その暗号を解くと目的地の駅がどこなのか分かる。
    その駅に行くとスタンプが置いてあるので、そのスタンプを集めていく企画。

    1社につき2駅ずつスタンプを集め、企画上ペアになっている会社(小田急ー京王、相鉄ー京急など、計5組)のスタンプを全部集めて、さらに指定のお店に行くと2社分の鉄道カードがもらえる。さらにカードがもらえるお店も、ペアごとに決まっている。
    要するに、カードをゲットするためには最低でも2社4駅+カード引き換えのお店がある駅の計5駅に行かなくてはならない。

    集めたカードの枚数に応じて、プレゼントへの応募(抽選)ができるようになる。
    最低で4枚集めると、鉄道各社グッズの詰め合わせセットの抽選に応募できる(100名)。

    もう言わずもがなだが、地獄のような、あまりに無慈悲な企画である。
    誰がこんな企画に参加するのさ・・・


    我が家だよ。
    それがなにか?(笑)


    とりあえず暗号は事前に全路線分解読して(意外と難しかった)、我が家から1日でどう回れば良いのかは息子に計画してもらい(スタンプ台設置時間が17時までという制約条件を与えると、ちゃんと最短ルートを検討してくれた)、とある休日の朝、嘘、寝坊して昼前に出発。



    一応スタンプのある駅(暗号の解読結果)についてはネタバレ禁止なのでどこをどう通ったみたいな話ははっきり書けませんが、まずは東急電鉄からスタート。



    続いて横浜から相鉄線へ。
    「あ、旧7000系だ!これすごく古くて、もうあんまり残ってないんだよ」
    普段使わない路線なのに、よく知ってるな・・・

    そういえば写真には残さなかったけど、相鉄の新しい車両は濃紺の車体がえらくかっこよかった。
    「あ、それはネイビーブルーね」
    そ・・・そうっすか・・・

    ちなみに昼食は予め購入しておいたおにぎり、サンドイッチ。
    「レストランでご飯食べてる時間は無いからね」
    は・・・はい・・・
    でもまぁ駅のホームで二人で電車眺めながらの食事も悪くはなかった。
    寒くなかったし。

    その後、大和駅で小田急に乗り換えて比較的順調にスタンプを回収。その後京王線に渡ろうとしたところで痛恨の乗り換えミス。

    京王に乗り換えるため多摩センター駅を目指したのですが、そのためには「唐木田行き」に乗らなくちゃならなかったのに「江の島行き」に乗っちゃったんだな。
    「あー、だから言ったのに・・・」


    この失策により京王への乗り継ぎで思わぬタイムロスをしてしまい、京王の残り1駅を残してタイムアップ。
    ここでしばし、責任追及のやり取りが発生し親子で険悪なムードが流れたものの(大人げない)、なんとか仲直りして・・・

    20190205214127902.jpg 
    翌日、断り切れずリベンジ開始・・・まぁ昨日の件はこっちが悪いので仕方ない。

    本日は昨日やり残した京王の残り1駅、そしてJR山手線経由(JRは対象路線ではないが京王から京急に乗り換えるためには仕方ない)で京急を攻略。こうすると

    • 京急ー相鉄ペア(カード引き換え駅は川崎)
    • 京王ー小田急ペア(カード引き換え駅は海老名)
    がそろう。で、とりあえず京急をクリアしてからまっすぐ川崎まで行けばカードももらえる。京王ー小田急ペアはまた後日引き換えればよいだろう。
    だいたいさ、1日目だけでだいたい鉄道に80キロくらい乗って、10駅以上降りてるんだよ。
    ある程度想像してたけど、いやほんと想像以上にハードだわこれ・・・


    後編につづきます。

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    変わらずに、そこにあってほしかった

    数年ぶりにインフルエンザ罹患しまして。
    状況的に今それどころではないのですが、まぁ最悪の出来事は最高のタイミングで訪れるわけですね。
    なんとか乗り越えていきましょう。

    それはともかく。

    先日、息子を五反田方面の某所まで連れていく用事があり、その後迎えにいくまでに少し空き時間ができた。
    そうだ、2号からこの界隈にゆで太郎があるよと教えられていたので、せっかくの機会であるからして昼食はそこにしよう。



    その細くシャキッとしたたたずまいは、間違いなくゆで太郎である。
    居を東京に戻してから札幌には毎週のように通っているものの、すっかりゆで太郎にはご無沙汰になってしまった。
    東京の方が圧倒的に店舗は多いのだけれども、その一方でほかの選択肢もたくさんあるわけで、そんなこんなで敢えてゆで太郎にいくこともなく。そして去年の年末に久しぶりに札幌でいつもお世話になっていた店に行ってみると、いつのまにか閉店。
    店はそこそこ繁盛していたように思うので、後継者問題なんだろうか。
    なんにせよ、1年以上足を運んでいなかったわけです。

    さていざ、久しぶりに食べてみる。
    と、なにかが違う。
    いや別に、ゆで太郎に対してグルメ的な味わいを求めているわけではないし、そもそもそんな舌も持ち合わせていない。でもねぇ、なんか麺がぬるくて、シャッキリ感がない。
    なんだこれ…勿論、お値段を考えたら全然納得出来るとは思うのです。しかしながら、だがしかし、在りし日に札幌で食べたゆで太郎とは全然違ったのでした。

    お腹は満たされた。
    しかしなんだ、このやるせない思いは。
    なんか、美味しくなさに憤慨しているのではなく(ワンコインの蕎麦としては間違いなく美味しい)、なんかあの頃の自分が傷ついたんだな、きっと。

    思わず2号に「こんなのゆで太郎じゃない」とラインを送り、ひとり五反田の寒空の下、まだ迎えの時間までしばらくある。

    いや、これじゃ終われないわ・・・と思ってふと気が付いた。
    すぐ近くに「本店」がある。


    なにをムキになっているのだ(笑)

    五反田に本店があるのですね。
    なんかゆで太郎って会社の構成が複雑で、もともとゆで太郎を創業した「信越食品」と、ゆで太郎のフランチャイズを統括する「ゆで太郎システム」の2社があって、五反田の本店は後者のもの。創業本店は別にあるらしい。
    ということで、本店へはしごしてこちらではシンプルにもりそばを注文。

    ・・・美味しい。美味しいんだよ。
    でもさ、なんかこのそば、ゆで太郎にしてはちょっと太くてふわっとしてない?
    うーん、なんかここまでくるとこっちがいちゃもんつけてるみたいになってきたな。
    でもね、やっぱり違うんだよ。美味しい、不味いじゃなくて、違う。


    ひょっとすると、私が食べてきた札幌のゆで太郎の方がこのグループの中では異端で、むしろ五反田で食べたほうが「真のゆで太郎」なのかもしれない。
    でもさ、ゆで太郎って「美味しい挽きたてのそば」を面的に広げていくために「原料の一括調達」「ノウハウをつぎ込んだ製麺機」「店舗運営マニュアル」を徹底的に整備して、店側はその日必要な分だけを打てばよいし原料は安価に調達できるしノウハウも共有できるというビジネスモデルではなかったのか。
    その結果として、本来はどこの店でも味は均一になるはずじゃないですか。それがそうじゃないってのは、結構驚きでした。


    おそらく、私はゆで太郎に味ではなく、あのころへの郷愁を求めていたのかもしれない。
    そしてなんとなくイメージ的に、ゆで太郎なら全国どこに行ってもあの味が食べられるのだろうって勝手に思っていたんだな。
    ほんとにね、冷静に考えればこちらの味覚や記憶だってどんどん変わっていくだろうから、そんなの店に求められても困るわけですが。

    ほんと、こんなにムキにならなくても良いのにね。
    それでもきっと、すごく身勝手だけど変わらないものをそこに求めていたんだろうな、と。

    ゆで太郎さんには本当に迷惑な話だ。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。