FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    10月の鉄道巡り

    (以下、書いたのは11月ですが、内容的に10月の日付で整理しておいた方が後々わかりやすいので10/31付で投稿)

    10月の息子とのおでかけは、いつにも増して鉄分が高かった。
    何せ平日は家を空けることも多いので、休日は極力彼のリクエストに応えているのだが、それにしても鉄道ばかり…
    よく飽きないなぁと感心する。

    15410394070.jpeg


    東武博物館。
    ここは博物館そのものだけじゃなくて駅前のイタリアンレストランもお目当て、らしい。
        
    15410395370.jpeg


    どこで知ったのやら、横浜にある「横浜市電保存館」。
    ここはJR根岸駅から更にバス、というなかなかアクセスしづらい場所にあるのだが、何故か息子は更に難易度を上げ、京急の上大岡まで行ってそこからバスで行こうという謎のこだわりを発揮。

    でも、なんかうまくバスへの乗り継ぎができず、結局地下鉄でできるだけその施設に近づいて、そこから目的地までの交通機関考えよう、と。
    そして目的地までの2キロ位の地点、地下鉄の吉野町駅までやってきて、さてここからどうしよう。
    お昼を結構すぎているし、おなかも減った。しかし駅の外に出てみても食事をとれそうなところが見当たらない。

    どうする?と尋ねると、とりあえず時間ももったいないからコンビニでなんか買って、どこか座れるところで食べて済まそうよと息子。
    好奇心(鉄欲)が食欲に勝るんだな・・・と半分呆れながら近くを流れる川べりでおにぎりを頬ばり、これもまぁよいかと暫し休憩していると、ちょうど目的地近くに行きそうな路線バスが通りかかったのでこれ幸いと乗車。
    そんなこんなのなんか不思議な珍道中を経て、なんとか目的地へ到着。
    15410395880.jpeg 
    ここ、結構見ごたえがあった。
    昔使っていた市電の車両が何両も置いてあるだけでなく、模型のコレクションや横浜の歴史を辿るような展示も多く、大人が観ても結構面白かった。

    15410395660.jpeg 
    なんかねー、横浜ってさりげなくおしゃれに見せるのが上手で、洗練されてますな。
    垢抜けてるなー素敵なだなぁと思う反面、この洗練感が個人的に鼻につくのです。

    以下、完全なる私怨。横浜に1ミリの瑕疵もない。その点ご容赦。
    高校生の時、横浜に漠然とした憧れがあって、進学するなら横浜の大学行きたいなぁなんて思っていたのだけれど、その当時やっていた通信教育の機関紙に掲載されていた「先輩たち座談会」みたいな特集の見出しの中に『地方はハマ(横浜)に来ないで!(笑)』なんて文言がぶら下がっていた。
    なんだそりゃと本文を読んでみると、生粋のハマっ子から見ると大学デビューで地方から横浜にやってきた人たちが過剰に洗練さを求めてかえってちぐはぐだ、見てて恥ずかしい・・・みたいに書き連ねられた若気の至りそのもの的な言葉に、純真さと子供特有の偏屈さの狭間で不安定な心を持て余す(一言でいうと中二病)ゆげ少年の憧れは引き裂かれ、あーそうですか死んでも行くもんかと固く心に誓い、それ以来この街に歪んだ感情を抱きながら生きてきたのです、えぇ。
    志望校も替え、まぁでもそれできっとよかったんだろう。トータルで考えたら。

    中二か。

    もう50年近く生きてきてすっかり汚れてしまった今なら、あーこの子きっと中学校まで鶴見川の向こう側に(以下略)とか鼻で笑って終わりなんだけどな。
    それにしても、いやそんなわけで、別に悪いのは横浜でも、中学まで川崎から鶴見川の向こうに歪んだ憧れを抱き続けた(個人の妄想です)彼女でもないんですけどね。まぁそんなこと考えながらもこうやって横浜を色々歩いてみると、本当に洗練された街だなぁ、と。
    古い建物の見せ方。
    保存館みたいな公共施設の職員の制服、立ち振る舞い。
    坂道と街並み。
    15410395100.jpeg 
    そして息子は、久々の京急に夢中。


    さて、息子といろんな鉄道散歩をした話を書こうと思ったのに、いつの間にか横浜市電保存館のところでとんでもないトラウマスイッチが入ってしまった。
    気を取り直そうにも、ずいぶん長くなってしまったのでここからは駆け足で。

    15410393820.jpeg 
    小田急ファミリー鉄道展で、引退するロマンスカーLSEとお別れ。
    本来、本記事のメインはこちらが相応しかったよなぁ。
    15410394340.jpeg 
    40年近く運用されていたらしい。
    お疲れさまでした。

    ちなみに息子はこの鉄道展で500円くじを2回引き、まさかのBトレインショーティのRSEを2連続で引き当てた。くじ運すごいな。

    15410394750.jpeg 
    こちらは京王れーるランド。
    ここは屋外展示の旧車両もよいのだけれど、地味に幼児向けプラレールコーナーに飾ってあるプラレールがレアものだったりする。廃盤になっている小田急の通勤車両とか。

    1810064082.jpg 

    1-R1176862.jpg 

    京王帝都電鉄、かっこえぇ。
    帝都ですよ帝都。
    総裁が加藤保憲だったりしないのかなぁ・・・あぁこっちは帝都破壊する方か。


    そんなこんなで、ずいぶんと鉄分の高い10月でした。

    スポンサーサイト



    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    蕎麦と書いてひとりと読む

    いや、深い意味はないのです。
    なぜか職場にも家族にも蕎麦を好む人がほとんどおらず、周りの人とご飯を食べるときに蕎麦にありつける機会がほとんどない。
    そんなわけで、一人で札幌に赴く時の食事はかなりの確率で蕎麦になるのです。

    1-LRM_EXPORT_20180802_080843.jpg 
    札幌駅ナカの蕎麦屋さん。
    増毛(ましけ)のお酒、国稀のワンカップでいただけるのがお気に入り。

    1-2409-2018-093449.jpg
    スーパー銭湯(?)極楽湯の蕎麦は幌加内(ほろかない)産のそば粉を使用。
    味音痴と言われようが、ここの蕎麦は香りが強くてそばつゆとの相性も良くて、好きなんだよなぁ。
     
    1-LRM_EXPORT_1102393652694283_20180924_210656369.jpg 
    市内でも評判の蕎麦屋さんらしい。たまには少し奮発してもバチはあたるまい。
    確かに美味しい・・・のだけど、おそらく海苔がすごく上等なものみたいで、海苔の香りにすべて持っていかれてしまった。
    やはり、私にはもっと大衆的な蕎麦が似合うのだろう。
    一時期ゆで太郎の事ばかりブログに書いていたくらいだから、推して知るべし。

    1-LRM_EXPORT_1259860804029109_20181005_195217379.jpg 
    札幌駅、アピアの中にある蕎麦屋さん。
    立ち食いテイストの店で食べる黒くて太い蕎麦は、JR小諸駅ホームの立ち食い蕎麦を思い出すのですが・・・もう閉店してるんですな、小諸のほう。
    あれ、美味しかったのになぁ。

    1810042236.jpg 
    地下鉄南北線 南平岸駅近くの美幌。
    蕎麦の香りがすごく強い。
    そして盛りが良い。
    本当は夜に来て飲みたいんだけどなー、なかなか叶わない。

    こう振り返ると、ほんとよく通ってるわ、札幌、そして蕎麦。
    なんとなく、蕎麦の中に自分に対する孤軍奮闘のささやかなご褒美を見出しているのかもしれない。


    いや、周りの人に蕎麦食べましょうって誘われたら、ふつーに喜んでご一緒するんですけどね。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ここ数年、10月は鬼門の月らしい

    今月、ひどく風邪をこじらせてしまい、1週間くらい病床の人となっていた。

    いつもジョギングの記録をつけているJogNoteを振り返ってみても、9日間ぽっかりと空白ができている。

    jognote.jpg 
    まじか。

    そういえば。
    去年の10月は、前立腺炎の再発&急性胃炎(こっちは救急車のお世話になった)。
    一昨年の10月は、ずいぶんと精神的に落ち込んでいた。まぁこれは仕方ないことなのだけれども。

    ちなみに3年前(一昨々年とかいて「さきおととし」と読むらしい。初めて知った)はどうだったのかなぁとブログを振り返ってみると、2号Bianchiの後ろカゴを取り換えてた。
    おぉ、実はこの時につけたカゴがボロボロになってしまったので今月取り換えたんだった。
    ちょうど3年か。奇遇ですね。

    それはともかく。
    そうそう、2号のカゴを交換するのに乗じてCarlton-Rにもリアキャリアつけたんですよ。いままでアンチリアキャリア派で、キャラダイスの大型サドルバッグ党だったんですけどね、キャラダイスって見栄えは素晴らしいのだけれどもどうも自分の用途にうまく合わない。
    そこで思い切って、今更ながらリクセンカウル党に鞍替えしたんですわ。
    1-LRM_EXPORT_1312707453845004_20181008_203807257.jpg 
    写真じゃわかりづらいですけど、リクセンのヴァリオラック。
      こんなやつ。自分のカバンやリュックを括り付けられる。
    使ってみると、やっぱり便利なんだわ。バッグを「自転車の一部」として考えるならばキャラダイスってデザイン的にすっと腑に落ちるのだけれど、バッグはあくまで自転車降りてからも使う「人間の付属品」である局面も多いわけで、そうなるとやっぱりその時々にあったバッグをマウントできる仕組みって合理的なんだよな。
    なんか今更なんですけど、自転車に関して新しい局面を生み出すにはやはりモノに頼るのが近道。そう、なんかこう全然自転車乗れていない現状を乗り越えていくきっかけが欲しいなぁ、なんて。

    なにが、それはともかく、だ。
    激しく話がとっ散らかっている。
    無理やり自転車ネタを持ってきた感が拭えないじゃないか。


    本格的に話を戻すと、10月って季節の変わり目で急に気温が変わったりするし、私の職場的にまぁ色々ある時期なので心身ともに仕事がしんどくなる時期でもあるので、そういうのがいろいろ重なるとやっぱり体調面の不調として出てくるんだろうなぁ、と。
    分かっているのにね、だったらあらかじめ何か手を打てばよいのに。

    18-10-040812.jpg 
    ほんと、今月もずいぶん飛行機に乗った。
    いつの間にかJALのダイヤモンド会員ですよ。
    もうね、スタンド「クレイジーダイヤモンド会員」発動しまくり(パンとスープ、それにサクララウンジよりちょっと上等なウィスキーやビールが飲める)。

    1-LRM_EXPORT_75656966445745_20181023_214857331.jpg 
    新幹線も乗った。

    1-LRM_EXPORT_1331766422368658_20181010_194300138.jpg 
    久々にゆりや食堂も行った。
    もともと蕎麦屋さんだったんですね。試しに食べてみたら美味しかった。
    でもこちらならでは、というメニューはやっぱりラーメンだよな・・・

    そんな感じで、相変わらずふらふらとした日々なのです。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。