FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    こんな9月、あっただろうか

    1-LRM_EXPORT_1146128900443338_20180927_222832164.jpg
    毎週のように東京と札幌を行き来して。
    9月からまた札幌で新しいミッションが発生したので、しばらくはこういう生活が続くのだろう。
    その札幌が大地震に見舞われて、観光関連事業が大打撃。
    結構、他人事じゃないのです。

    そんな生活だけど、負けないくらい遊びにも行ったなぁ、と。
    1-2018-09-171219.jpg 
    再びこどもの国やら。

    1-LRM_EXPORT_1089768232249334_20180923_224753093.jpg 
    西武園ゆうえんちやら。
    ここさ、連休中の日曜日に行ったのだけれども、ほぼすべてのアトラクションが待ち時間ゼロ。大丈夫か・・・
    アトラクションも写真の通り、なんつーか昭和を真空冷凍パックした感じ。

    1809091211.jpg 
    これはお台場にある3丁目の夕日的な「造り込まれた昭和ノスタルジー」前回の、お台場3丁目商店街。
    お台場は本当に隙が無い。片や西武園は「結果的に」昭和で時が止まってる感がなんとも味わい深い。

    それにしても、どっちも息子のリクエストで赴いたんだよな。
    こいつの趣味、面白い。

    1-LRM_EXPORT_1060540803945982_20180922_172410835.jpg 
    東向島駅の真ん前にあるイタリアンの店。
    東武博物館に行くついで、2回目の来訪。
    ここ、すごく美味しい。

    色々遊びまわって、東京と札幌を行き来して、空いた時間はランばかりしていた。
    今月は諸々の合間を縫って135キロ。
    昨年も一昨年も、ランについては無理しすぎて脚を痛め、結果的に1か月以上のブランクを余儀なくされていたのだけど、今年は大きな故障なく少しずつ距離を伸ばせている。この調子で行きたいもんだ。

    それにしても、本当に自転車乗ってないな。
    月末にお知り合いになった方々が北の地で自転車旅をしているのをツイッターとかで眺めながら、あぁいいなぁ、走りに行きたいなぁなんて思う一方、なんかちょっと不安になってくる。

    自分、まだ自転車で走れるんだろうか。

    ちょっと思うところもあってラン中心の夏だったのだけれど、それはそれとして、何か自転車を復活させるきっかけが必要だ。


    さて、なんか台風が迫ってきているので、外保管の自転車達を養生してこなければ。
    9月末だよ。
    こんな時期に日本縦断する台風なんて、今年は一体どうなっているんだ。

    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ありがとうBarley

    長年、我が家における自転車生活のシンボル的存在だったBarley Honey Bee。
    ついに引き取り手が見つかりました。

    1-LRM_EXPORT_872713586063705_20180909_092958254.jpg
    購入したのが2010年4月。
    当時「あと10年は戦える」と冗談交じりに書いてから8年。
    トレーラー自体は全然普通に使えるし、Barleyを扱う代理店も増えたので保守面もたぶん全然問題ない。消耗品のタイヤもチューブも普通の20インチなので市販品が使える。最新型は色々使い勝手が良くなっているみたいだけど、安全面とか基本性能は8年前のモデルでも全然問題ない。

    掛け値なしに、10年以上使える逸品です。
    ただ子供がこれに乗ってくれるのは肉体的、精神的にもだいたい8歳くらいまでがリミットなので、10年以上運用するには子供が二人以上必要になります(笑)

    我が家も、子が自分で自転車に乗り始めたこと、それにロングテールバイクを導入したこともあって、トレーラー運用が必要な局面がほとんどなくなってしまい、うちで死蔵しているくらいなら現役の子育て世代に使い倒してもらおうと、今回手放す決断をした次第です。
    子供運ぶ必要なければ、実質ロングテールでほとんどの用は成すので。

    1-LRM_EXPORT_854665235158126_20180908_213221281.jpg 
    本当に、こいつにはお世話になった。
    我が家の子育て、というか自転車メインで生活を組み立てていこうという我が家のライフスタイルの象徴的な道具だったのです。
    それだけでなく、大量の荷物を楽に運べる。こっちがこけてもトレーラーは倒れない。全体としてのホイールベースが伸びることで得られるゆったりした走行感覚(これが一番素晴らしかった)。

    1601161440.jpg 
    雪道でも活躍。

    1-R1174798.jpg
    炊事遠足でも。

    2013071313390001.jpg 
    日常使いでも。
    本当に、大活躍でした。

    引き取っていただいた先では、電動アシスト自転車に装着。ヒッチの取り付けをお手伝いしてきたのですが、電動アシストとの組み合わせ、良いですな。
    いくらBarleyが引っ張りやすいといっても、アシストあったほうが絶対に楽だろう。特に女性は。
    あ、でもせっかくだから電動アシストでどんな乗り心地になるのか、試乗させてもらえばよかった・・・

    お子さんがいっぱいいらっしゃるので、引き続き大活躍してもらえそう。
    さすがに下のお子さんがトレーラー卒業するまでは持たないかもしれませんが、おそらく数年運用するともう手放せなくなり、新しいの買うことになるんだろうな(笑)

    手放すのは本当に寂しくて、だからこそ安易にオークションとかリサイクルショップに売却する気になれなくて、結局お渡しすべき人に辿り着くまで1年以上かかってしまった。
    でも必要な人にこいつをバトンとして手渡せて、本当に良かった。

    やっぱりね、人生に新しいスペースを空けないと、新しい風は入ってこないんだと思うのです。
    自分の人生において役目を終えたものには深い感謝と共に新しい役割をプレゼントし、それぞれが次の一歩を踏み出したほうが良いんだ。

    本当に、今までありがとう。


    いや別に、新しいトレーラー物色してるわけじゃないですよ。
    念のため(笑)

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    試され過ぎるにも程がある

    台風&大地震に見舞われた身内の手伝いに、北海道へ。
     

    あ、お気になさらず。
    出張で貯めたマイル使ってますから。

    身内は人的被害がなかったこと、そしてブラックアウトが比較的短時間で済んだために冷蔵庫の中がほぼ無事だったのが幸い。
    しかしながら、道民の方々ほ普段経験したことがないであろう揺れと、前日の台風、それにブラックアウト後の物流混乱、本当に不安な日々だったと思います。

    本当に、どうぞ御無事で。
    地震の不安が少し遠ざかっても、電力、物流、経済等々、不安の種は諸々。
    物理的なダメージと同じくらいきついと思います。
    それでもまず御無事で。


    そんなこと考えながら北海道に行ったんですけどね、まぁ思った程被害も大きくなく、一安心。
    片付けは早々に終わらせ(というか行った頃には大半終わっていた)、せっかくだからと庭で焼肉始める始末。

    なんか、何しに行ったんだ。

    もう趣旨を履き違えついでに書き殴ってしまうと、札幌市内でチェーン展開してる島田屋という焼肉屋さんがやっている精肉店があって、そこの肉が美味しかったんだわ。多分店に出す肉を捌くついでに小売りもしているんだろうけど、本当に美味しい。
    店で食べても美味しいけど、家で焼いてもよし。
    なんか、益々何しに行ったんだか分からなくなってきた。
     

     

    ちょっと空き時間にF20-RAで散策してたら、15日から開催するオータムフェスタの準備をしていた。今年は訪日外国人だけでなく国内観光客の方々が激減するだろうから苦しいだろうけど、それでもなんとか開催まで漕ぎ着けたのがすごいわ、ほんとに。
    だって狸小路行ってみても、全然外国人いないよ。
    5丁目界隈の免税爆買いのメッカ地域なんて、それこそ開店休業みたいな感じでした。

    こんな中でできることなんてあんまりないんだけどさ、しばらく出張とかで頻繁にいく日々が続くので、せめて自分自身は色々と、北海道を積極的に楽しみ、再発見してやろうと思います。

    ほんとさ、昨年だって札幌の年間インバウンド(訪日外国人)入込数が257万人。
    彼らがホテルに泊まり、ご飯食べて、観光して、(国籍によっては)爆買いして。雑なフェルミ推定レベルで考えたって、外国人だけで少なく見積もっても年間500億円以上は札幌市内にお金落としているんじゃないか。
    これを道内に広げて考えたら・・・国内観光客に広げて考えたら・・・ほんと、なんかため息しか出ない。

    地震リスクや電力リスクが風評的に広がって、たくさんの人々が来道、来札を取りやめ始めると、本当に影響は計り知れない。
    電気もねぇ、金も落ちねぇ、余震で足元ぐーらぐら・・・とか、冗談でも言えないわ。
    書いてるけど。

    でもまぁ、本州住みの外野が落ち込んでも何の役にも立たないので。
    個人的にはPlay for Us,Pay for Hokkaidoの精神でいこうかな、と。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。