FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    1月を振り返る

     正月明け、新しく眼鏡を作り直して視力を合わせたら思いのほか老眼が進んでいたことにショックを受けているゆげ1号が、新しい眼鏡がよくよく見ると全然自分に似合っていないことにも気付いてしまって踏んだり蹴ったりなわけですが。

    まぁそんな悪いことばかりでもなかった1月を振り返ります。
    ちなみに眼鏡の見え方自体は至極好調。良い眼鏡屋さんに出会えてよかった。


    1-DSC_0322.jpg 
    息子と行ったトミカ博でみた、プラチナ製トミカ。
    700万円だって。


    1-DSC_0370.jpg 
    相変わらず行ったり来たりな生活が続いていますが、札幌出張中にチカホの古本市みたいなやつで偶然手に入れたさっぽろ文庫「老舗と界隈」。
    これに載っていた、冨士屋のとうまんをたまたまアピアで見つけて購入。
    札幌の街並みと老舗の歴史を振り返りつつ、この本自体が昭和の本なのでさらに現在との時間の経過があるのが面白い。
    今は仕事で札幌市内を歩き回ることも多いので、この本に記された景色を思い浮かべながら歩いている。

    1-R1176232.jpg 1-R1176238.jpg 
    携帯をSIMフリーの安いやつに換えたら、カメラがほんといまいち。
    そんなわけでまたGRD3をまた引っ張り出す機会が増えた。
    やっぱり、記録される情報量が全然違う。
    今年はもっとカメラと戯れよう。

    1-R1176264.jpg 
    1月22日。
    東京は大雪。
    首都高がほとんど壊滅してたので、246とかがかなりすごいことに。
    1-R1176273.jpg 
    普段、雪への備えなんて無いですからね。
    東京で雪が積もると大変。

     1-DSC_0333.jpg 
    そんな合間、1月はなんか色々と美味しいものを頂くことができた。
    なんか、そう考えると盛りだくさんだったんだな。


    さぁ、年度末にかけて、公私共に大変だ。
    腹を括って、怯まずに行こう。


    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    何年ぶりかのハンドメイドバイシクル展

    相変わらず、いろんな意味で行ったり来たりの日々がもうしばらく続きます。たぶん。


    週末、いつもより少し早めの飛行機で東京へもどり、2018ハンドメイドバイシクル展へ。

    東京に住んでたときは何度か足を運んだのだけど、札幌に転勤になってからはさすがに行けず。
    なんか当時よりはるかに出展者が増えていて(たぶん)、さらにここ数年、自転車雑誌とかムック的なものもほとんど読まなくなっているので、いや全然読んでいきたいのだけれど自転車人を初めとして軒並み雑誌類が姿を消してしまったじゃないですか。
    なので新しいビルダーや会社の情報が全然入ってこなくなって数年、随分この界隈も様変わりしたんだなぁ、と。

    1-R1176245.jpg 
    前回(2014年)に初めて知った、山音製輪所の自転車とバッグはやっぱり良かった。

    1-R1176248.jpg 

    ケルビムはやっぱり攻めてる。
    マッドガードとフレームが一体化したかのようなフォルム、確かにかっこいい。

    その他、とにかく50社くらい出展していたので、かなり見ごたえがあった。
    あちらこちらで、雑誌で見かけた事のあるビルダーさんが見物客の質問に色々答えている。
    来場者もほんと、年齢、風貌、体型、様々。
    展示されている自転車のジャンルも、オーダーメイド=クロモリランドナーみたいな構図だけでなく、いろんな裾野が広がってきているんだなって事は感じられた。

    のだけど、だけど・・・

    なんかね、ピンと来ないんですよ。
    なんか、全体的に最近のトレンドなのか、フレームが少し太めでそれでも軽めに仕上がっているようなモデルが多く、塗装もなんか全体的にピンとこない。
    せっかく、目の前に丹精こめられた自転車やそれらを生み出したビルダーがいるのに、問いかける言葉が見つからない。

    なんなんだろう。この感じ。
    別に自転車への興味が減っているわけじゃないんだけど・・・なんか、うまく言葉にならない。
    自分が自転車に何を求めているのか、なんか分からなくなってきた。

    そんな中、めちゃくちゃ気になったのがこの1台。
    1-R1176254.jpg 
    エンメ・アッカという工房が1台だけ出品していた、ステンレス製のロード。

    なんだろう、やっぱり写真ではうまく表現できないんだけど、これは本当に美しかった。
    ラグ(継ぎ手)の仕上がり、引き締まった全体のフォルム。
    これは素晴らしい。どなたかがパーツを持ち込んでフレームをオーダーしたものらしいのですが、オーダーした方のビジョンとビルダーの技能、センスの化学反応が見事にはまったんだろうな、って思う。

    こちらの工房、とても実直そうな方が一人でブースに立っていて、ひっきりなしに訪れる見物客に話しかけられっぱなしで大変そうだった。
    なのでお話を伺うことも叶わなかったのだけど、帰宅してから工房のwebサイトを見ると、東日本大震災で設備をほとんど失い、本当に大変だったみたいだ。そんな苦労も知らなかったけれども、とにかく今回の展示では一番惹かれる自転車だった。


    きっと、自転車のオーダーって自分はこれからもしないんじゃないかなって思う。(しないとは言ってない)
    単にポジションや乗り心地の問題だけなら、別にオーダーしなくたってフィッティングはできるわけだし、やっぱりこういう自転車が欲しいっていうビジョンが必要なのかなぁ、と。

    自分が思い描く自転車より、自分よりすごい人が考え抜いて作られた自転車の方が、今はまだやっぱり魅力的。

    いやね結局、今乗ってるラレーやclub2000、P20とかFATとかロングテールがすごく気に入ってるんですよね。
    そういうことだ。




    ま、いつか縁があれば、是非。
    それにしても、エンメ・アッカの自転車は・・・







    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。