FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ほんと、裏目に出る



    本文と写真はあんまり関係ないんですが、結構カメラ機能が気に入っていたスマホ、ついに故障。
    1-DSC_2640.jpg 
    札幌ー東京の往復生活における連絡手段、カメラ、ジョギング時の音楽プレイヤー、ネットやSNS。
    そして飛行機のチケットレス搭乗をはじめとするおさいふケータイ機能。

    良く考えたら、ほんと呆れるくらいスマホに生活を依存している。
    で、修理に出してみたら、保障サービスに入っていないことが判明。
    そうだ、この前に使っていた端末の時には保障サービス入ってたんだけど、その端末が壊れた時に「端末のカドに落とした痕あるから保障対象外ですねー」ってもんで、えーそんなちょっとの傷で保障効かなくなるんならもういいやって機種変するときに保障サービス入るの止めたんだった。

    そしたら、今回は「特に外傷とかも無いんですけど、保障サービス入ってないので引き取り修理対応で、修理費見積もりさせてください」ってことに。

    1-DSC_2462-EFFECTS.jpg 
    思えば、夏くらいから調子悪かった。
    ま、すぐ対処したらどうにかなったわけでも無いんだが。

    見積もりには1週間くらいかかるそうな。
    一応代替機貸してくれて、googleアカウントとかうまく使えばまぁ7割くらいの機能は代替機でもすぐ復旧できるんだけどさ(裏を返せばどんだけgoogleに情報預けてるんだってはなしだが)、やっぱり細かい操作感とか、アプリ入れなおしたりとか、どうせ代替機はいずれ返すものだからまぁ入れずに我慢するか的なアプリとかあって、なんとも使い勝手はよろしくない。
    なんか、自分自身の機能もデグレしてしまったような不便さ。

    それよりも、いったい修理費いくらかかるんだろう。
    見せてもらった書類では、修理費の範囲は約1000円~6万円・・・
    ちなみに機種変してから1年ちょっとしか経ってないので、残債も4万くらいある。

    なんか、裏目裏目だわ。
    修理費高かったら、もうSIMフリーの格安スマホに乗り換えたほうが良いかもしれない。

    そういえば最近購入したHuaweiのタブレットがかなり良かったんだよな。
    MediaPad M3の8.4インチモデル。
    こんなの。


    性能も申し分ないし、余計なアプリ入ってないし、それでいて標準機能でパワーマネジメント系の機能が動いていてバッテリ喰いのアプリを止めてくれたり、キャッシュ削除とかもやってくれる。
    画面も奇麗で、あと操作性がかなりよい。
    下部中央のボタンというか指紋認識パッド部分を押せば「前画面に戻る」、長押しで「ホーム画面に戻る」、左から右にさっとなぞれば「起動中アプリ一覧が表示」ってのがすごく使いよい。
    これで3万しないって、すごいなHuawei。

    修理代がいくらか次第だけど、どうせならスマホもHuaweiのやつにしようかな・・・
    仕事柄、正直この会社には色々あったり無かったりしたんだが、このコスパと完成度は本当にすごいなって思う。

    うーん・・・


    スポンサーサイト



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    旅客機が飛ぶ下で季節は変わっていく

     IMG_1718122012.jpg
    相変わらず、行ったり来たりな日々。
    文字通り、地に足が着いてないと言っても差し支えないくらい飛行機に乗っているのですが、たまーにうまく窓際の席が取れて、天候にも恵まれたりすると、こんな景色に出会えたりします。
    しかし北海道と東京を行ったり来たりしてると、ほんとに季節感がぼやけてくる。

    17101435.jpg 
    とはいえ札幌はもう晩秋。
    そろそろシーズンオフということで、中島公園のボートに乗ってきた。

    1710016.jpg 
    ボートになんの警戒感もなく近づいてくる鴨。

    ゆげ1号  :鴨って英語でなんていうの?
    息子  :duck

    ダックって、アヒルじゃね・・・?って思って、家に帰って辞書引いたら、鴨もアヒルもduckなのね。
    知らんかった。

    17101550.jpg

    落ち葉が増えてきた。もう冬は間近。
    来年の秋は、どこで何をして過ごしているいるんだろう。
    願わくば、もう少し自転車を楽しめる日々になっているといいのだけど。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    身体の中の何かが入れ替わる

    もうすっかり復活しているのですが、10月に入ってから、なかなか身体が言うことを聞いてくれない日々が続いてました。
    BD-1のサドルがいまいちフィットしなくて前立腺炎が再発したり、突然急性胃炎を発症して夜間救急のお世話になったり。

    なんでしょうね。
    色々と身辺がイレギュラーな状況にあって、別にネガティブなことばかりではないのだけれども、うまく心と体のバランスが取れていないんだろうな。

    住む場所、仕事、生活、食事・・・生きていくスタイルが変化することで、たとえ形式的なものであっても、それは間違いなく気分も吸っている空気も変え、新しい自分との出会いをもたらしてくれる。
    ただ、やっぱり変化はストレスを連れてくるんだなぁってこと、そしてそれに抗える生命力みたいなものは自分が思っている以上に衰えてきているんだなと痛感している今日この頃です。
    これさ、体力とか持久力とか知力とはちょっと違う力なのよ、たぶん。

    その代わり、おっさんには「致命傷になる前に、隙を見計らって適度に手を抜く」という、生きていく「偽術」が磨かれていくのです。文句あるか。


    10月に入って、冷え込み始める前のとある日の札幌。
    息子の運動イベントを観覧したあとの暫し自由時間。
    胃炎も癒えてなかったけど、せっかくなので散走へ。
    本日は平地メインで行こう。無理はしない、無理は。

    1710064155.jpg 
    豊平川をひたすら北上して、適当なところで帰ってこようと思ったのだけど、なんか走っているうちに気持ちも体も調子が上がってきた。

    1710061949.jpg 

    結局、豊平川CRの北限まで。
    大した距離ではないのだけど、なんか走っているうちにどんどん体の中に新しい空気が取り込まれてきて、その空気を巡りがよくなってきた血液が体中に運んでいくような感覚。

    あぁこれだ。
    この気持ちよさがサイクリングの原点だったんだ。
    いつの間にか自転車を操ること、より高い運動強度、より遠くへ行ける達成感に自分の欲求がシフトしていたのだけど、それはそれ、これはこれだよな。

    1710062031.jpg


    札幌の果て。
    いやそういういい方は失礼なんだが、ここには私が幼少期を過ごした札幌の原風景が残っている。
    手付かずの緑、不法投棄、道端の小川みたいな排水溝。簡易舗装しかされていない中通り。
    いやもう少し住宅地だったけどさ、心証風景的にはこんな感じなんですよ。
    こんな景色のなかで生まれ育ち、多少なりとも色々あって今ここに至る。


    風光明媚ではないんだけど、なんか洗われる。
    気がついたら、ダメージ受けていた身体も随分元気を取り戻していた。

    ありがとう。帰ろう。


    1710061429.jpg 
    …あの、その帰り道に風呂&蕎麦ですか?
    なんか元気取り戻しすぎでは?
    胃炎はどうした?




    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    あれから10年も

    とある週末の午後、暇を持て余して多摩川へ。

    1-DSC_2517.jpg
     
    ウチから20キロくらいで河口近くまで。
    昔よく来たなーとか思いつつ、これまではいわゆる大鳥居まで来て引き返してきたのだけれども、ふと気がついたら大鳥居の側を流れている環状八号線は空港に向かっている。いや当たり前だけど。

    でも、空港に向かう道路、特に車道は自転車通行禁止が多く、空港まで自転車でたどり着くのはなかなか大変。
    我々も過去に一度、空港から自転車で帰宅したことがあるのだけれど、もうどんなルート通ってしまったかも忘れてしまってる。おまけにそのときは空港発だったので、空港への行きかたなんて判るわけも無い。

    ブログの日付みると2007年。当時も小径車のF20-RAで走ってて、色々巡り巡って今はBD-1でここまで来た。
    10年前なのか。10年経っても同じことしてるのか、自分。


    いいや、そういうことは。
    どうせ今は一人だし、暇だし。

    迷ってみよう。

    1-DSC_2522.jpg
    色々迷って、行きつ戻りつしながらたどり着いたのはモノレール、新整備場駅の近く。
    目の前を、滑走路に向かう旅客機が通っていく。
    ここはなかなか見ごたえがあった。

    そして、ここまではなんとかたどりつけたものの。
    ここからどうすべぇと悩み始めたタイミングで、どうも空港関係者と見受けられる男性がシティサイクルに乗り、勝手知ったる風情で走っていった。
    もしかして、彼に付いて行ったらあっさり空港までいけるんじゃね?

    1-DSC_2520.jpg

    はい到着。
    あまりにあっけなく、第一ビルへ。

    しかし、歩道中心のルートですけど、このルートはいいわ。
    サイクリングで来たいかというとアレですが、羽田空港から輪行したいときには使えそう。

    かつて2号と一緒に羽田空港から帰ったときのブログ読み返してみると、真夏の暑さもあって結構苦労した様子が。そしてもう二度とこねぇよ的な疲労感が文章からにじみ出ている。
    惜しいなぁ、ちょっと脇道に逸れると、比較的素直に通れるルートあったんだが・・・

    あぁ、今手元にGPSが無いのです。
    GPSでルートさえ残せれば、10年前の自分たちにルート教えてあげられるのに(いや無理だ)。
    今度、札幌からロード持って帰ってこよう。そのときにGPSも一緒に持ってきて、帰り道のログ取ろう。


    それにしても、あれから10年か。


    Tag : BD-1 F20-RA
    Posted by ゆげ1号 on  | 5 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。