softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    シルバーウィークはあれこれあったんです

    シルバーウィークは、仕事も少し絡めながら札幌に帰ってきました。
    なかなか、慣れない一人暮らしをしていると、連休を一人で過ごしてると気が滅入ってくるのです。
    45歳のおっさんがなに気弱なこと言ってるんだって感じですが、仕方ないんですよ。就職してすぐに結婚したし、一人で生活するって経験がほとんどないのですから。
    一人暮らしのスキル的な部分は意外と何とかなるんですけどね、なんかそれだけじゃないんです。
    それに、なんつーか色々整理しなくちゃならないことも出てきたので。


    さよなら交通資料館












    1709173608.jpg 

    約2年半、札幌の交通資料館がお休みになるそうで、息子と行ってきました。
    ここ、古い市電や路線バスが無造作に展示されててよかったんだよな。
    息子も自分のタブレットでたくさん動画や写真を撮りためていました。

    1709172116.jpg

    再開される平成32年春、我々は何処にいるのやら。


    モエレ山がどうにかなっていた

    1709131349.jpg 
    モエレ沼公園にそびえるモエレ山、山頂を目指して銀輪たちが。
    17091452.jpg
    主を失った自転車たちが天を目指す。

    今、札幌で芸術祭やってるんですね。
    そのインスタレーションの一つらしい。

    こういう景色って、いわゆる「インスタ映え」しないんですかね。
    しないんでしょうね。
    でも、好きだ。


    もう一つのさよなら

    色々な事情がありまして、今札幌で家族が住んでいる住居から退去しなくてはならなくなりました。
    時間的猶予はもう少しあるし、別に誰が悪いとか訴訟とかそういう話でも全然なく、でもその期限はいつか来るのだろうけどもう少し先のような気がしてたんだよな、何の根拠もなく。

    しばらくの間は札幌と東京を行ったり来たりしそうだから、だから当面は札幌の住まいに家族を残して良いかって形で今の生活がある。往来生活は一応期間限定だから、いつかは終わる。
    そして、家族にはここで数年間暮らしてきた蓄積と人間関係がある。

    いずれ、この往来生活が終わったときに生活スタイルをどうするかってのは、考えなきゃいけない懸案事項だったんだ。
    でも今の二重生活がなんとなくやれてしまっているので、なんかそんな先のことを悩むモチベーションがちょっと低かった。

    でも、今回明確に、期限を切られてどうにかしなきゃならなくなった。
    どこかに札幌での住まいを見つけて、そこと東京の二重生活を続けるべきなのか、家族ともに東京に戻るべきなのか。

    いずれにせよ誰かが誰かにさよならを言わなければならない。
    そんな話を、2号と話し、息子とも話した。
    息子はまだそんな難しいことは解らないけれど、土地への愛着と家族への愛情という選択肢を息子なりに真剣に受け止めてくれた。たぶん。

    やっぱり、生きていると些細な、寝言サイズの大事件が色々と怒りますね。


    それはそうと。

    引っ越しするしないは置いといてですね。
    Barleyのチャイルドトレーラー、だれか要りませんか?
    我が家ではさすがにもう息子も乗らず(乗れるけど)、荷物運搬に使おうと思ってもロングテールで結構間に合ってしまうし、なにより子を乗せずに荷物だけ積んで走っていると覗き込んだ人がかえってびっくりするんですよ。「えぇ、人も犬も乗ってない!」って。

    なので、同じトレーラー買うにしても荷物運搬用に特化した奴に買い替えたいかなぁ・・・と。

    結構使い倒したので使用感はありますが、まだまだ機能的には問題なく使えると思います。
    定価4万くらいですから、古物半値の五割引ということで1万円くらいでどうですかね・・・

    ま、このブログで募集してもあんまり意味ないんですけどね。
    一応。





    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    こんな楽しみ方から始まったんだ

    1709031615 (2) 
    相変わらず、行ったり来たりな生活。
    まぁ、やってみればできるもんだ。一回だけ、東京に帰る飛行機に乗る2時間前に隣国がミサイル撃った時はちょっとどきどきしたけど。

    とはいえ毎週帰っているわけでもないので、東京で一人の週末を過ごす時間も増えた。
    時間はあるんだけど、まぁ慣れない一人暮らしなもんでなかなか要領を得ず、なんか目的を明確に持たないと時間は過ぎていく。
    スーパーですげー安いワイン買って帰宅後に封を開けたらこの値段でなんでコルク栓なんだ!って慌ててスーパーに栓抜き買いに行ったものの1,000円くらいするのな、スーパーだと。
    400円で買った安物ワイン飲むのに1,000円のオープナー買うか?って今度は少し離れた100円ショップに行くわけですよ。日も落ちてくる。あぁおなか減った・・・

    そんなことしてると、なんかどんどん時間は過ぎていく。
    それじゃいかんと思い立ち、週末は昔よく蕎麦食べに行った深大寺まで行ってきました。

    1709091402.jpg 

    あぁ懐かしい野川。
    昔よく野川沿いを走って深大寺に行ったり、野川公園や多摩霊園まで行ったり、多摩湖の方まで足を伸ばしたり、そんな感じでよく利用していた。
    そこから10年近く経ち、なぜかBD-1で走ってる。
    なんとも、感慨深い。

    1709090356.jpg 

    深大寺到着。
    当時、フランス人サビンヌさんの焼くクレープがあったのだけど、店にはもうサビンヌさんの名前はなし。
    まぁそりゃそうか。もう随分経つもんな、あれから。

    1709094052.jpg 




    当時からほとんどこの店でしか食べてなかった、松葉茶屋。
    やっぱりここ、美味しいと思うんだよな。
    蕎麦もつゆもきりっとしていて、天ぷらも美味しい。

    でも、この日は朝食もろくに取らずやってきたので、この上品な天ざるではちょっと足りない。
    うーんどうしようかなぁとあたりをうろうろしながら、いやせっかくだからもう一軒行ってみよう、もりそばなら食べ切れるだろうと他の店を物色し、特にアテもあるわけではないので目に付いたとある一軒へ。

    つゆも、蕎麦の味も量も、店によって結構違うんだなぁ。
    勉強になった。
    腹、苦しい。

    そんなわけで、帰りは少し遠回りしようと多摩川へ。
    1709091227.jpg 

    こちらで入手したBD-1、一言で言うと「バランスが良い」。

    この車両は古いモデルなので今の車両の方が色々性能は上がっているのかもしれないけど、ハンドリングは小径車っぽいクイックさが無く、太目のタイヤは多少の砂利道とかでもあんまり気にせず走れる。ワイドレシオの8速変速はまぁ必要十分で、時速30キロで巡航!とか考えなければ全然問題ないしそもそもこの車両にはメーターなどつけるつもりも無い・・・と思ったけど、累計走行距離は記録しておきたいんだよな。パーツの交換時期とかメンテナンスの目安になるので。
    今度帰省したときに、自転車パーツ箱の中から見繕って持ってこよう。

    で、細かい話だけどホイールがクイックリリースになってたり、ブレーキ系は普通のVブレーキなのでいざというときのトラブル対応もやりやすい。まぁサスペンション周りでなにか起こったらどうにもならないけど、折り畳んでもそれなりに小さくなるので最悪タクシーのトランクに積んで帰って来てもいい。当然輪行でもよい。

    いいじゃないか。
    今となっては飛びぬけた特徴もないけど、よくできてる。

    1709091200.jpg 

    のんびりと多摩川CRを走って、帰宅。
    あぁこんな散走、昔は2号と楽しんでたんだよな。
    それが時が経ち、色々と環境も変わり、今は一人で走っている(単身赴任なんだから当然だが)。

    思えば自転車を始めたのも2号に引っ張られて始めたんだった。
    それが色々巡り巡って、いまこの道を一人で走っていると、なんというか人生って色々な局面があるなぁ、と。

    さていま、なんかスタートラインに戻ってきたっぽい。
    5年後、どこで走っているんだろうか。





    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。