softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    Carlton-R再生計画 その1(そんなレベルからのスタートかよ)

     1704222156.jpg
    さて、どちらが前ブレーキで、どちらが後ブレーキなんだ?
    本体にも書いてないし、梱包されてた箱にも、いやそもそも箱になんて入ってこなかった。
    プチプチでできた袋にごろんとぶち込まれて、はるばるイギリスから我が家まで到着。

    本体へ取り付けるためのボルトが長いほう(写真だと右)が、前ブレーキ。
    短いほうが、後ブレーキ。
    そんなレベルのことが判るまで30分以上かかった。
    そんなレベルなんです、私。
    それなのに。

    Club2000にパーツを移植され、フレームとフォーク、ハンドルとBB、あとはボトルケージだけが残ったRaleigh Carlton-R。
    せっかくの機会だし、こいつは少々廉価なパーツで組み直してドロヨケとかもつけて、通勤やら日常用軽快スポルティフ的バイクとしてお化粧直しをしてやろうと思い立った。
    ちょうどちょっとした身辺の変化もあって、自転車通勤の距離が今までより結構長くなりそうな気配があったので、そうなったらロングテールじゃなくてもう少し気軽でそこそこ走れる自転車が欲しいなぁと思ったわけです。
    ついでに、いままで手を出してこなかった「自転車パーツの組み付け」を趣味として自分でやってみようかなぁ、と。

    ブレーキキャリパーの前後見分けすらできないのに。

    1704122351.jpg

    スタートラインはここから。
    フレーム、フォーク、BB、ハンドル(とボトルケージ)だけが付いている状態。
    BBは外して転用するより新品使ったほうがはるかにラクなので、こちらに残置。
    フォークとハンドルも残ったので、フォークの組み付けも今回はやらない。
    まぁ工具も無いし、これくらいはズルしてもよいか。

    ここからフレームの汚れをしっかり落とし、ハンドルに残るバーテープの糊を「ダイソー」の糊はがし剤で剥がし、あれブレーキってどっちが前よ?なんてイチからあれやこれや調べながら夜なべ作業の日々です。

    1704240352.jpg 

    ブレーキが取り付けられ、ハンドルにシフターが装着され。
    ちょっと苦労したのがブレーキワイヤーとシフトワイヤーの取り付け。

    基本的にはシマノがWebで公開している「ディーラーマニュアル」に組み付け方法はしっかり記載されているので、結局はそれに忠実にやるのが良いみたいです。たぶん。
    私も必要な分は紙に打ち出してにらめっこしながら作業をしています。
    あと、基本作業書ってやつが非常に細かく作業内容を解説しているのですが、かなりページ数も多いのでこれはスマホにPDFを落として観閲。

    いや結構大変。
    でも、じっくり調べながらやればまぁできるし、ラジオでも聴きながらこの時間が「自転車作り」という趣味の時間だと思えば別に苦行でもない。
    組み付けるときの手順や調整方法がわかるとメンテナンスのスキルも上がると思うので、今回はいい経験だな、と。


    このあとは、前後変速機の取り付け、チェーンリングとクランクの取り付け。
    前変速機とチェーンリング、クランクの取り付けについては結構メンテ経験があるので、なんとかなるだろう。
    そのあとは各部調整・・・先は長い。

    でも、あまりのんびりやってたら出来上がる頃に雪が降ってきそうだ。
    そうは、させるか。

    つづく(一歩一歩)


    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Club2000、納車

     1704150921.jpg
    詳しい経緯はおいおい。

    KHS Club2000が納車されました。
    パーツはほとんどRaleigh Carlton-Rから移植。
    どうしても、生産中止になったトゥルーテンパーのOX Platinumで組まれたロードレーサーを所有して、乗りたかったのです。

    1704152843.jpg 

    さっそく今季初の小林峠&平和の滝へ。
    小林峠はトンネルが開通して、峠までの道は「旧道」になっていた。
    閉鎖されずに済んで、なにより。
    しかし、まだまだ峠は雪解け真っ最中で、所々道路もがっつり雪解け水で濡れています。
    納車一日目にして泥だらけにして、すまん。

    1704155034.jpg 

    思ったより身体は鈍っていなかったけど、やっぱり自転車に乗るための筋肉がまだ眠ってる感じ。
    小林峠はフロントアウターで上れたけど、平和の滝は最後の最後でこらえきれずにフロントインナー炸裂。

    いや、いいんだ。
    少しずつ馴染んでいけば。

    1704150908.jpg 

    平和の滝はまだ駐車場の先、滝までの道は閉鎖中。

    久しぶりの坂、ひぃひぃと息を吐きながら、あぁまたこのシーズンが始まったなぁ・・・と、感慨しきり。
    やっぱり自転車、愉しい。
    スポーツ的な、身体をコントロールする楽しみももちろんあるのだけど、自分が一番魅せられているのはなによりも、流れていく景色と空気を感じる「旅」がそこにあることなんだと思う。
    それが30分でも、一日でも。


    それにしてもなんで突然スチールロードを買ったのか。Raleighはどうするのか。
    そんな諸々はおいおい。

    しばらくそんな話が続くかもしれません。


    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    息子の自転車生活もぼちぼち始動

     息子の度重なる、粘り強いリクエストに根負けして、近所の公園にピクニック。
    1704091449.jpg

    彼のリクエストその1。
    わざわざマクドナルドへ赴いてチーズバーガーを買い求め、これまたお気に入りの公園まで走り、そこで「最強チーズバーガー」をビルド開始。
    マクドのシンプルな(言葉を選んでます)チーズバーガーに自宅から持参したチーズ、ハム、目玉焼きをトッピングして、ケチャップを追加してバンズでとじる。
    目玉焼きは焼く前に、中身を一度ざるに落として白身の薄い部分を流してしまうのが(1号の)拘り。

    美味いんだよ。
    まったく手作り感、オーガニック感は感じられないが、素直にガツンと満足感が増える。


    1704094304.jpg 
    彼のリクエストその2。
    どうしてもピクニックするのは近所のこの公園じゃないといけなかったらしい。
    すすきののマクドナルドでハンバーガーをゲットすると、そこからそう遠くないところに大通公園もあるし、中島公園もある。
    でもなんかそれじゃ駄目なんだそうだ。

    彼も体が大きくなり、自転車の操縦も上手になってきた。
    この小高い山が、彼にとっては年々大したこと無い丘になっていく。


    今年はもっともっと、一緒に走れそうだ。
    彼は彼なりの荷物を抱えながらも、一つ一ついろんな面白い事柄を見つけ、あれやりたいこれやりたいって次のチャレンジをしっかり見つけてくる。
    彼が設定したチャレンジにしっかり付き合うこと、そして彼がちょっと二の足を踏むようなチャレンジも見出し、嫌々だろうが一緒に取り組むこと。
    今年度もじわじわと取り組んでいく。

    親父が彼と共に遊べる週末なんて、あとどれだけあるんだろう。それはきっと、彼と親父の成長曲線がどこかで交わり、もう再び遭うこともないその日までの、本当に限られた時間。
    でも、親父は頑張り、楽しむのさ、自転車。
    いつかもう、そのどんどん小さくなっていく背中を見失おうが。
    それとも、彼が自転車なんて全く興味を失い、親父一人で出発する日が来ようが。


    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。