softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ゆりや食堂へ

    グルメブログにするつもりはさらさら無いのですが、ついついその店構えに心奪われてしまったので。

    1611261114.jpg 
    珍しく、先日気になったお店に早速一人で赴いた。
    札幌医大近くの路地にひっそりと立つ、「ゆりや食堂」。

    完全に昭和な店内。
    そして昔風じゃなくて昔のラーメン。
    これ、昔、上砂川町のスキー場で食べた味だ。いやあれよりもう少しあっさりか。

    ラーメンは460円で、小チャーハン230円を加えておなかいっぱいな感じ。
    この量と味付けなら、なんとか両方食べられる。

    小サイズの御飯ものがバリエーション豊かで、カレーとかカツどんとか、目玉焼きのせたごはんとか。


    なんでも、終戦の翌年から営業しているらしい。
    そりゃ床にも段差できるし、テーブルも傾くわ。
    でも不思議と、居心地悪くない。当たり前っちゃあ当たり前なんだろうが、リアルレトロ感満載ながら清潔感もあるんだよな。

    めちゃくちゃ美味しい!って感じではないのだけど、多分また行く。
    雰囲気も味も、落ち着くので。

    1611262054.jpg

    それにしても本当にすごい店構えだ。
    この店のこと知らないと、なかなかこの引き戸を開けてみようなんて勇気は出ないよなぁ・・・

    そしてこの店の立地、地図を眺めてみると色々と妄想が広がるのです。



    ゆりや食堂が面している小路、よく見ると真っ直ぐ南一条通り、すなわち裏参道につながっている。
    もしかするとこのあたり、旧裏参道的な通りだったんだろうか。
    通りには豆腐屋さんなんかもあって、なんか旧街道的な雰囲気出てるんだよな・・・

    ごちそうさまでした。
    うんざりな休日出勤の合間の、暫しの癒しでした。

    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    一月早いFAT Life

    いやぁ、今年は寒い。
    東京も11月の積雪なんて大変だったろうけど、週末の札幌は雪こそちらつく程度で済んだものの、日中の最高気温がマイナス。
    いわゆる真冬日。
    世界が冷凍庫の中。


    とにかく寒くて、こんな気温だといつまた街がドカっと雪に覆われるか判らない。
    そんなわけで、路面が急に悪化しても良いように、今年は例年より早くFATバイクを稼動させ始めた。
    タイヤはまだスパイクにせず、ブロックタイヤで近所を散走。
    1611194006.jpg 
    最近すっかりデジカメを持ち歩かなくなってしまった。写真を撮るのはもっぱらスマホばかり。
    なんてテイタラク。
    おまけに、スマホ写真の標準的な縦横比てこういうサイズになっちゃって(変更はできるけど)、最初はすごく違和感ありまくりだったのがだんだん慣れてきちゃってるんだよな。そして慣れてくると、まぁこれはこれでこの比率じゃないと撮れない奥行きみたいなものもあるなーなんて思うこともある。

    でもやっぱり、なんか違う。
    違うけど、この手軽さに抗えないのがちょっと悔しい。
    また冬になったら、フィルムカメラを引っ張り出そう。

    IMG_20161119_1358.jpg 
    途中でついつい引き寄せられてしまった、ゆで太郎。
    しばらくこない間に、ちょい呑みセット500円なんてメニューが追加されている。

    ビールかハイボールか麦焼酎と、天ぷら二品と大根おろしで500円。

    ・・・なぜ、ホワーイ何故に?焼酎を置かないのだ。
    安物でいいから、なんならプラス100円とかでも良いから、焼酎置こうよ。
    そしたら、焼酎のそば湯割りを頂けるじゃないですか。
    そんでもって、〆にもりそば、良いじゃないですか。
    てんやにもない、吉野家にもない、ゆで太郎だからできる「ちょい呑み」ってさ、そういうことじゃないですか?
    奴等にはそば湯も、仕上げの蕎麦も無いんですよ。
    牛肉の煮汁でお酒は割れないでしょ?仕上げに天丼は無いでしょ?
    ねぇ。

    まぁ、そこまでやらないところが「ちょい呑み」なんだろうな、と大人の分別を取り戻して店を出た。
    それにしても、なんでこんなにゆで太郎を気に入っているのか、時々自分が分からなくなる(笑)

    1611191328.jpg 
    ふらふら走ってて、どうにも気になってしまった食堂。
    札幌医大の近くの路地にて、不思議な存在感を醸し出す「ゆりや食堂」。
    今度、行ってみよう。


    こんな感じで、晩秋、いや初冬の札幌を意外と自転車でふらふらしているのです。
    去年の冬もそれなりにFATは活躍してくれたのだけど、冬道しか乗らないとそれほど距離はいかないんです。
    で、やっぱり自転車って、それなりに距離走ってみないと馴染まないしポジションも出せないってことが今更ながら判ってきて、がっつり積雪する前に出来るだけこのFATに馴染んでおかないとなーなんて思うわけです。
    確かに、ある程度走ってみて、やっとこの自転車、ATB500の転がし方みたいなものがちょっと見えてきた。
    雪が積もる前に、もう少しこいつの特性をグリップしたいんだよな。
    それが出来れば、冬道の走り方も去年よりもっと愉しくなるんじゃないかと。


    そろそろ、根雪の頃ですかね。

    Category : ポタリング
    Tag : ATB500
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    生存確認

    生きてますそれなりに。
    まぁ生きていればこそ、いろんなことが起こるんだなぁと実感する今日この頃。


    ■出張先は函館より東京の方が楽

    函館日帰り出張、片道5時間。
    1610132608.jpg

    東京日帰り出張、片道4時間。
    1611150832.jpg

    札幌と東京、もうほんと季節が違う。

    1611155414.jpg

    東京、この時期でもふつーにロードバイクが走ってて、あぁうらやましい。
    札幌も先日のドカ雪はほとんど融けてなくなってるけどさ、もう寒いんだよ。
    情けないけど、もうロード乗る気が起こらない。

    1611152359.jpg
    仕事が終わって少しほっとした羽田空港で缶ビール、それも気持ち程度贅沢にプレモルを開けたのに、これがびっくりするくらい美味しくない。
    北海道の気候下で、サッポロクラシックみたいな味の濃いビールにすっかり慣れてしまっているんだろうな、舌が。

    やっぱり、北海道の地酒はビールだ。

    まぁそれはともかく、函館だろうが東京だろうが、日帰り出張はきつい。
    楽しい案件でもないので、なおさら。



    ■走る~走る~その場で~

    昔、嘉門達夫が歌ってたんですよ。
    爆風スランプのヒット曲の替え歌「ルームランナー」。

    最近、本当に行くところ無くて、ジムばかり行ってる。
    以前ごし氏がブログで紹介していた、みやすのんき氏のマラソン本を入手してフォームを見直したところ、今までずーっと抱えていたアキレス腱の痛みがぴたりと止み、さらに何日か連続で走っても身体が痛まなくなってきた。
    走行スピードも少々向上し、それによって月間走行距離も伸びてきた。
    今までは月100キロちょっとくらいだったのが、ここ2ヶ月くらいは120キロ以上走ってる。

    10月に入ってから全然自転車に乗ってないし、外でランニングするわけでもない。
    ひたすら、ジムのトレッドミルで、走る走る。

    何が楽しいんだ。
    いくら走ってももうほとんど痩せないし(維持するだけで精一杯)、いくら走っても景色も変わらない。
    ほんと、行き場が無いんだな、自分(笑)
    まぁ、いろんなことリセットする場と時間が必要なんだ。多分。


    以上、特にネタもないのですが、生存確認まで。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    あまりに早すぎる、

    10月最後の週末は、こんな感じでした。
    今年、寒くなるの早いなー、秋なんてあっという間にすぎてしまいそうだなー、なんて予感は感じていた。



    にしても、だ。
    一週間後にこうなるなんて、全く想像できなかった。
    1611061242.jpg 
    まだ木々の紅葉も散る前に、一晩で膝丈までの降雪。
    ほんと、昨日の夜なんて全く雪なんて積もってなかったのに・・・さすが北海道、侮れん。
    慌てて除雪をして、FATを引っ張りだして冬支度。

    いやさすがに、このまま根雪にはならないだろうけどさ。
    それにしても、11月上旬にこれだけの積雪量って前代未聞。
    なんか、今年は色々大変だ。

    ほんと、大変なんです。
    ほんとに。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。