softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    いまいちど、振り返り

    いやぁ、丁未峠を走ったときに予備のチューブを使ってしまったのであとはパンク修理用パッチしかない、みたいなこと書いてたんですけどね。

    家に帰って改めて確認してみたらそのとき持参してたパッチ、「ゴムのり」必要な奴だったんですよ。当然そんなこと帰ってきて初めて知ったくらいですから、そのときはゴムのりなんか持ってるわけがない。
    改めて、あのとき2回目のパンクしてたら・・・と思うと、ちょっとぞっとする。

    それはともかく、だ。
    そんなこともありながら、久々のロングライドは本当にすばらしい体験だった。
    なんか最近はどっちかというとランニングに自分の隙間時間を費やしがちで、今シーズンはこのままロクに自転車乗らないまますぎていくのかな?そもそもほんとに自分、自転車好きなのかな?なんてちょっと思っていたんですが、いやいややっぱり自転車、好きだわ。間違いない。

    このテンションのまま敢えて書いちまいますが、今シーズン中に、できれば、200キロにチャレンジしたいなぁ、と。
    だって今回の距離にあと50キロ弱足せばいいんでしょ?
    翌日、一日中屍になるかもしれないけど、走るだけならなんとなくいけるんじゃないか?なんてちょっと思ってるわけです。

    そんなことをちょっと念頭に、備忘録を兼ねて、装備その他諸々の振り返り。


    ■装備品の振り返り

    空気入れ:
     これまでCO2インフレータと空気入れの両方を兼ねたトピークのTwoTimerという製品を使っていたのですが、今回みたいにいざCO2インフレータが使えない状態になったときに、満足に空気を入れられないのではあんまり意味がない。
    ということで、ここは「しっかり空気を入れられる携帯ポンプ」と「CO2インフレータ」の両方を装備する事にしました。
    携帯ポンプは依然購入したもののお蔵入りしていた奴を復活させ、CO2インフレータも最近その小ささに思わず衝動買いしたLifeLineの製品をツール缶へ。

    製品名は「LifeLine - Hybrid CO2 ミニポンプ」

    この製品、一応「手押しでの空気入れ機能」もついているものの、CO2ボンベをつけた状態じゃないと空気が入らないので空気入れ機能は完全におまけ。まぁ普通の空気入れと併用すれば問題ない。

    「エマージェンシー用に空気入れ機能も付いたCO2インフレータ」だと思っておけば、悪くない。
    全長も12cm切るくらいでコンパクトだし。
    あぁ結局、こういう一粒で二度美味しいものが好きなんだな、自分。

     あと今更ながら気づいたのですが、CO2インフレータだけだと「チューブに空いた穴を探すことができない」んですよ。普通は水を張ったタライにチューブを沈めて空気入れて、ぶくぶくと泡が出てくるところを探すんですが、サイクリングの道中でタライなんかあるわけ無いじゃないですか普通。そんなときはチューブを適当なところでぎゅっと握りながら空気をいれ、空気が入っていくようならその「握ってるところの反対側」に穴が空いている。あとは握る場所をずらしていけば、穴の近くを握った時に空気を入れたら「ぷしゅー」って音がするので穴を見つけることができる。
    この方法、帰宅して持ち帰った破損チューブをいじってて気がついたんですけどね、こういう手もあるのでやはり空気入れは必要かと。

    チューブは何本必要?&パンク修理キット
     たぶん、日帰りで150キロ前後走るだけならチューブは1本で良いかな。その代わりにパンク修理キット(ゴムのりいらない奴がほしい)があれば、2回目のパンクに備えることもできるし。
     
     とりあえずゴムのりいらない奴を入手して、一度練習してみよう・・・って思ってたらちょうどwiggleからの荷物が。
    その中の買い物のひとつにParktoolのタイヤレバーがあった(送料無料にするために手頃だった)んですが、そのパッケージの中に「ゴムのり入らないパンク応急修理パッチ」が!
     おやおや、なんという偶然。
    つーか自分が何買ったのか把握しとけって話ですが。

    あと、できれば手を拭くもの
     トラブル時には必ず手が汚れるので。最低限、使い捨ての紙製おしぼりみたいのでも。


    ■補給、休憩

    補給食は
    コンビニ補給ができないときのために多少持っていくべし。ドリンクは・・・夏の本当に暑い時期ならまだしも、そうじゃないのなら1本で十分。むしろ補給のためにコンビニとかに寄った方が良いと思う(理由は後述)。

    休憩インターバル
    やっぱり意識的に、2~3時間に1回くらい休憩をとって栄養補給をしたほうがよい。スタートしてしばらくはまだ朝ご飯パワーが残っているのでもっと長く走れますが、お昼以降はやっぱり長くとも3時間、できれば2時間周期でコンビニに立ち寄り、なにかしら食べるかエナジードリンク系とか摂取して、ついでにあちこちストレッチをする。たぶんこのストレッチが大事なんじゃないかと。
    で、この周期で立ち寄るのなら、たぶんドリンクボトルは1本で十分。
     あと、まとまった休憩は今回ほとんど取らなかった(たぶんパンク修理の時の30分だけ)のですが、その方が結果的に体は楽だった気がします。でもまぁ行った先でおいしいものも食べず、なにも見学せずってのがおもしろいのかっていうと、それもなんだかなという話はあるのですが、今回はちょっとおいとこう・・・いや、おいといていいのか?


    ■ここまで書いといて言うのもなんだが
    こうやって、ある意味「距離を稼ぐ」ためにストイックに計画・準備して全力で走るってのも面白いんですけどね、なんかこんなこと書きながら、もっと輪行とか絡めて「旅」を楽しむサイクリングもやりたいなぁって気分になってきました。
    せっかくKHSの折りたたみにも乗ってるんだから・・・って、あれ?

    ま、サイクリングの楽しみ方はもっと多面的だということで、今シーズン中に200キロチャレンジか輪行の旅か、どっちかは絶対やろう。
    なんか諸々振り返りながら思わぬ方向に話が進んでしまった気がしないでもないけど、まぁ自転車は自由だ。

    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    丁未峠へ 後編

     さて、予備のチューブを使い果たし、残る装備は一回も使ったことの無いパンク修理パッチが数枚。充分に空気の入りきらない後輪(それでも5barくらいは入ってたと思う)を引きずり、行くか戻るか。
    このまま峠に突入し、途中でもう一回パンクしたら・・・ついでにもうひとつ思い出したけども、実は峠を下るときに絶対あったほうがいいよなと思って用意していたウィンドブレーカーをすっかり忘れてきてしまったのだ。汗だくで上り詰めたあとの下り、絶対寒いよなぁ・・・

    そんなあれこれが頭をよぎったものの、いや行こうここは、きっとこれがゆげ1号この夏のイニシエーションなんだ、これを無事やり遂げて帰ってきたらなんか人として一皮むけるに違いないと覚悟を決めて再スタート。
    30分くらいロスしただろうか。

    150922120431.jpg 
    美流渡から万字集落くらいまでは、勾配も穏やかで至極快適なサイクリング。
    でもやっぱり、かつての炭鉱景気でこのあたりも栄えていたんだろうなぁという残香も、道が高度を上げていくに従ってどんどんかすかになっていく。
    そして、万字集落を抜けると勾配5%から7%くらいの坂道が10キロほど続く。

    勾配自体は決して激坂ってわけじゃないのだけど、何しろ距離が長い。それに初めて走る坂道は先が見通せないから、どれくらいここで体力使っても良いのか見通しが立たない。
    ここはもう割り切って、ゆっくりゆっくりと、いつまでも上り続けられそうなペースでじわじわ上る。
    あぁ、少なくとも最大標高くらいは頭に入れておけばよかったな。Edge705は高度計も付いているんだから。

    それにしても、写真撮る余裕は全然無いんだけど、確かにここは聞きしに勝る良い峠だ。
    じわじわ高度を上げるに従って、空気がひんやりしてくる。空を流れる雲も、地上より少し近くに感じる。
    それにしても、結構きついな。
    おまけに後輪に不安を抱えながら、心持ち車輪にあんまり衝撃が行かないように、ちょっと荷重に気を使いながら走らなくちゃいけないので(後半、だんだん飽きてきたけど)、結構神経を使わされる。
    あぁ帰ったらちゃんと空気入れをメンテしておこう。そして遠出するときは念のためチューブを2本持っていくか、パンク修理パッチをちゃんと使えるように練習しておこう。そんなことを反省しながらも、あぁいまこの瞬間にこんな山の中でパンクしないことだけを願いながら、ペダルを踏む。
    150922141615.jpg
    見晴らしが良いわけではないんですが、この峠はすばらしい。
    来て良かった。
    150922141121.jpg
    そして夕張市に入るあたりがピーク。
    やった!峠越えたぞ!って思ったんだけど、このあとも少々上らされてちょっとがっかり。

    そしてその先には丁未風致公園が。
    自動販売機でもあれば水の補給ができるんだが・・・

    150922141949.jpg
    まぁ仕方が無い。
    いま夕張市はそれどころじゃないもんな。
    ということで、水の補給はできず。でもまぁいいか。ここから先はしばらく下りだもんな。
    そして、夕張市街に向けて今度はひたすら下り。
    150922142404.jpg
    風情は良いんですけどね、とにかく標高もそこそこ高いし下りでスピードも出るので、寒いんですよ、えぇ。ひたすら寒い。


    そんなこんなで、「石炭の歴史村」跡地(一部は博物館として運営してるみたい)やら、すでに営業を止めていたと思いこんでいたら名前を変えて夕鹿の湯として復活していたがまた休止中らしい「ユーパロの湯」とかを通過し、夕張市街へ。
    150922144236.jpg
    かつて、映画の町として売り出してたんだよなー
    個人的には知識としてそのことを知ってはいたけど、実際にイベントとかに参加したことも無ければ、なんとなく毎年やっていた「ゆうばりファンタスティック映画祭」になぜかダイヤモンド☆ユカイが参加していてラジオでPRしていたのを聴いていたくらいの記憶しかない。

    その後、夕張に赴くいろんな人が口々に食べたと言われるカレーラーメンの店を見つけたものの、なんとなく店に入る気になれず。
    なんか今回、いつもにも増して「食べる」ことに全然意欲が湧かなかった。結局最後までコンビニでカロリー高くてすぐ食べられそうなものをちびちびと補給しながら走り続けた。なんかそういう気分だったんだな。
    そして夕張を辞し、栗山(前も気になったのだが、継立(つぎたて)という地名の由来はなんなんだ?)~由仁~長沼と走りながらいくつかのアップダウンにしっかりと足を削られ。
    150922164824.jpg 
    長沼あたりで日が陰ってきた。もう夏も終わるんだな。

    そして、北広島からエルフィンロードに入り、帰宅。
    走行距離は160キロにちょっと足りないくらいで、獲得標高は1000m弱。
    ちょっと足りないけど、まぁいいや、念願の「ひとりセンチュリーライド」達成、ということにしておこう。

    だいたい8.5時間くらいで走りきったので、ぎりぎり「160キロを9時間」というセンチュリーランの個人的目標もクリアできた、ことにする。
    パンクとか、諸々のトラブルもあったしな。
    それにしても今回はなんというか、身体もそれなりにダメージを受けたんだけど、不思議とすごく何かが洗い流されてきたかのようなすっきりさがあった。
    なんなんですかね、帰ってきた1号を見て2号に「あんたどこ行って来たの?なんか160キロ近く走ってきた疲労感が全然顔に出てないけど」と言われたくらい。
    不思議。


    それにしても、今年は全然ロングライドできてないけど、やっぱりいいわ。
    自転車を趣味にし続けてきて、本当に良かった。
    また行こう。

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    丁未峠へ 前編

    いろいろあってシルバーウィーク唯一の自由日。
    前日の家飲みアルコールが抜け切らない。だって前日のツイートからして



    そんなテンションのまま、身支度を整えていざ出発。


    本当はこの時点で、行くなら丁未峠だよなって腹は括ってました。
    この夏の〆として、以前からいろんな人が絶賛していたあの峠にはチャレンジしておきたい。ついでにその帰路はかつて自転車趣味を始めた頃に走った、札幌から夕張までの道筋の逆走。

    あぁ、これいいじゃないか。
    おまけにその当時、ごし氏がコメントで「今度は岩見沢から丁未峠越えていけ」と寄稿されていて、これが2007年8月。
    もう8年前なのか。

    いいじゃないか。
    8年越しのチャレンジ。

    そんなわけで、ルートラボはこんな感じ。


    まずは国道12号線をひたすら岩見沢まで。
    風も穏やかで快調・・・といいたいところが、なんか札幌市内は信号のつながりが悪く、何度も何度も止められる。
    おまけに前方を若いロードバイク乗りが走っているんだが、彼らのペースが遅い。
    抜かしたろうか・・・と一瞬思ったけど、彼らのジャージには「自転車部」の文字が。

    うむ、これは相手が悪い。
    多分彼らはこの信号のつながりの悪さを判った上でこんなスローペースで走ってるんだな、と。
    だったら今彼らを抜かしても、どこかのタイミングでまたばびゅーんと抜き返されるに違いない。
    だって自転車部だよ?おまけに結構若そう。
    本気で走り始めたら、まぁあっという間にちぎられるよね間違いなく。

    圧倒的な力量の差でちぎられるのはいいんです。
    でも、一度抜かした人に抜き返されて、おまけにそのあと太刀打ちできないのって、なんか嫌なんですよね。
    自分の遅さを、いや速くなりたいわけじゃないですけど、それでもなんかほら、僅かに残った虚栄心みたいのはあるんですよ。
    そういう気持ちを刺激したくないので、こんなことうだうだ考えるんですよ・・・

    話を戻そう。

    そんなことをあれこれ考えているうちに、案の定、札幌市の外れで一度こっちが信号につかまったタイミングで彼らはスピードを上げ、そこからもう二度と追いつくことは有りませんでした。
    やっぱり、速いなーと思いながら、やっと気楽なサイクリングに戻ってひたすら岩見沢を目指します。

    思えば、平地メインで50キロ近く走るのってすげー久しぶり。
    最近、近場の坂ばかり走ってたからなぁ。


    岩見沢市内に入り、国道12号線に別れを告げ、北海道グリーンランドの方に向かい、その脇を抜け、美流渡~万字集落の方へ。

    で、国道12号線から曲がってしばらく経ち、かなり緑が深くなってきたなーってところで、いきなり後輪パンク。
    まぁこんなこともあろうかと当然予備のチューブは持ってきているんですけどね、チューブを入れ替えて空気、そしてCO2インフレータも兼ねた超便利な空気入れを持ってきてるんだからさくっとCO2で高圧充填しようよと取り出したるは、(大山のぶ代の声で)「ツータイマー!(商品名)」

    これが、CO2バルブの方が固着していて上手く動かない・・・
    もう何年も使ってないもんなー。おそらく最後に使ったのが2011年11月だから、4年前か。

    使わずに済んだのが幸いなんだけどさ・・・仕方が無いから人力空気入れで頑張ってエア充填。これじゃワンタイマーではないか。

    でもさー、やっぱり所詮は携帯空気入れ。いつも入れてる100psiレベルまでは入りきらないんですよ。

    うーむ、どうする?
    予備チューブはもう無い。
    後輪の空気圧はちょっと低め(当然再パンクリスクが付いて回る)。
    一応、パンク修理用のパッチは持っているけど、使ったことないし、そもそもパンク箇所を特定するには破損したチューブに空気を入れながら水につけたりして、「穴」を特定しなくちゃならん・・・

    でもまぁ、なんとかなるだろ。
    大丈夫、前に進もう。
    それにパンクする10分くらい前に、ツイッターでこんなことアップしちゃってるんですよ。


    引き返せるわけ無いじゃないか。


    続きます。

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    すっきりと、よりすっきりと



    ふと思い立って、サドルバッグを取り払ってみた。
    Carlton-Rの細身なスチールフレームには、やっぱり余計なモノがついてない方が見映えが良い。つくづく、こいつのDNAはレース機材だった頃の記憶を引き継いでいるんだなと思う。
    まぁレース的な走り方は出来ないんだけどさ、まったりのんびり走る車両では無いってことくらいは1号の貧脚でも感じられる。

    あ。
    安心してください。
    ちゃんと予備チューブ、工具は持ってますから。

    ダウンチューブの下にボトルケージを取り付けて、そこにツール缶を取り付けてみた。
    取り敢えず見映えは、合格。
    あと、気のせいかもしれないんだけど、なんか立ち漕ぎがやり易くなった…ような気がする。

    今回、ちょっと立ち漕ぎにこだわって走ってみたんですが(前日の夜にたまたま風呂入りながら「自転車の教科書」読んでたんだな)、今回は小林峠に加え、平和の滝もフロントアウターで上り切れた。

    なんか、立ち漕ぎのコツをつかんだかも。
    今は状況的になかなかロングライド行けないけど、だからこそ今はこつこつと、きちんと自転車に乗るための技術や身体を作っていこう。

    Category : 坂道
    Tag : Carlton-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    CrossRiderのタイヤ交換(また28Cへ)

    整備関係の話は他人が読んでもまったくおもしろくないとは思うんですが、整備記録としてあとから自分が振り返るのに便利なのでこつこつと書いていくのです。
    まぁそんなこと気にするほど本ブログ読んでるひとなんて多くないんですけどね。

    2013年2月にビットリアの35Cタイヤに交換したCrossRider
    なんかやっぱりタイヤ太いと走りもまったりだよなーなんて思いながらも、まぁこれはこれでまったり走ってきたのですが、2年半ほど走ってタイヤサイドのひび割れもちょっと目立ってきたし、もう息子乗せることもないしということで、28Cのタイヤにそろそろ交換しようかなと計画していたところで、まさかのパンク。
    なんか伝わったのか?

    ということで、よいタイミングなのですでに購入済みのタイヤに交換。
    今回はCONTINENTALのTouring Plus Reflexってやつ。
    20150830165928.jpg 
    以前もツーキニストという28Cのタイヤ使っていたのだけど、コンチネンタルの方がちょっと重いはず・・・なんだが、明らかに走りはこっちの方が軽い。
    そう、軽快そのものなんだけど・・・35Cのビットリアに比べると、まぁ振動がごつんごつん来る。やっぱりタイヤの太さ違うとこうも違うんだなぁ・・・なんて思いながら、ふと。

    いや、でもさ、スチールロードのCRRは23C履いてるのに、28C履いたアルミフレーム(一応フォークはスチールなんだが)のCrossRiderの方が明らかにごつごつ来るんですわ。
    これがフレームの材質の差なのかなぁ・・・

    諸々の本や雑誌読んでると、必ずしもフレームの材質だけで乗り心地はかわらなくてやっぱり振動吸収性の肝はホイールでありタイヤだって話もよく出てくるんだけど、やっぱりフレーム材質の差も影響あるんじゃないかって思う。

    そういえば昔、お世話になっていた世田谷の某店でTyrellの乗り比べしたときも、フレーム形状はあまり変わらないのにクロモリフレームのやつが明らかに乗り心地よかったもんな。
    あの店、札幌に引っ越してからまったくご無沙汰だけど、店長元気かな。

    ともあれ、28CにはきかえたCrossRider
    まだそれほど走り込んでもいないので、もう少し様子を見てみよう。

    Tag : CrossRider
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    ちいさなミステリー大冒険

    先週末、「ミステリー大冒険」をする約束になっていた息子を連れて、JR札幌駅から函館線に乗車。
    行き先は告げずに、というところが「ミステリー」ということらしい。

    1-R1175059-001.jpg

    今日は最初から最後まで自転車が絡まないので、心おきなく飲める。
    やっぱりJR、癒される。

    1-R1175061-001.jpg 
    目的地は、小樽。
    ここからバスに乗って、目的地の「小樽総合博物館」へ。

    そう、行き先は総合博物館なんですけどね。
    小樽の「総合」博物館って・・・

    1-R1175093-001.jpg 

    おい、その、あまりに堂々とした「非総合」な表札・・・いいじゃないか。
    「そうごうはくぶつかんって、乗物はあるかなぁ」と期待半分、不安半分だった息子も「鉄道」という文字、そして最近「青少年科学館」で実験系の触れる展示に(意味はまったくわかっていないけど)とってもはまっていることもあって「科学」という文字にも大興奮。

    1-R1175070.jpg 




    中身は・・・はい、しっかり鉄道博物館(笑)
    いや科学実験系のコーナーも1区画あり(息子は小規模ながらとても気に入っていた)、企画展示では世界の蝶の標本もあったり、プラネタリウムもあったりするんですが、大部分は「鉄」。

    1-R1175069.jpg 

    1-R1175073-001.jpg 


    かなり展示は見ごたえあり。
    歴史的な資料も結構面白そう・・・なんだけど、やっぱり子供連れだとじっくり見るのは難しい。

    1-R1175075-001.jpg 

    屋外にもたくさん車両が展示されている。
    そしてここの目玉は、アイアンホース号という蒸気機関車に乗れること。

    1-R1175085.jpg 

    こいつが引っ張る客車に乗れる。大した距離ではないけど。
    しかも無料。
    おまけに、夏季は転車台に乗って方向転換するのも見学できる。

    いいじゃないか。
    息子も「おたるは、すてきなはくぶつかんのまちだね」と。
    よく言うよ。すぐ近くにある「手宮洞窟」はまったく興味示さなかったくせに。

    1-R1175098.jpg 

    そして帰りも、ハイボールでいい気分に。
    子鉄なんて言ってるけど、楽しんでるのは父も。




    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    さよならHamax

     先日の事故で破損したPisaSport

    とりあえず破損した泥除けとかシフトレバーとかを交換するついでに、これまでお世話になってきたチャイルドシートのHamaxも退役させることになりました。
    息子も体重23キロこえましたしね、まぁやむなし。本人も自力で自転車乗れるようになったし、まだ一応チャイルドトレーラーも乗せられるので、ここは思い切って。
    20150830165321.jpg 
    泥除けは元々ついてた奴が気に入ってたのだけど、残念ながら部品として供給されていないのでやむなくふつーの泥除けを装着。
    なんか、ちょっと普通の自転車になってしまった感は否めないが、まぁ仕方ない。

    そしてHamaxを取り付けるためのアダプターも取り外し、その代わりに昔つけていたリアキャリアを装着。
    2号のリクエストで、後ろにカゴつけたいとのこと。まだカゴは選定中・・・なんかいまいち食指が伸びるカゴが見あたらないんだよな。



    さて振り返ってみると。
    2009年5月に、3号の首が据わってきたタイミングでPisaSportとアイバートを導入
    2011年7月に、アイバート退役&Hamax導入

    そして、2015年7月、ついにHamax退役。
    6年ちょっとのチャイルドシート生活でした。
    さすがに9年もブログ書いてると、いくらでも振り返ることができる。

    そうか。もう9年も書いてるんだ、ブログ。タイトルも変えず、引越しもせず。


    一時期、Nuvi関係で随分盛り上がったことがちょっとだけあったけど、それ以外は人目につく事も無く、ひっそりと。
    我ながら、よく続くもんだ。

    話を戻そう。


    そんな自転車生活の大半を、子と一緒の自転車に乗り、晴れの日も曇りの日も、たまに雨にも降られたりしながら、同じ陽射しと風を受けて走ってきたんだな。
    うちは自動車を保有しない生活を送ってきたから、ほんとにこのチャイルドシートが生活の、そしてレジャーの足だった。
    前乗せアイバートの、あの子供との一体感。後ろ乗せHAMAXの安心感。
    どっちもかけがえのない、家族の日々。
    まー本人はアイバートに乗ってた頃の記憶なんて忘れてるだろうけどな。

    本当に、今まで働いてくれてありがとう。


    追伸:
    退役したHAMAX、4年も酷使してきたのでそれなりにくたびれた外観にはなっていますが、なんか捨てるのも忍びない。ベルトとシートパットさえ新品にすればまだ使えると思うのだが、誰かほしい人いますかね?
    品質保証は全くできませんが・・・

    Tag : PisaSport
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。