softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    正直、どんなタイトルをつけたものやら(後編)

     前編に引き続き、ジェットコースターのような週末を過ごした話。


    ロードバイクのホイールを自力でメンテナンスして、とりあえず結果がなんとなく上々だったような気がして、結構いい気分。
    そんな気持ちが、小林峠を越えた次の目的地をいつも行く平和の滝から、手稲山に向かわせたんだろうな。

    そうそう、いままでひたすらに避けてきた手稲山。
    とりあえずもっと走力高めてから行こうと自分に言い聞かせ、決して自転車で上ろうとしてこなかった手稲山ですよ。
    でもなんか、せっかく気分が上々なんだから、こういうときに行かなくていつ行くのさ、そりゃそこに集う本気モードのローディ諸氏と比べれば1号なんて無様なものかもしれないけどさ、いいじゃんか別にそれは。

    そうなんだよなー、結局他人の目を気にしてるから、うまくやれないことが怖くて、いろんなこと踏み出せないんだよなー。
    なんか、なんでもそうだ。

    なんてことを考えているうちに、ロープウェー乗り場(だったところ)までつづく上り坂の起点となる、国道5号線との合流点に到着。
    ここにあるでかい看板が目印で、みんなこの看板の位置からロープウェー乗り場までのタイムを競うのだ。

    いや競えないけどね。
    とりあえずスタート。

    スタート早々、後ろから「こんにちわー」と爽やかな挨拶と共に独りのロードバイク乗りがダンシングで抜かしていき、程なく視界から消えた。
    は・・・速い。なんだあれは。ほんとに同じ人類か。
    ってなくらい、こちらはのろのろと上り続ける。

    ひたすら上る。手稲山って、なんかきついのはきついけど諦めるほどのきつさじゃない坂道が延々と続く感じ。
    さっき走ってきた小林峠よりもっと野性味が強くて、なんか道路の脇に広がる山林のなかからガサガサって音がしたりするのが結構怖い。


    なんか走行ペースもうまくつかめず、小林峠越えの疲れも少しずつ効いてきたのか、ペースは上がらないままオリンピアのゴルフ場あたりまで。ここまでで22分。まぁこんなもんです自分。
    そして、さてここからまだ先は長いんだよなぁと前方の道路を見上げたとき、スマホから着信音。
    2号からだ。

    「大変なことになりました。3号が大怪我。」

    詳しくは書きませんが、救急車で運ばれるくらいの大怪我でした。
    いやもう血の気が引いて、猛ダッシュで下山。

    下山後、どこかに自転車を止めてタクシーで向かったほうがいいのか、いやでもまだ病院も決まってないからどこにも向かいようがない。
    そんなことを考えているうちに結構家の近くまで来てしまったので、直行することは諦めて(汗だくだったし)一度帰宅して保険証とかをもって向かおう、と。そしたら家中どこ探しても3号の保険証、ないのな(2号がちゃんと持参していたからなんだけど)。

    救急病院についてみると、3号は待合室で爆睡。
    一瞬血の気が引いたけど、どうやら泣き疲れて眠っているだけらしい。



    結局、怪我の大きさの割には「多分大丈夫ですから様子見ておいてください」ということになり、爆睡状態の3号を抱っこしたままタクシーに乗り、帰宅。

    その後も3号は朝まで一度も起きずに爆睡。
    なんかひたすら寝て治す野生生物かよってくらい、ある種本能的にも見える眠り方だった。

    翌日、再度大きな病院で受診するも、とりあえず大丈夫そうだから様子を見ましょうという結果は変わらず。
    傷というか内出血の痕はしばらく残るけど、本人はもうすっかり元気。


    まぁそんなことがあったのです。
    結果、あとに引きずるような大事にはならなかったのは幸いでした。

    こういうことは、きっと必ず起こる。
    自分も含めた家族がトラブルに巻き込まれることなんて、たぶん確率的な話で絶対にある。
    そしてそのときに自分が何してるかなんてのも、わからない。
    仕事してるかもしれないし、今回みたいに家族とはなれて遊んでるかもしれない。
    自分が子と一緒にいるときかもしれないし、子が独りでいるとき、ってケースも無いとはいえない。

    理性ではわかるんですけどね。
    でもやっぱり、一報を聞いてから駆けつけるまでの時間は、心配する気持ちとそれまで自分が独りで遊んでた後ろめたさが相まって、生きた心地がしなかった。

    いやでも、萎縮しちゃだめなんだ。
    起きることは理由もなく起こる。出来る限りの事前策は打つけど、すべてを防火しようとする結局なにもできなくなるもんね。
    火の手が上がったときにどれだけすばやく消火できるかも、大事だ。




    そんなわけで、初の手稲山チャレンジは無念の失敗。
    そう、息子のことはいろいろあるけれども、ちゃんと自分のチャレンジには取り組もう。
    タイミングを見計らって、またチャレンジするぞー

    って、自分を鼓舞してみる。

    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    正直、どんなタイトルをつけたものやら(前編)

    いやほんと、いろんなことがあったんですよ、この週末。
    とりあえず事態は収拾され、明日からほぼ平常運転の日々が始まるはずなんだけど、まだ心の整理が付かないまま。

    そんななか、ちょっと自分を取り戻すために、週末の話をだらだらと記します。
    事情知っている人、お前そんな話してる場合か?って言わないでくださいね。


    リハビライドを挙行した翌日、土曜日。

    どうも身体が言うことをきかない。
    息子のリクエストで、自転車で近くの公園へ。持参した葡萄とキウイをベンチでいただく。

    その後、昼食をとり、晴天で気温も夏日な午後なのに、なんとなく家族そろって家でごろごろ。
    普段は、晴天なのにお出かけしなかったり自転車に乗らなかったりするのは変な罪悪感すら感じるんですけどね。
    いいじゃないか、たまには家でゆっくりしたって。

    ということで、1号は家の一室、とある事情により魔窟状態と化していた部屋を簡単に片付け、自転車のメンテナンス作業を開始。
    使い始めて2年近くになるホイール、フルクラム レーシング3のハブをグリスアップしてみた。

    具体的な手順は検索していただければいくらでも出てくるのでここでは割愛。
    一応参考にしたリンク先だけ貼っておくと、整備関係で有名なブログのこちらとか。
    あとフルクラムのHPにもメンテナンスマニュアルが充実しているので、こちらも参考に。
    002がフロントハブの整備、005がリアハブの整備。でもここに書いてある全部の行程やらなくてもベアリングのグリスアップは出来る。
    001は玉あたり調整。

    で、恐る恐るやってみたんですけどね、一度手順がわかってしまえば結構簡単。
    最初に前輪やって工程覚えた後、後輪の方なんて手順確認しなくても出来たくらい。
    玉あたり調整も、玉押しを押さえつけるリングを少しずつ回しながら押し込んでいき(ネジが切られているので回せば玉押しを押す方向にリングが進んでいく)、シャフトががたつかなくなるギリギリのところで止めて固定用ボルトを締めこむ。上記001で書いてる通りにやればよくて、なんかほんとに整備性ってものが考えられた機材だなぁ、と感心。

    とりあえずハブの中を空けてみると、結構なかは綺麗。
    でもグリスは減ってるのかなぁって気もしたけど、そもそも元の状態がわからないからなんともいえない。
    まぁネットでいろいろ事例を調べてみると、結構ベアリング部分のグリスはたんまり盛っている例が多いので、それらに習ってグリスを塗りこみ、再度組み付け。

    フロントホイールをフレームに組み付けて、えいやってホイールを手で回し、回転持続時間を計る。
    125秒。まぁこんなもんか。


    で、翌日。
    やっぱりグリスアップしたホイールの具合を確かめたくて、昼間に息子とお出かけした後でちょっと走りに。
    コースは一昨日と同じ、小林峠を南区側から。


    正直な感想。
    上りではまったく違いがわからなかった。
    まぁいいのかそれはそれで。整備ってのは持っている機能や性能を維持するためのもので、今回のグリスアップによってこのホイールの寿命が延びてくれればそれでいいんだよな・・・

    って思いながら峠を越え、下りにさしかかったら、あれ?なんかちがう。
    いつもより下り坂が怖くない。なんかいつもより自転車がすごく安定している感じがする。

    要するにアレか。ある程度のスピードで走らないとグリスアップの効果はわからないんですかね。
    この辺、機械系のスキルはからきしなのでよく判らないのだけど。

    でも間違いなく、下り坂では自転車の挙動がスムーズになった。気がする。たぶん。
    そんな整備結果にちょっとだけ気を良くしたんだろうね、そのときの自分。

    もう少し、しっかり走ってみるか。
    あんまり時間ないけど。

    ということで、いつもは左折して平和の滝へ向かう道を直進し、次の目的地を目指すのでした。




    つづく




    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    リハビライド

    調子に乗ってジムでのランニングをガシガシやってたら、左のアキレス腱を痛めてしまいました。


    診断名はアキレス腱付着部症。
    別にアキレス腱切れたりする怪我じゃないから、大したこと無いですよ。
    痛みが出ない程度に走ってくださいね。
    で、痛かったらそれ以上やらないで消炎鎮痛薬を塗る。
    あと、しばらくは痛みの出ない、バイクやスイムに切り替えるとか。
    へー、初めて行った整形外科だったけど、この先生トライアスロンでもやるのか?

    ということで、ほぼ一ヶ月ぶりのロードバイク。
    この日、結構きつい二日酔いだったんだけど、たまには自転車のことブログに書かないとなーなんて思いながら、3時間ほど時間があいたので、いつもの小林峠ルートへ。

    南区側から上り、やっぱりこっちからの坂はフロントアウターじゃ無理だなぁとあっさりインナーに落としつつもそれなりに順調に上り(個人の感想です)、西区側に下ってから平和の滝へ。



    やっぱりここにたどり着く最後の坂はきついんだよなー。

    さて、なんとなく走り足りない。
    何せ、久しぶりに乗ったCRR、やっぱり気持ちいいんですよ。
    ロードバイクに乗った時の前傾姿勢って、なんか自分の身体が自転車の一部になったような一体感と高揚感があるんだよな。
    まぁ坂道はしんどいし、100キロも走ればだんだんあちこち痛くもなってくるので決して「ラク」ではないんだけど。

    とはいえ、二日酔いの身体に残された体力はそれほど多くない。
    陽も少し傾いてきた。


    そんなわけで、遠くには行けない代わりにもうひとつ手軽な坂を走ってやろう、と。

    円山公園の裏側、藻岩山麓通を通って、旭山公園へ。
    150710173925.jpg 

    いやぁ最後の坂はきつかった。
    この日、なんだかんだ言って斜度のきつい坂ばかり走っていたからなんですかね、40キロくらいしか走ってないのにもう足が売り切れ状態。
    こんなんで、手稲山なんて走れるのか?

    あぁ、でも短い時間で結構自転車を堪能できた。
    満足、満足。

    一応走行ルートを貼っておきますか。
    こんな感じです。



    なんか短時間で満足を得ようとすると、トレーニングっぽくなっちゃうんだよな。
    おまけにこんな感じの「短時間、短距離、坂ばかり」の走り方だと、筋肉ばっかりついてしまい、体重が減らない・・・

    まぁ体重はおいといても、もう少し趣味的な自転車の楽しみ方も味わいたいのだ。
    今はそれも過ぎたる願いなのかもしれないけれど。


    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    鬼の居ぬ間の



    たまにはいいじゃないですか。
    普段は地道に真面目に生きてるんですから。


    息子が生まれてはじめての「お泊り会」へ。
    かなり不安と懸念を表明する息子をなんとか鼓舞し、なんとか送り出してから、1号2号は近くの温泉へいってきました。

    何年ぶりだろう、二人での行動。


    そして翌日、息子のお迎えは2号に任せ、借りた車を実家に返しにいったその足で久しぶりに小林峠へ行ってきました。
    最近ヒンジ部分のギシギシがまた再発した、高齢のF20-RAに鞭打って。

    ほんとはちょっとだけ、せっかくの機会だから手稲山チャレンジしよーかなーなんて思ってたんですけどね。
    でもその後息子と出かける約束してるし、まだなんとなく手稲山って心のハードル高いんですよね。なんとなく二の足を踏んでしまう。
    いやペダルは一の足も二の足も踏んでないわけですが。

    ま、そんなわけで比較的手軽に走れる小林峠へ。
    西野側から上るの、久しぶりだ。

    150705104053.jpg 
    最近ちびちびと取り組んでいるランの成果なのか、初めてフロントギアをアウターのまま峠まで到着。
    やっぱり違うもんだな。

    でもさー、走りながらふと思ったんですけどね。
    坂道走るのが「好きな」人も「得意な」人もいっぱいいるけど、坂道が「楽な」人って多分いないですよね。
    最近のランでおそらくふくらはぎの筋肉と心肺能力はちょっと強化されているのは実感できるんですけど、だからといって坂道は楽にはならないんだよなー。
    獲得した身体能力は、結局より速く走ることに費やしてしまうので。

    あと、坂道を楽に走れるってのは身体能力より技術なのかもしれないなぁ。
    効率的なペダリングとか、体重や筋力を適切に推進力に換えるからだの使い方とか。


    いや、そんな突き詰めた自転車生活送ってるわけではないんですけどね。
    久しぶりに峠走りながら、そんなこと考えてました。


    ちなみに、帰宅してみると。
    息子は初めてのお泊りで結構緊張したみたいで、昼までハイテンションで遊んでたものの昼食後にあっさりダウン。
    夕方まで爆睡しやがりましたとさ。

    いいのか?おでかけは。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    もうひとつのAll Terrain Bike

    休みの日になると息子が「オールテレンバイクのりたーい」とせがむ。






    息子の自転車、よくみるとAll Terrain Bikeというロゴが書いてある。
    おぉ、1号のFAT、ATB500と同じじゃないか。
    これ、おーるてれーんバイクって書いてるねって息子に話したら、彼は「おーるてれーん」という言葉にがっつり食いつき「オールテレンクレーン」と同じだね、と。

    働く車好きの彼にとって、オールテレーンと冠される乗り物を自分が乗り回せることがうれしいんだろう。


    だがしかし、だ。
    この自転車、父としてはそろそろ更改したいのだ。

    泥除けやらカゴやらあれやこれやを取り払ってもまだ12キロもある重量。
    ちょっとの傾斜をクリアするのも難儀させられるギア比。当然変速もない。
    アップライトにもほどがあるハンドルバー。

    いや、自分用の新しい自転車を買う余裕も理由も口実も保管場所もないのを息子に東叡いや投影してるわけでは決して無い。
    断じて、ない。
    多分、ない。
    いや、もし仮にあったとしても、それは支配項では、ない。

    こんなに自転車の楽しみに目覚めてきた息子に、この自転車で10キロも走らせるのがかなり気が引けるのだ。
    このまえなんか、旭山記念公園まで二人で自転車で行って来たはいいけど、まぁ坂道の半分以上は押し歩き、さらに一番きついところは1号が二人分の自転車を押し歩きする羽目に。
    いやお父さんが大変なのは良いんですけどね、その日の夜、息子がおそらく生まれてはじめての筋肉痛で太ももの裏側の痛みを訴え歩行困難に陥ったときには、真面目にそろそろギア車を買ったほうが良いかなぁって思った。

    ちなみに息子の筋肉痛、当日の夜に発症して翌朝には治っていた。
    恐るべしガキの新陳代謝。


    それはともかく。

    やっぱり、10キロ越える距離を走るとなると、ある程度ちゃんとしたギア車が欲しい。
    wiggleとかみるとRaleighが子供用のMTBとか出してて、これが軽いし作りもよさそう。
    でも数年でサイズが合わなくなることが目に見えている子供用自転車をわざわざ個人輸入するか?って話もある。

    息子の走りの好みを考えると、MTB系がいいんだよな。
    そして、ある程度の距離を走りたいから軽めで変速付き。タイヤサイズは20インチ~22インチくらい(現在の身長120cm強)。
    あ、パーツ選択肢を考えると20インチ系の方がいいのかな。


    あー、人の自転車でもあれこれ悩むの、たのしー (本音)


    でも息子、今の自転車、気に入ってるみたいなんだよな。
    やっぱり、本人が「この自転車じゃ駄目だ」って思うまで、このAllTerrainBikeと付き合ったほうがいいのかな・・・



    Category : 息子自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 6 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。