softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    息子の自転車特訓 その2

    自転車の補助輪やら何やらを外して軽量化を図り、サドルも下げたところでとりあえず「キックバイク状態」ならなんとか乗れるようになった息子。

    息子の求めに応じ、ペダルを一度外そうとしたものの固着しててどうにもならず、じゃあクランクごと外すか?と検討を始めたものの、まぁクランク外す工具って通販じゃないと買えなさそう。

    オマケにここ札幌の地では通販でもアマゾンみたいな「翌日、下手したら当日配送」なんて利便性もなく。まぁ数日待てばいいだけなんですけどね。
    ここまでが先週土曜日の話。


    そして日曜の午後。
    そんなことを考えながら工具を物色していると、息子が「自転車の練習しよう!」と。
    どうやら2号が「自転車乗れるようになるといろんなところに行けるよー」なんて気分を盛り上げてくれたらしい。
    折りしもこの日曜日、午前中にロードで走った後に立ち寄ったラーメン屋さんで女将さんと世間話のなかで「えー、まだ息子さん自転車乗れないの?お父さんもお母さんも自転車好きなのにねぇwww」なんて話が出て、あーやっぱりもっと自転車練習させないとなーなんて思ってた矢先、ですよ。
    色々偶然はかさなるもんだ。

    とりあえずペダルはまだ付いたままだけど、今日はこれで勘弁してくれ。
    そしてアパートの前庭に出てみると、他の入居者の方が子供に自転車の練習させている。
    その子は息子よりもっと小さくて、まだ蹴って進むこともままならない。
    それでも結構根気よく頑張っていた。

    そして、それに触発されたんだかどうだかわからないが、我が息子、キックバイク状態でガンガン走り始める。
    いやおまえ、その状態でどんなに上手に走れてもなぁ・・・と思いながらも20分ほど付き合っていると、突然何かの拍子で息子がペダルを踏み始めた。

    あれ?
    ペダル漕いでる?
    おぉ、乗れてるじゃん!すげー!

    まだまだ短い距離だけど、キックである程度バランスを取りながらスピード出して進めていたので、その延長でどうやらペダルを漕ぐ余裕が生まれたらしい。
    おもわず、声を上げてしまった。
    やっぱり、ストライダーみたいなキックバイクでバランス感覚養っておくのってすごい大事なんだな。
    今回、よーくわかった。


    せっかくコツをつかみかけたところなので集中的にやらせたかったところだけど、本人の集中力が切れてきたので本日はここまで。
    御褒美のジュースを買いに行こう!と声をかけると、いそいそと自転車をしまってストライダーを持ち出してきた(笑)

    でもまぁ、今日のところはよしとしよう。


    ということで、今年のGWの目標は決まりましたですよ。
    息子を、ある程度の距離まで自転車に乗れるように特訓、ですわ。


    しかし、焦って工具買い増ししなくて良かった・・・
    スポンサーサイト

    Category : 息子自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    息子の自転車特訓 その1

    昨年9月に購入した息子の自転車
    雪が融けても、一向に乗りこなせる気配がない。
    本人はもうすでにサイズ的に小さくなったストライダーが大のお気に入りで、自由に取りまわせるこいつ(ストライダー)があるんだから自転車なんかいいよ別に的な雰囲気。
    そんなわけで未だに自転車の方は補助輪も取れずじまい。
    どんくさい上に人と比べてどうのこうのという思いがあまりない様で、本人的にはそれでもいいのかもしれない。

    いやだめだ、それじゃ。
    そろそろ自力で乗って欲しいんですよ、自転車。
    うち、車ないんだから。

    そろそろ、本気出すか。
    親として。


    で、まず自転車マニアの悪い癖として、今の自転車が悪いんじゃないかと新車を物色(笑)
    いやーでも、今の息子の身長ってのがちょうど微妙なラインでしてね、サイズ選択がとても難しい。
    wiggleとかみてるとシングルスピードの子供向けMTB(ラレー)が7kg切る重量だったりと、めちゃめちゃ惹かれる。
    こういう、子供向けだけど結構ちゃんと作っている自転車って、日本にはあんまり無いのな、残念だけど。

    いやお前が惹かれてどうするんだって話ですが、でもホイールサイズが16インチでサイズ的に微妙。間違いなく1年後には寸足らずになる。

    今乗れてないんだから、そんな自転車与える必要あるのか?
    いやいや、今乗れてないからこそ、軽い自転車与える必要があるんじゃね?
    そんなことをぐるぐると逡巡しながらも、ちょっとまて、今持ってる自転車を出来る範囲で軽量化してやればいいんじゃね?まずは出来ることをやろう、と。


    前カゴ、泥除けetcを取り外し、ついでに補助輪も思い切って外してしまい、総重量13kgから11.3kgへ減量。
    子供の体重が23キロくらいですから、結構バカにならない(はず)。
    さぁ、練習を始めよう。


    ・・・まぁこれでスイスイ乗り始めたらそっちの方がびっくりですわ。
    そんな簡単にはことは運ばない。


    ん?ちょっとまてよ?
    ペダリングしやすかろうと思ってサドルを上げ気味にしてたんだけど、これが足つき悪くなって逆効果になってるんじゃね?
    ということで、次にサドルをギリギリまで下げ、ストライダのサドル高よりちょっとだけ高い状態に。

    お、これだとペダルを漕がずにキックで進む、キックバイク状態ならまぁまぁ乗りこなせる。
    でも本人曰く「ペダル外して」とな。本人的にはサイズ大きいストライダのイメージなのか。

    ところが、この自転車のペダルが外れざること山の如し。
    リサイクルショップからの発掘品だしね、もう固着してるんだろうな。
    ということで、本日の練習はここまで。


    とりあえず、ペダルは外せない。
    じゃあクランクごと外すしかないんだよな。
    この息子の自転車、当然ながらボトムブラケットはホローテック2とかではない(当たり前だ)ので、クランク外すにはコッタレス外し工具が必要だし、クランク軸を抜くにはBBを固定しているワッシャーみたいなやつを外す工具も必要。
    仕方ねーなぁ、注文するかぁ・・・それはそれでブログネタにもなりそうだしな。


    とりあえず、続く。

    Category : 息子自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    足馴らし

     とりあえず週末の午前中に時間が空いたので、CRRでちょっと走ってきました。

    15042610.jpg
    約5ヶ月ぶりに小林峠を南区側から上る。

    上っている最中はいつも、わしいったい何でこんな辛いこと好き好んでやってるんだろうと自問自答することしきりなんだけど、まぁ思ったほど5ヶ月のブランクも感じずに上れたのはちょっとうれしかった。
    たとえ現状維持であっても、ジムに行ったりするのは必要なことなんだな・・・

    ところが、5ヶ月のブランクがてきめんに現れたのが、下り。
    いやぁ怖い怖い。怖くて全然スピードが出せない。このスピード感だけは自転車乗らないと絶対養えないもんな。
    しかし、ロングライドで距離を伸ばすためには「下りをどれだけ速く安全に走れるか」は大事であるからして、ここはしっかりとリハビリを重ねなければならない。

    さて小林峠を下りきると、まだ時間的にも体力的にも余裕がある。
    どうせ今日は数時間しか持ち時間がないのだから、多少きついルートの方がいいだろう。

    ということで、そのまま平和の滝へ。
    平和の滝への道のりは、最後の数百メートル以外はだらだらとした上りが続く。
    あぁすべからく上りの道がこれくらいの斜度に制限されていれば、どんなに自転車生活は楽だろうなんて考えながら、締めくくりのキツイ区間を越えて、平和の滝へ。
    15042614.jpg
    ここも5ヶ月ぶり。
    150426114.jpg
    さて、帰路へ。

    ここからこのまま真っ直ぐ帰ると、合計2時間コース。
    今年はあんまりまとまった走行時間が取れそうもないから、短時間で走ったぞーという充実感が得られる、今回みたいな小林峠→平和の滝ルートを積極的に活用していくことになりそうだな。
    別にレースとかみたいに速く走れるようになりたいわけじゃないんだけど、ロングライドできる余裕が今年はあんまりなさそうだし、逆に数少ないロングライドのチャンスをがっつり楽しむにはこういうちょっときつめのルートで走力を落とさないことも大事だよね、きっと。

    まぁこういう年もある。

    で、今日はもう少し時間に余裕があるので、ちょっと寄り道していこうと思い立ち、麻生の北山龍(ラーメン屋)へ。

    あーやっぱり美味かった。
    以前よりしょっぱさより出汁の味が強くなって、より滋味が増した気がするんだけど・・・ありがたき多幸感。


    というわけで、約50キロ弱の今シーズン足馴らし。
    やっぱり、ロードバイクである程度しっかり走るのは楽しいなぁ。


    ルートラボ貼るのも久しぶりだ。


    (改行位置を修正、そしてルートラボ追記)

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    身動き取れない新年度

    新年度がスタートしたわけですが、まぁいろいろありましてなんとも身辺が慌しい。
    なかなか1日フリーな日を作るのも難しい。

    1504121531.jpg

    そんなわけで、家族のお出かけとかにもせめて自転車使いたいんですよ。

    1504111519.jpg 

    週末に今年度の営業を開始した水道記念館にも息子と行ってみた。
    いや、ここはなかなかいいですわ。
    大人でも楽しめるし、まったく水道に興味を持たない子供にも楽しめる仕掛けがいろいろ。

    1504111529.jpg

    しかし、藻岩山麓道路沿いなのでトレーラー引いていくのはちょっとしんどかった。

    それにしても、Burleyのチャイルドトレーラーは本当に良くできているなぁと改めて実感したのが、この日の帰り道。
    往路でそこそこ坂を上らされたので、帰りは逆に結構急な下り坂を下るわけです(当たり前だけど)。

    でも、上り坂であれだけ1号を後ろから引っ張りやがった(といいつつ意外と傍から見るほどはきつくないんだけど)トレーラが、下り坂ではびっくりするほど存在感がないんですわ。
    素人考えだと後ろから押されるような感じになるのかなーなんて思うのですが、おそらく後輪のハブ軸で連結されているその構造が故に、自転車への力の加わり方が自然な感じになるのかもしれません。



    1504121508.jpg 
    まぁ能書きはいいや。
    しばらくはがっつり走りに行ったりはしづらい日々が続きそうだけど、こんな感じで自転車をうまく生活に取り込んでいこう。



    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    オヤスミ

     1504111739.jpg




    ひと冬はたらいてくれたFAT。
    完全に雪が融けた今、なかなか稼動させる機会がないんですわ。
    日常の足としてはやっぱり重いし、フルフェンダーつけてるCrossRiderの方がなにかと使いやすい。
    オフロード走ることも現状ではないし。

    そんなわけで、さっと汚れを落とし、ホイールを外して、物置の奥にてしばしの休息。
    われらの冬に彩を与えてくれてありがとう。
    しばし、オヤスミ。


    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。