softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    散歩、散走、冬景色

    1月に入ってから更新頻度がガクッと落ちてしまったのは、まず仕事がちょっと立て込んでしまったから。

    ブログ書く時間が無いっていうより、仕事の方に「言葉」の大半を持っていかれてしまい、プライベートで何かを記すのが面倒くさくなってしまうんですな。

    あと、いくらFATを導入したとは言っても、そしてFATで走る雪道が快適だと言っても、やっぱり自転車に乗る絶対量が減るので、なかなかブログネタが生まれない。

    150125163439.jpg 
    それでも日曜日の夕方、買い物ついでに近場をちょっと散走。
    引っ越してきて半年、まだまだ近所にも知らない道がたくさんある。

    150125163315.jpg 
    ここは市電の車両基地の裏。

    冬道自転車って、スポーツとかロングライドとかそういう邪念さえ取っ払ってしまえば、結構楽しい。純粋にいろんな路面、段差や凍結、深雪や圧雪といった状況の変化を自転車のコントロールで乗り越えていく楽しさもあるし、冬の札幌ならではの景色の綺麗さもある。
    150125163530.jpg 
     
    そう、だから、「運動」と切り離して乗ることを楽しめばいいのかな。 
    先週は実家までの往復と、帰宅後の散走くらいしか乗れなかったけど、やっぱり自転車に乗ってサドルの上から流れる景色のなかに自分が溶け込んでいる時間は癒される。


    でもそんな楽しみを味わいはじめると、今度は自転車自体の意匠が気になってくるんだよなぁ。
    スポンサーサイト

    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    リアバッグの顛末



    逡巡していたFATのリアバッグ、取り敢えずこんなの導入してみました。
    リンプロジェクトのやつ、だそうです。

    もう半月以上前、店主Aさんにちょっとひねったブツがありますよ〜ってブログのコメントで声かけて頂き、お店まで伺ったんですけどね。
    ちょうどそのタイミングで店主Aさんの店舗ブログではリンプロジェクトのサドルバッグが紹介されていて、あ〜あれかな〜でもサドルバッグはちょっと違うんだよなぁなんて思ってたんですが。

    ところがいざお店に行ってみると、ぱっと目に付いたのがこのバッグ。
    ん?なんかエコバッグみたいな材質で、四角い形状があんまりパニアバッグっぽくない。
    近付いてみるとまぁペラペラなんだけど、ちょっと離れてみると質感もそんなに悪くない、ような気がする。
    FATに似合うかどうかは別として、ちょっと面白いじゃあないか。

    そして店主Aさんの説明を聞くと、これが私に紹介したかったやつ、だそう。
    ところが、一応工業用の素材使っているのでそれなりの強度はあるものの、ちょっと質感も形も自転車乗りには受け入れられなかったんですよねぇ、との苦笑い。なのであんまり積極的にオススメはしづらいんですけどね‥とのこと。

    あれ?(笑)
    でもいいんです、ちょっと変なくらいで。

    そんな経緯でお買い上げ。
    正直、これで良いのかはまだ良く分からない。FATをどうしたいのか、イマイチ焦点が合ってないんだよなぁ。

    取り敢えず、普通に利用中。
    使ってみて気付いたのは、このバッグ、軽いんですよ。
    ただでさえ重たいFATなので、バッグが軽いのは有難い。
    まあ重量級の荷物入れるのはちょっと二の足踏んじゃいますが。

    そんな感じで、冬道自転車生活はゆっくりと模索中。
    ぼちぼちと、ぼちぼちと。




    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    手さぐりというか、足さぐりというか

     色々ありまして、普通の方々よりちょっと短めの年末年始を満喫したと思ったらもう1月上旬がおしまいですよ。
    ほんと、油断してると時間なんてあっという間に過ぎていくし、世の中も色々動いていく。

    いやびっくりしたんですよ。
    昨年の秋で「自転車人」が休刊になってたんですね。
    去年の春くらいから、なんか違うなーなんか読むところないなーネタ切れなのかなーなんて思って買うのちょっと見送ってたんですけど、そこから程なくして休刊、ですか。

    あと、2010年に金星へのアプローチに失敗した惑星探査機「あかつき」、状況的に絶対もうだめだと思ってたのに、上手くいけば今年に再アプローチできるかも、ってところまで漕ぎ付けたらしい。
    メインエンジンぶっ壊れて、それでもなんとかプロジェクトの人心、物心を繋ぎとめながらここまで持ち直すなんて、なんつーかほんとにすごい。

    ほんと、少し目を離している隙に、色々なところでいろんなことが終わったり、始まったり、しぶとく続けていたりする。
    いや、どれが良くてどれが悪いって話じゃなくて、自分もなにかを始めたり、続けたり、終わらせたりってことを、ちゃんと 自分の意思でやらなくちゃな、ってほんとに思います。


    そんなわけで、この冬にはじめたこと。
    ジム通いと、ローラー台(固定)と、FATバイク。
    あと地味にギターをまた弾き始めた。


    どれもこれも、大きな目標があるわけでもなく。
    でも始めてみないと良し悪しも判らないので、とりあえず始めてみてから考えよう、と。
    (あと、前者3つはコソさんにtwitterで勧められたのもあります)

    1501101659.jpg 

    FATバイク、走りについては申し分なく、やっぱり雪道との相性はすばらしい。
    なんとなく、街中をモンスタートラックで流しているような気恥ずかしさはあるんだけどねぇ・・・
    このルックスを受け入れるのか、自分にしっくり来るように手を入れていくのか、悩ましい限り。

    あと、本来は雪道でのトレイルライドみたいな、ウィンタースポーツ的な愉しみもあるんだろうけど、今はまだなかなかそこまでは手が回らない。
    まだ、FATバイクの取り回し方とか走り方、安心と安全のバランスがまだ自分の中でつかみきれてない。
    あともっと手前の話として、スポーツ的に走るにはどんな服装・装備にすればいいのか、なかなかつかめない。
    なかなか、新しいことへのチャレンジって、前に進まない。

    やっぱり、当面は生活自転車として使い倒しながら、ちょっとずつ付き合い方を広げていくのかな。




    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。