softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    帰省してきました おまけ

    帰省したときに考えたり気づいたりした諸々。


    ■でっかいコンパクトシティ、札幌

    今回の帰省、身内の体調が思わしくなかったので、がっちりと遊びとか走りとかに行く予定がどうしても立てられなかった。
    それでも細切れで自由時間を作ることができたので、結果的にはそこそこ満喫できました。

    そんななかで思ったこと。

    住んでるときは前々そうは思わなかったけど、札幌って見事なコンパクトシティだ。
    札幌駅を中心に半径15kmの円を書くと、市街地の大半が含まれる。
    住宅地が集まっているエリアに限定すると、かなりの割合が半径10km圏内なんじゃないだろうか。
    おまけに、平野部はアップダウンがほとんど無い。
    で、事実、自転車趣味に目覚めてからF20RAを実家に配備してみると、街中は実に動きやすい。

    冬の雪は大きな課題だけど、逆に夏なんて東京に比べたらはるかに過ごしやすい気候なわけで、そうすると汗問題なんかは東京に比べたら事実上気にしなくて良いレベルだと思う。

    そう、「そこそこまっとうな自転車」でこの街を駆け回ると、かつて住んでいた頃とは全然印象が違って見える。
    昔、住んでた頃、自転車で移動する範囲なんてほんとに近場だけだったし、車で移動すると記憶に残るのは「目的地」だけ。
    出発地と目的地の間にあるいろんな町や景色を、ずーっと知らずに住んでいたんだなぁって、つくづく。

    あと、自転車乗りの視点として。
    街乗りよし、平地中心の郊外サイクリングよし、市内から10キロ圏内にヒルクライムできるスポットもある。
    JRもアホみたいな混雑してないので、輪行もしやすい。
    冬になればMTBやFATバイクも楽しめる。
    なんて何でもアリなでっかさ。
    さすがでっかいどう、ほっかいどう。

    あとはこの街が自転車をもっと受け入れさえすれば、ここは自転車天国になると思う。

    自転車が都市の一部として(仕方なく、結果的になのかもしれないが)受け入れられているという一点だけは、やはり東京が何歩も進んでるんだよな。私見だけど。


    ■テント天国

    前田森林公園、モエレ沼公園、豊平川河川敷。
    その他にもあちこちで見かけたんだけど、まぁどこでもテント張るんですな。

    なんておおらかで、すばらしいんだ。


    あ、話変わりますけど、久々に行った前田森林公園。
    1-R1174563.jpg 

    見栄えの美しさもさることながら、木々が風を押さえ込んで、本当に穏やかな空間を作る。
    この日もかなり強い風が吹き荒れていたんだけど、公園の中は本当に穏やか。

    最近は遺作、いやちがうイサム・ノグチが作ったモエレ沼公園の美しさばかり取り上げられるけど、前田森林公園も負けてないと思うなぁ・・・


    ■パラトルーパーに試乗

    南風自転車さんでF20-RAのオーバーホールに行ったとき、話題のパラトルーパーに試乗してきました。
    あれですよ、空挺部隊の装備として設計されて、折り畳んだ状態でサドルとシートポスト抜くとシートチューブに仕込んであるパラシュートがバシュッって開いて落下傘降下できる自転車ですよ(激しく嘘)。
    正確な情報は南風自転車さんのページ、こちらなんかを参照のこと。

    これ、なかなか良かったです。
    フルサイズで、オフロード走行可能な折り畳み(=輪行しやすい)自転車。
    いやぁ、面白い自転車見つけてきますなぁ・・・


    ■2号のKHSに磁石つけてみました

    経緯はこちらを参照のこと。

    結論:磁石、つきませんでした。
    ということは、フレームはアルミ・・・
    じゃあフレームに貼ってあるReynolds500ってシールはいったい・・・?



    他にも色々あったんですが、またいつかどこかで。



    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 3 comments  0 trackback

    帰省してきました その3

    2014年GWの帰省話、とりあえず今回で最後の予定・・・と書いている最中、身内に不幸がありまして。
    週末から週明けにかけてまた札幌にとんぼ返りしていました。
    そんなわけで更新も滞っているうちにコソさんのブログが閉じられたり、そのほかにもまぁ色々ありまして、なんかいろんな終わりってものをいろいろと感じる今日この頃です。


    ここからは、帰省したときの話に戻ります。

    東京に戻る前日、午前中は息子と散歩。
    彼のたっての希望で札幌市営地下鉄に乗車。
    で、せっかくだから西11丁目駅から市電に乗せてやろうとしたところ、どうも市電はお気に召さなかった模様で、断固拒否。
    大通駅まで歩く、と。
    彼の「鉄心」は良くわからん。都内でも「東葉高速鉄道」は大嫌いだし。。。

    20140506 123625 
    そんなわけで、大通公園をぶらぶら散歩。
    おぉ、なんか札幌市民みたい。

    で、そんなこんなで息子の機嫌をしっかりとって(?)午後に数時間の自由時間をゲット。
    いや実家の両親が面倒見てくれたわけだが。

    もう休みも終わるし、貴重なおひとりさま時間。
    とりあえずいつも行ってるスパにでも行ってゆっくりしようか・・・と普段着でF20-RAを走らせ、宮の森24条通り沿いにある「花ゆづき」へ・・・行ったんですけどね。

    ふと道路標識を見ると、まっすぐ進めば宮の森。
    ジャンプ台でおなじみですね。
    札幌市内有数の(?)山岳地帯ですね。

    ちょっと、行ってみるか。
    なに、小林峠をあっさり制覇した今の1号にとって、坂道など興味本位でレジャーとして楽しむ存在でしかないのだ。
    格好も普段着だし。

    山が近づくに連れて、徐々に勾配はきつくなる。
    でもまぁ、藻岩山麓道くらいならなんてことはない。
    前にも走ったことあるし。

    そして、ちょうど円山公園の裏手あたりだろうか。
    道路標識は、盤渓と旭山公園のふたつの選択肢を示す。

    よくわからねぇけど、盤渓だよね?
    最高標高も300mくらいじゃないですか。
    いいじゃないか、行ってみよう・・・

    20140506 151520 
    ・・・平均斜度10%以上の道のりがこんなにきついとは・・・
    いやぁ、死ぬかと思った。
    小林峠ごときで坂に目覚めたようなことほざきまして、大変申し訳有りません。
    以後、謙虚に日々を重ねていきたいと心から思った次第です。

    だって、たまらず一度足を止めてもう一度走ろうとすると、ホイールがスピンしてうまく走れないんだよ。
    なんてことを言い訳に、100mくらい押して歩きました。
    いやぁ、自転車って降りて押し歩きすると楽だねぇ(笑)

    いやでも、ここで役にたったのはGPS。
    一応Edge705はつけてきてたんですよ。
    すると、Edgeの地図が示す等高線と距離から考えるに、もう少し進めば最高高度地点に到達する。
    その先はこのまえ走った小林峠に続く道で、小林峠に向かわなければ基本的に下り基調で帰れる。
    要するに、ここであと500mくらい走ればあとは下り基調だ。

    そんな感じで自分を奮い立たせ、もう歩いているのとほとんど変わらない速度でかろうじてクリア。
    いやぁ、きつかった。

    後から知ったんだけど、ここ、盤渓峠っていうんだね。
    そして、上りきった後に通り過ぎた盤渓小学校、本当にこの校舎がそのものなのかはわからないけれど、子供の頃ここに何度も来た事を思い出した。
    スキーに来たのもあるんだけど、小学校の夏休みに「林間学校」で盤渓小学校に来てたんだった。
    ふとそのときのことを思い出した。

    そうだ。この道、林間学校に来て、帰るときにバスで通った道だ。
    覚えてる。この盤渓墓地。


    その後、当然のように小林峠には向かわずに下り方向へ進み、琴似発寒川からサイクリングロードへ。
    20140506 153056 

    あぁ、ここは以前ごし氏に連れて来てもらったな。
    そのときは平和の滝まで走って、上りではあっという間にGIOSに乗ったごし氏の背中が見えなくなったなぁ・・・

    ほんとは今回の帰省にあわせて、ごし氏にも会いに行きたかったんだよな。
    でもどうしても日程の都合がつかず、断念。
    本人にも相談してないんだから、断念も何もあったもんじゃないんだが。
    でも、行くなら泊りがけになるもんな。ちゃんと計画しないと。

    その後、通り雨に打たれながら当初の目的地、花ゆづきに到着。
    ゆっくり風呂に使って、実家へ帰宅。


    以上、おひとりさま、満喫。


    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    帰省してきました その2

    ふと思ったんですけどね。
    サイクリングロードの近くに「店員(男女両方)の制服がサイクルジャージ&レーパン」なレストランを開けば、自転車乗りは入店しやすいしその制服目当てでやってくる客も来るしで、店よし客よしの一挙両得じゃあありませんか?
    でおなじみのゆげ1号です。


    気を取り直して、北海道帰省の話、その2。

    今回は1号のF20-RAを南風自転車にオーバーホールに出しました。
    いつもながら丁寧なお仕事をしていただき、感謝感謝。
    特に長年酷使してきたホイール(ハブ)を見て頂き、この老体(8年目なんだな・・・)も、もうしばらくはこの地で活躍してもらえそう。

    そして、車両を引き取った足でちょっとその辺を散走。

    1-R1174543.jpg 

    とりあえず豊平川サイクリングロードの北限(多分現状はここまで)までひとっ走り。
    年の夏はもう少し先まで行けたんだな。

    ここからこの「東区の果て」(⇒本当に失礼)を散策。
    元東区住民ながら、中沼とか東雁来とか豊畑とかって、バスの行先でしか知らないんだよな。

    モエレ沼公園ができたりして少しばかり栄えたところもあるみたいだけど、やっぱりこの辺は昔の東区の佇まいが残ってる気がするんだよな。

    で、ふらふら走っていてこんな看板に出くわした。
    1-R1174544.jpg 

    新豊畑団地?

    なんだこれ。

    どう見てもこの辺、団地っていう佇まいじゃない。
    それに、看板からもすべての表示が削り取られてる。
    (豊平川まで削られてるのはどういうことだ?)

    帰宅後、google先生で丹念に検索しても、全然情報が出てこない。
    いやぁ、札幌にもこんな味わい深い土地があるなんて。


    その後、定番コースのモエレ沼公園をぐるっと回り。
    1-R1174550.jpg 

    東区役所前のブルージーな小さい歓楽街とピンク映画館(まだ現役)を偵察して(入ったことないんだけどな)、帰宅。




    東区、おもしれぇ・・・


    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    帰省してきました その1

    先日こんなこと書いておきながら、結果的には結構充実したGWを帰省先で過ごせました。

    まぁこればっかりは神様が決めることなので、じたばたしても仕方が無い。

    地元の友人に会ったり。
    身内と飲んだり。
    そんなに遠出はできなかったけど、自転車にも乗ったり。


    そうそう、前回帰省したときに2号のKHSを南風自転車さんにオーバーホールお願いしたんですが、今回は1号のF20-RAもお願いしました。

    何せ、乗り始めて8年目ですからね。
    たまにはプロの目でも確認してもらっておいたほうがいい。


    で、帰省した次の日に自走で持ち込むことにしました。

    実家から南風自転車までは10キロも無い。
    あぁ、たまには生まれ育った札幌の中心街を自転車でポタリングでもしながら自転車屋へ向かい、絶え間なく膨大な人々の出入りがまるで新陳代謝のように、都市としての生命を維持しながら少しずつ変わって往く故郷のその姿を、もはやパッセンジャーとなってしまいつつある自分の眼でしっかり見ておきたい。

    ということで、札幌の中心といえば中央区。
    大通り、すすきの、中心街はここなんですよ。
    そこを突っ切って豊平区の南風自転車へ。


    1-R1174596.jpg 

    いやぁ・・・中央区、広い(笑)

    まぁそれはさておき、まぁせっかくなんで5年ぶりに行ってきましたよ小林峠。

    当時はごし軍曹に連れられ、結構きついなと思いながら上った。
    今回は、前回ほど苦しむことも無くクリア。
    あぁきついなって感じたのは、峠直前の500mくらいのとこで傾斜が6%くらいになるあたりくらい。
    でも、ゆっくりペダルを回していけば力尽きることも無く、しっかり上がっていける。

    さすがにちょっとはスキル上がってるんだろうな。
    うん、そう思いたい。
    乗り込んでいる方々からすれば小林峠くらいで何言ってるんだと言われそうですが、まぁまぁ、そう言わずに。


    そして、その後豊平川CRを経由して南風自転車へ。
    そこでF20-RAを預け、その後友人とご飯食べて地下鉄で帰宅。


    当時結構しんどい思いをした峠を、多分当時よりは少し楽に上れた。
    いやぁ、5年も乗り続けてればちょっとは上達してるのかもなぁ、とちょっと嬉しかった。

    そして、坂ってひょっとして楽しい?
    なんて不埒な思いが・・・


    あ、それはともかく、ちゃんと市内散策もしてますよ。
    自転車預けたあと、徒歩で。

    1-R1174594.jpg  
    ほら。

    あぁでも、こんな写真1枚貼り付けてるだけなんて、なんかとってつけた感が否めない(笑)

    でもね、見たことない景色はやっぱりたくさんあって、そんなものに出会えると楽しいんです。
    それは本当。

    でもさ、そんなときに限ってGRD3が調子悪い。
    なんかSDカードとの相性が悪かったみたいで、撮った写真の2/3はデータが壊れてた・・・

    そんなわけで、今回の帰省でGRD3が収めた景色は上の2枚とあと数枚。
    これは、やむなし。

    今回走ったルートははこんな感じ(南風自転車まで)。


    つづく

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。