softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ここ一ヶ月くらい、ロードに乗ってない

    10月からのここんところ、週末の度に色々あったんですよ。

    義理事で青森まで行った。
    保育関連のイベントで露天作った(日曜大工なんて久しぶりにやったわい)し売り子もやった。
    旅行にも行った。
    天気悪かった日もあれば、地元のお祭り行った日もあった。
    そんな合間を縫って休日出勤も何日か入った。
    ロードのCRRやミニベロのP20-RACに乗るのは基本週末なので、まぁこんだけいろいろ立て込んだら無理ですわ。

    そして今週末も、該当者氏を中心とする仲間数名で毎年恒例の「合宿」に赴くのでロードはお預け・・・

    もうね、ここまでくると遂にはロードに乗るのがめんどくさくなってくる。
    もう通勤や週末のお出かけも全部クロスバイク(+チャイルドトレーラー)で事足りてしまうわけで、おまけに通勤の帰り道もストレス解消がてらちょっと遠回りしたりすると自転車欲もそこそこ満たされる。
    でもそんな生活だとブログのネタは生まれない。

    自転車ブログとしてのSofttail.log、閉鎖の危機ですよえぇ。
    これまで幾多の危機を乗り越え、いややり過ごして、いやそれもちがう、見て見ぬふりしてきたけれど、今回ばかりは結構だめかも・・・このままこのブログ、廃墟になるのか?


    でも良く考えたら「ロードに乗ってない」ってだけでここまで話を引っ張りやがるんだから、別にブログ辞めることもないよね。
    読みたい人がいるかどうかは別にして。

    なんて逡巡に神様が業を煮やしたのか、なんと天候トラブルにより今回の合宿、まさかの中止。 

    2013111617220000-1.jpg
    この時間に、東京の景色を呆然と眺めてる自分なんてまったく想像してなかった。

    その夜は、該当者氏といつものホルモン屋さんで飲んだくれましたとさ。
    あぁ、全身が焼肉くせぇ。
    ま、こういう事情なのでやむなし!
    また来年もあるさ!


    そんなわけで思いがけず予定がなくなった日曜日。
    午後にちょっと時間を作れた(し、前日のホルモンが体重計の数値を不正操作しやがった)ので、久しぶりにCRRでいつもの尾根幹をぷらっと走ってきました。

    あぁ、やっぱりそこそこ身体鈍ってるなぁ・・・って思いながら、でもいいじゃんね、べつにレースに出たいわけじゃないし、より速くとかいらないし。
    より遠くまでは行ける様になりたいけどさ、だからそのための技術や体力は少しでも向上させたいって思うけど、トレーニングとして自転車に乗りたいのか?って言われると、やっぱり答えはノーだ。

    まぁいいじゃん。
    走ってれば楽しいんだし、それが散歩でもありトレーニングでもあるのなら、べつにこうあるべしなんて理屈はいらん。 

    2013111715420000-1.jpg
    尾根幹線道路からちょっと外れ、最近お気に入りの「異界」、都道155号線に入るところ。 

    もう、紛れもなく季節は秋なんだな。

    さてこの道、区間的には1キロもないんだけど、とにかく勾配がすごい。
    部分的にだけど15%くらいの急坂を下っていくのですげーこわい。

    ふと気になって、一度坂を下りてからもう一度上がってみたんだが、これが意外といける。
    まぁ距離が短いので苦しくなる前に坂が終わってしまうんだけど、なんか勾配だけじゃ坂の苦しさは計れないのだなと実感。

    2013111715570000-1.jpg 

    3時間ちょっと走って、走行距離は55キロ。
    短いけど全部で400mくらい上るので、短いながらもそこそこ充実感あり。

    やっぱりロードっていいね。
    走ってる最中に、電車に乗った時に路線図とかで目にする、結構最寄り駅から離れてる駅に遭遇したりすると、あぁこの駅のあるところまで自力で来れるし、帰れるんだって思うとなんかちょっとだけ胸熱。

    これもきっと、ひとつの癒しだ。

    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    虹の橋を渡った日

    先週末、三連休の中で唯一天候に恵まれた日曜日。
    そう、幕張でサイクルモードが開催される中、メンタルヘルスマネジメント検定なる試験を受けてきました。
    あぁそうさ、今年もサイクルモード、いけずじまい。

    で、試験の話。
    午前の部が「ラインマネジメント」、職場の組織としてメンタルヘルス不調をどう抑止し、早期対応していくか&医療や社内外の機関とどう連携していくか、みたいな 話。
    午後の部が「セルフマネジメント」、個人としてどうやってストレスをコントロールしたりいろんなサポート、制度を使ってマネジメントしていくか、みたいな話。

    なんかもう、最近色々あったんですよ。
    そんなこんなでこのくそ忙しい中、この試験勉強もしなくちゃならないのがもう嫌で嫌で・・・
    メンタルヘルスマネジメント検定の勉強が原因でメンタルヘルス不調になるんじゃないかって勢いでしたが、とりあえず試験は終了。

    R1174100.jpg
    試験会場は、いわゆる臨海副都心エリア(有明)。
    東京ビックサイトやら、お台場のフジテレビやら、お台場海浜公園やら、ヲサレなショッピングモールや大観覧車やらが立ち並び、建物も近未来な雰囲気を醸し出す。
    まぁおっさん一人でうろうろして心地よい場所ではない。 

    あぁ失敗した。
    天候も穏やかだし、こんなだったら自転車でくれば良かった。
    あ、でもここまで自転車で来るのって、ぐるっと築地~晴海と回ってこなくちゃならないんだよな。
    品川からレインボーブリッジ渡ってこられたら良いのに・・・

    お、ちょっとまて。
    確かレインボーブリッジって徒歩で渡れるはず。
    よし、せっかくだからちょっと散歩がてら行ってみよう。

    R1174096.jpg
    ということでこのヲサレで近未来的な、あまりに場違いなエリアをとぼとぼと、いざレインボーブリッジまで。

    臨海副都心エリアって商業施設だけでなく、超高層タワーマンションみたいなのも結構建っている。
    で、そこの住人なのかどうかはわからないけど、海浜公園の人口砂浜で遊んでるファミリーとか、ロードサイドのお洒落なカフェみたいなところでパーティやってる人たちとか。

    あぁ、この人たちと自分はおそらく細胞レベルで何か違うんだろうな。
    でもってこの街は、こういう人たちの笑顔をイメージしながら設計されてるんだろうな。
    でもさぁ、こういう「ライフスタイルまでデザインされているような街」に住んでて、もしそれに自分や家族がフィットしないってわかったらきつくないか?
    自分の趣向なんかは自分で責任取れるけど、家族とか子供とか、自分がこうありたいって思っても、必ずしもそのとおりにならないことも多くて。

    そんなこと考えながら、立ち寄ったコンビニで自分のアイデンティティを守るためにパックの日本酒・銘酒鬼殺し(105円)を買い求め、このヲサレな人口海岸で地に足の着いた一息をついてやろうと思ってたんですが、コンビニ出たところで知らない女
    性に「あら・・・?」と明らかに知人と間違えられた風に声をかけられたので、あぁ俺もこの街でそんなに場違いじゃないんだと心を入れ替えて、鬼殺しはバックの奥にそっとしまった。

    いやでもこのヲサレ・レギュレーションの中で生きていく洗練さも財力もない。 

    R1174103.jpg
    レインボーブリッジの人道部分。
    実は自転車も、タイヤ部分に台車みたいの取り付けて押して歩けば通ることはできるそうで。
    でも1.5キロくらいの道のりなので、自転車押してまで通りたいかというと微妙ですな。
    いや、この橋そのものが目的なんだったら押し歩きも良いですけどね。 
    R1174122.jpg 
    やっぱり、でかい。
    構造物好きは、一度は観たほうがいい。 

    R1174105.jpg
    お台場の地名の由来にもなっている、江戸時代の砲台跡が残る埋立地。
    今は台場公園というらしい。 

    R1174112.jpg
    品川寄りに近づくと、ちょっと雰囲気が変わる。
    品川も再開発はかなりされてるけど、海辺はまだまだ重厚さが残ってる。


    この後、レインボーブリッジの品川端を下り、最寄の駅(JR田町駅)を目指したものの、なぜか道に迷ってふらふら歩いてたら、いつの間にかJR品川駅。

    まぁいいか。
    今年もサイクルモードいけなかったし、試験も終わったし、ちょっとくらい自分に御褒美の時間があっても。


    それにしても、来年はそろそろサイクルモード行きたいなぁ・・・

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    シートポストで右往左往

    もう1ヶ月近く前の話だけど、新しいシートポストを手に入れたんですわ。

    EASTONのEA70 ZEROってやつ。



    ちなみに、この秋からモデルチェンジしたらしく、楽天の店によっては古いモデルの写真がまだ使われているので要注意。


    で、why何故に、唐突にシートポストなのか。


    Carlton-Rに乗ってると、いつの間にかサドル上をお尻が前方にすべってくるんです。
    で、結構頻繁に後ろに座りなおしてる。
    はてこれは、サドルが後ろ過ぎるのか。それとも傾きが前下がりすぎるのか。

    元々ついているシートポストは、だいたい20mmくらいセットバックしている。
    そしてサドルを固定するクランプはボルト1本方式。
    要するに、自然体でサドルがやや後方に位置することになり、前後の傾きを微調整するのもちょいとやりづらい。

    サドル位置と、傾き。
    この二つをなんとかすれば、もっと快適なサイクリングライフがまってるんじゃなかろうか・・・と、例によってモノに未来を夢見るわけです。

    そんなわけで、セットバック量がゼロで、ボルト2本でクランプしてくれるシートポストを購入。
    ネットで色々情報を漁ると、なんかセットバックしてないシートポスト使うなんてそもそもポジションが悪いとか、いやCRRのシート角とトップチューブ長からするとサドルがちょっと後ろ過ぎるとか、まぁ諸説紛々。読めば読むほどわからなくなってくる。
    まぁいいや、シートポスト交換して、それでも結局もとのポジションで良いんだってことになるやも知れぬ。
    それでも、新しいシートポストはちょっとだけ軽量なので、まったく意味ないことはないのだ。
    と、自分に言い聞かせる。
    なんなんだろうね、この深層心理に根ざした罪悪感みたいなもの。


    で、早速装着。
    1-NEC_0668.jpg

    とりあえず、心持ちサドルを前に出してみた。
    そしていざ試乗。
    テストコースは最近よく走る、尾根幹線道路。

    おぉ、速い。
    脚が回る!
    明らかに巡航速度もちょっとだけど上がってる。
    平均時速にして、1キロまではいかないけどそこそこ。

    ところが、そうそううまい話ばかりではないのだ。

    50キロくらい走ったところで、上半身、特に背中の筋肉が悲鳴を上げ始めた。
    痛みは次の日まで続き、久しぶりに自転車で筋肉痛に苦しめられる羽目になった。


    思うに、今回のポジションはかなり「前乗り」になってしまっていて、なんつーか「立ち漕ぎ」みたいなフォームになってしまっていたんじゃないかと(ちょっと極端ですが)。
    これはおそらく間違いなく、いわゆる「やまめ乗り」のポジションではない。
    サドルの位置を前に持ってくるのではなく、身体を倒して頭を前方に持ってくるイメージなんだろうな。
    いやまぁそんなにやまめに拘ってるわけでもないのだけど。

    で、いわゆる立ち漕ぎみたいな筋肉の使い方になって、スピードは出るけどたいした距離走ってないのに筋肉が売り切れ・・・みたいな。


    うーん、自転車って「長く走れる」と「速く走れる」ってのは体の使い方も違うんだろうなぁ、なんて改めて思った。


    で、結局サドルの位置はほぼ以前の位置まで後退。
    お尻が前にずれてくるのは、サドルの角度を調整したらそこそこ解消。
    ん?サドルの角度は前のサドルだって調節できたでしょ?もしかして今回のお買い物、いわゆるムダ・・・(以下略)

    いやさにあらず。
    やはり2本ボルトで角度調節できるのはよい。
    本当にサドル角度って微妙なもんで、調整ボルトを半周させるだけでぴたっとフィットするようになったりする。
    だから、このシートポスト買って正解。
    決して無駄なチョイスではない。

    それに、個人的な好みとして「シートポストとフォークは同じ色」、もしくは「シートポストとクランクは同じ色」であって欲しい。
    あぁ、「ステムとシートポストとクランクの3点がシルバー」ってのも大いにありだ。
    でもなぁ、CRRのクランクってアルテグラだから、なんつーか黒じゃないけどシルバーでもない、現代の自動車パーツみたいな色。
    このクランクと他のパーツの色はまぁ絶望的にマッチしないわけで、そうなるとCRRの黒いカーボンフォークに合わせるべきは、やっぱり黒のシートポストであるべきだ。
    そうだ、決して無駄なチョイスではない。
    おそらく50gくらいは軽くなってるし(未計測)。


    いや、悪くないと思うんですよ、黒のシートポスト。狙いは間違ってない。
    でもね、なんか自転車全身が黒っぽくなってしまって、スチールロードっぽさが損なわれ気味な気も、しないでもない。
    なんか、ヤンキー上がりの走り屋仕様の日産シルビアみたいな。


    自転車趣味ってのは、なんとも悩ましい。
    趣味とスポーツの間を、ずーっとふらふらしてる感じだ。

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。