softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    浮島へ(1号)

    先日走ったルートをルートラボで眺めていて、ふと「浮島町」という人工島にある町を見つけた。


    大きな地図で見る

    「町」といっても、行政区分上の市町村としてコミュニティに名づけられた「町」ではなく、唯の「住所」としての町。
    そこに何があるわけじゃないんだけど、~町という住所を 特徴的な区画で 見つけてしまうと、なんか気になって仕方がない。

    ウィキペディアで調べてみたところ、まぁ特に変哲もない埋立地で、元々「丸ごとコンビナート」みたいな感じで造成された人工島らしい。
    一般人が立ち入って良いのかどうかもわからない雰囲気だけど、島の外れに「浮島町公園」なんてものがある。
    「かわさきエコ暮らし未来館」なんて建物もある。
    なんだ、一般人もいけるのか。

    もう少し調べたら、公園は飛行機が良く見えたり、工場夜景のメッカだったりもするらしい。
    よし、ちょっと行ってみるか。 

    R1172965.jpg
    休日の夕方から夜にかけての時間。

    撮影技術が追いつかないのが、誠に残念。
    でも確かに、ちょっとSFチックな景色がそこかしこに。

    確かにコソさんに指摘されたとおり、東京(ここは多摩川を挟んだ隣県、川崎だけど)って迷宮かも。
    ちょっと外れただけで、いろんな姿が映し出される。


    でも今回はいきなり夕暮れ後に行ってしまったので、暗闇とプラントと北風が支配する機械の島を十分に堪能はできなかった。
    これは日のある時間に一度来て、土地勘(?)を少し養わないと楽しめないなぁ・・・

    よし、また来よう。


    走行距離:約50キロ

    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    葛西臨海公園、そして二つのタワー 後編(1号)

    前編はこちら


    起点となる葛西臨海公園から、江戸川CRへ入ります。 

    R1172914.jpg
    雰囲気はちょっと荒川CRに似てる。あちらの方がもっと広いが。
    河口付近の道路は砂がざらざらしててちょっと怖かったけど、しばらく走っているとそんなことも無くなった。 

    R1172923.jpg
    道は広いと思ったら狭くなったりと、結構姿を変えながら続いていく。
    江戸川区はこのサイクリングロードをジョギングやウォーキングなんかも含めたスポーツ振興施策の一環として整備しているようで、公衆トイレなんかも結構たくさん用意されている。
    そして河川敷にもグラウンドとか色々ある。

    でもそんなことより、川を遡るにつれて、少しずつ景色が懐かしさを纏いはじめる。
    町並みとか家屋の風情とかが、気のせいかもしれないけど少しずつ、昔住んでいたあたりの色に近くなってくる。

    R1172915.jpg
    いや気のせいですよね多分。
    でも信号も無く、それほど行き交う人もいないサイクリングロードを走っていると、だんだん川を遡っているんじゃなくて時間を遡っているような錯覚に襲われる。

    しまった、これは「江戸川CR制覇」の時に書くべきだった・・・まぁいいか。
    ちょっと走っただけでそう思っちまったんだから。

    そんなことを感じながら、気がついたら柴又付近。
    あと数キロで東京と千葉の県境。
    サイクリングロードを走り始めて約20キロの道のりはあっという間。

    心情的にも体力的にももっと先まで行きたいところでしたが、今日は夕方までに自走で帰る予定なので、ここから帰路へ。

    R1172935.jpg
    江戸川と荒川を結ぶ中川の脇には味も素っ気も無い、だがそれがいい遊歩道があって、ここをゆっくりと走る。
    この辺にくると東京スカイツリーがいやでも視界に入ってくる。
    いや、嫌じゃないんだが。

    で、走ってると段々、スカイツリーがでかくなってくるんだな。

    中川の次は少しだけ綾瀬川沿いを走る。
    川ってよりは水路に近いけど、このまっすぐさ、それはそれで良いような気がする。

    R1172939.jpg
    そうだ、この川の上流は見たことがある。
    草加のほうだ。
    全然雰囲気が違う・・・
     
    R1172943-001.jpg 

    その後、スカイツリーの脇を通って東京都を南西に向かって縦断。

    R1172947.jpg
    スカイツリーって、町工場が集まっているようなところにニョキっと生えてるんだよな。
    そうそう、この近所に自転車のドロヨケでおなじみの「本所工研」があるはず。 

    R1172949.jpg 
    そして、最後は東京タワー、でした。
    ということで、今回のタイトルにやっとつながるわけです。
    この二つのタワー、いっぺんに見ると確かに「新・旧」って感じがする。

    今はまだ非現実感に溢れた佇まいのスカイツリーも、いつか東京タワーのような時代感を醸しだす日がくるんだろうか。


    走行距離:85キロ

    うむ、今度はやはり江戸川をもっと走らねば。

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    葛西臨海公園、そして二つのタワー 前編(1号)

    いやぁ、1月14日(成人の日)、東京の大雪はすごかった。
    なんでも10年に一度クラス、とか。

    そういえば確かに10年位前、まだ千葉県に住んでいた頃に一度大雪があったっけ。
    前日から友達が泊りがけで遊びに来ていて、関東とは思えない雪道の中を車で送っていった。
    当時は2号が実家から持ってきた嫁入り道具(?)、スターレットにはスタッドレスタイヤが装備されていたので、雪道もなんのそのだった。

    そう、千葉に住んでいた頃、手に入れたばかりのクロスバイク・CrossRiderで2号と一緒に「江戸川半分制覇」にチャレンジしたんだった。
    そして2号は3年前、葛西臨海公園からの江戸川完全制覇を達成。
    http://softtail.blog103.fc2.com/blog-entry-360.html

    そして、2号はことあるごとにあんたも行ってきなさい、行けばわかるさ郷愁ってやつを・・・なんて煙草を燻らせるポーズをきめながら語っている。


    確かに江戸川流域は第二の故郷なんだよな。
    もう一度走りたいなとずーっと思っていたのだが、どうせやるのなら2号と同じことやってもつまらない。
    彼女が河口の葛西臨海公園まで輪行したのなら、こちらはやはり自走で行くべきだろう。
    とはいってもオール自走で江戸川起点(利根川と分かれるところ)まで行って帰ってくるとトータル200キロ越え。
    同じ道を行って帰ってくれば、間違いなく復路は飽きる。それは激しく苦痛だろう。
    なので、片道100キロを自走して、自転車はサイクリングヤマト便で送り返す。

    よし、今度やってみよう。。。って今回走るんじゃないのかいっ!
    いやまぁ、なかなかそうまとまった時間も取れないんです最近。

    じゃ、せめてスタート地点の「葛西臨海公園」まで行ってこよう。
    で、行って帰って合計100キロくらいの行程なら何とか時間も作れそう。
    そんなわけで、大雪に見舞われる前日、昼前からスタートしました。

    ルートはこんなかんじ。


    葛西臨海公園までのルートは、もう少し工夫の余地ありだ。

    R1172905.jpg
    そして到着。
    でかい観覧車が目印。 

    R1172910-001.jpg
    そして公園自体、かなり広い。
    かなり大勢の人が訪れているようだけど、全然人口密度は高くない。
    ではなぜ大勢の人が、と思ったのか。
    それはですな、売店や食堂、隣接してるマクドナルドや日高屋が激混みだったんです。
    マクドナルドなんて、20分くらいまたされそうな雰囲気だったので早々に退散。
    仕方なしに近くにあったコンビニに行くも、弁当・おにぎり系はもう数えるほどしか品物が残っていない。
    まぁ、やむなしか。
     
    R1172913.jpg 
    そしてこの公園は荒川と江戸川の河口に位置していて、特に江戸川サイクリングロードはこの公園から始まる。

    今回はあくまで葛西臨海公園までの下見だったのでここから江戸川への旅をはじめるつもりはないのだけど、少し走ってみよう。


    ・・・という話を続けたいのですが、前置きが長すぎたのでとりあえず今回はここまで。

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    いろんな走り初め

    あけましておめでとうございます。
    今年もなにとぞ。


    正月はいつも通り、1号2号の実家・北海道に帰省してました。
    冬に帰ると、スパイクタイヤを履いたSeek R3が待っています。

     
    幸い天候に恵まれたので、なかなか楽しく走ることができました。
    コレが日常になるとなかなか辛いんだろうけど、やっぱり自転車+スパイクの組み合わせは良い。
    氷点下で雪に覆われた世界を、寒冷地仕様の格好で踏みしめる。
    この瞬間は、なんつーか「自然を守ろう」とかいうのが綺麗事にしか聞こえなくなる。
    まず守るべきはこっちの命だろう。

    いやまぁそれとこれは話が別なんだけどさ。


    R1172822.jpg 

    数日間で合計20キロ弱程度だけど、良い走り初めだった。


    で、諸々の都合上、1号一人だけ先に帰宅。
    日曜日にこちらでの走り初め。
    久しぶりに深大寺へ。
    まっすぐに往復してもつまらないので、多摩川とか絡めて走行距離は約65キロ。

    R1172859.jpg 
    結局いつも通りの松葉茶屋に行ってしまうのだけど、うん、旨かった。

    あ、そういえば新年だってのに甘酒飲んでない。
    とおもったらメニューにあったので追加注文。
    400円也。ちと高いな。
    R1172862.jpg 
    いや、でも旨かった。
    400円も納得。


    やっぱり、なんか美味しいものを御褒美として用意していると、当たり前だけど満足感が倍増する。
    月並みだけど今年は、単に距離とかスピードとか高度とかだけじゃなくて、景色でも食べ物でもなんでもいいんだけど「ゴールに向かう旅」ってものを意識してみよう。


    そんなわけで、改めまして今年もよろしくお願いいたします。



    おまけ:
    帰省途中、羽田空港に向かうリムジンバスが突然トンネルの中で立ち往生。
    前方で乗用車が炎上したらしい。
    走ってきた警察官らしき人(多分白バイの人かなぁ)がバスの運転手に消火器借りに来たんだけど、運転手が消火器渡しながら「全部使っちゃっていいですから」って言ってた。

    途中で止められるんか、消火器(笑)

    で、40分くらい足止めを食らいながらもなんとかバスは動き出したんだが、その炎上した乗用車がかなりすごいことになってた。

    ブレブレだし何が何やらな写真だけど、一応個人的な記録として。
    でも見たくない人もいるだろうから、追記部分に写真を載せておきます。

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。